inner space lab

横須賀インディーズレーベル inner space lab 代表 上田の書くブログ。

inner space lab

横須賀インディーズレーベル inner space lab 代表 上田の書くブログ。

    マガジン

    • 落下羊日和

      オルタナティブロックバンド、Fallsheepsの制作裏側ブログ。

    • エトセノオンガク

      4ピースロックバンド、etc.(エトセトラ)の制作裏側ブログ。

    ストア

    • 商品の画像

      ■サウナ道部 フェイスタオル

      inner space lab 公式部活 サウナ道部 フェイスタオル サイズ 34cm × 86cm 素材 綿100% これを持ってサウナに行こう
      1,000円
      inner space lab
    • 商品の画像

      ◼︎Fallsheeps "落下羊 Tee"

      Fallsheeps "落下羊 Tee" モデル(Fallsheeps) 川口淳太 168cm XL着用 Itsuki Kun 170cm L着用 よしか 155cm M着用 色:オートミール ボディ:United Athle 5.6oz Photo コムラマイ
      3,000円
      inner space lab
    • 商品の画像

      ◼︎Fallsheeps "Aid"

      Fallsheeps “Aid” ¥1,500 [without-tax] 1:秒針 2:Super Imagination 3:Uncertain 4:平日スタイル 5:空音を鳴らして 6:メノウ - Horizon ver. - ISL-014
      1,500円
      inner space lab
    • 商品の画像

      ■サウナ道部 フェイスタオル

      inner space lab 公式部活 サウナ道部 フェイスタオル サイズ 34cm × 86cm 素材 綿100% これを持ってサウナに行こう
      1,000円
      inner space lab
    • 商品の画像

      ◼︎Fallsheeps "落下羊 Tee"

      Fallsheeps "落下羊 Tee" モデル(Fallsheeps) 川口淳太 168cm XL着用 Itsuki Kun 170cm L着用 よしか 155cm M着用 色:オートミール ボディ:United Athle 5.6oz Photo コムラマイ
      3,000円
      inner space lab
    • 商品の画像

      ◼︎Fallsheeps "Aid"

      Fallsheeps “Aid” ¥1,500 [without-tax] 1:秒針 2:Super Imagination 3:Uncertain 4:平日スタイル 5:空音を鳴らして 6:メノウ - Horizon ver. - ISL-014
      1,500円
      inner space lab
    • もっとみる

    最近の記事

    研究日誌 #8

    だいぶ放置していたこのブログ。先日、inner space labよりcomebacksのニューシングル "NOISE"をリリースしたので、そのことについて忘れないうちに残しておこうと思ったので書き殴りを。今後はもうちょっと頑張ります… 6/24に配信リリースした comebacks 1st シングル"NOISE"。comebacksに名義を変えて、初めてのシングル。前作の1st E.P. "HOW TO START"からかけ離れたゴリッゴリのハードコアサウンドで、おいおい

    スキ
    1
      • 研究日誌 #7

        2021年10月4日。Fallsheepsレコーディング at かぼちゃ屋。この日は1曲だけなので、1日で楽器からボーカル・コーラス録りまで終えた。ドラムテックの高浦に最高のチューニングを施していただこうと思ったが、この日はまさかの本人のドラムセット出動。めちゃくちゃ良い音で最高だった。ドラムのカラー見た目は本人曰く「フグ」とのこと。そして彼の熱い要望によってお昼は横須賀のソウルフード、とまと のり唐弁当。メンバーも終始リラックスした状態で順調に録り終える。 この日でアルバ

        スキ
        1
        • 研究日誌 #6

          出かける予定がなくなったので、急遽1日オフになった。何も予定がない土曜日が久しぶりすぎて何をしようか迷ったけど、結局何もしないということが一番贅沢と思いつつも、布団からむくりと起き上がり、洗面・歯磨きを終えるといつものようにLogicを立ち上げてオーディオインターフェースの電源を入れる。 抱えている案件のミックス・マスタリングのブラッシュをして、聴き込む。前回満足がいかなかったポイントがクリア出来たので、ようやく気持ちよく聴けるレベルまで仕上げられた。「コンプのゲインリダク

          スキ
          1
          • 研究日誌 #5

            ほぼ放置気味にしていたこのブログ。忙しかったりアウトプットがだるくなったりしたけど、一番の原因はログインのメールアドレスが分からなくなり「ま、そのうち何とかなるっしょ」マインドを突き通した結果である。自分の文章が好きだと言ってくれる人が少しでもいるなら、少しずつ更新してみようと思う次第。 最近のこと。inner space lab、レーベルとしての活動は淡々としているが、Fallsheepsのアルバムを制作中。DIY活動ならでというか、ゆっくりとレコーディングをしている。現

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 落下羊日和

            • 10本

            オルタナティブロックバンド、Fallsheepsの制作裏側ブログ。

          • エトセノオンガク

            • 5本

            4ピースロックバンド、etc.(エトセトラ)の制作裏側ブログ。

          • 落下羊日和

            • 10本

            オルタナティブロックバンド、Fallsheepsの制作裏側ブログ。

          • エトセノオンガク

            • 5本

            4ピースロックバンド、etc.(エトセトラ)の制作裏側ブログ。

          記事

          記事をすべて見る
            • 研究日誌 4

              「私はですねー、バンドっていう形はいずれメンバーのいざこざが起きて解散したりなんだりが面倒くさいんで、自分1人だけでやっていこう思うんですよね」 2年ぐらい前に出会ったコーグチレイヤという高校生が己の音楽論・バンド論を話してた時に「何言ってんこいつ...?」と思わなくなかったのは、当時レイヤが作った曲を聴いたこともなかったし、何も発信してなかったくせに「口だけ野郎」みたいなやつで、ファックユーアティテュードを感じざるを得ない部分があった。少なからずあった。 しかし、本当に

              スキ
              2
              • 研究日誌 3

                リリース前というは、なかなか忙しくなるもので、音源・ジャケ・MVなどのクリエイションが完パケしてから、プレスリリース用の文章を書いたり、告知の準備、関係者に音源の送付&挨拶、YoutubeやサブスクのURLまとめたりなど、あれもやらなきゃ&これもやらなきゃ、がまるで文化祭の2日前のような「思いついたらやるスタイル」で遂行される。ガムテープの買い出しのように。 大したプロモーションもしない横須賀の小さなレコード会社でも、諸々の事務作業をしてると、あっという間に時間が過ぎてしま

                スキ
                3
                • 研究日誌 2

                  少し汗ばむ気候になるとアイスコーヒーが美味しくなる。毎日コーヒーを飲む生活をしているので、日々コーヒー道の修行に精を出しているが、アイスコーヒーというのはなかなか難しい。そういえば藤岡弘は自身が淹れたコーヒーに向かって「美味しくなってください.... 美味しくなってください... ありがとう... ありがとう...」と呪文を唱えていたが、あれは一種のプラシーボ効果なのだろうか。 アイスコーヒー(昭和世代でいう冷コー)と、いつも淹れてるホットコーヒーと何が違うのか。セレクトす

                  • 研究日誌 1

                    暑いんだか、寒いんだが、よく分からない季節の変わり目というのは厄介なもので、昼間ロンT1枚で過ごせるかと思ったら、出先から帰る際には上着がマストになる肌寒さ。時折山から降りてくるヒヤッとした風と空気に、数年前フジロックのホワイトステージで観たTortoiseのTen-Day Intervalで感動したのを思い出した。 帰宅してからはフェス関連のやるだの、やらないだのという情報を追っているうちに、なぜか神奈川県広報のアカウントに行き着き、そこから発信された内容「GWはがまんの

                    スキ
                    2
                    • 落下羊日和 10

                      Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.8 Gt / Vo 川口淳太 (上田)6曲のインタビューが終わると思いきや、今回収録されなかった「Lag」について聞いてみます。今後Lagはどうしていきたいですか? (淳太)当時パッケージしてればよかったんですけど、今は気持ちが変わってるので、歌詞を書き直してかなぁ...というかんじです。 いつきとよしかにインタビューしたときはLagやりたいって言ってたよ。 当時の青さ全開で

                      スキ
                      1
                      • 落下羊日和 9

                        Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.7 Gt / Vo 川口淳太 (上田)3曲目、平日スタイル。Aidだけでなくて、最近作ってる曲含めてFallsheeps全体として、良い意味で異質じゃん?これはどういうマインドでやっちゃったの? (淳太)いやー、なんか分からないですね。もはや覚えてないです 笑 あのイントロの爆裂感、カウントしてから全員がボキボキにでかい音出すってかっこいいじゃないですか。そういうのってやったこと

                        スキ
                        4
                        • 落下羊日和 8

                          Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.6 Gt / Vo 川口淳太 (上田)まずは1曲目、秒針ってCDのセルフライナーノーツにも載っているように「両親が寸分の狂いもなく一緒にいてくれたおかげで今の自分が存在している」という思いが込められてる曲だけど、リリースして1年近くたった今、この曲に対する捉え方の変化とかある? (淳太)他の曲は変わってきたかもしれませんが、秒針だけは変わってないと思います。この1年で、人と関わる

                          スキ
                          2
                          • 落下羊日和 7

                            Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.5 Ba / Cho よしか (上田)「空音を鳴らして」はどうかな? (よしか)空音ってライブでやるとみんな盛り上がってくれる曲ですよね。作った当初はみんなが「イェーイ」ってなると思ってなくて、曲が成長したなって思います。やってるほうは元から「イェーイ」ってかんじですが。この曲は演奏してると「強気」になりますよね(笑)。「オラァ!」って気持ちになります。私の表情には出ないと思いま

                            スキ
                            1
                            • 落下羊日和 6

                              Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.3 Ba / Cho よしか (上田)2019年の3月にドラムを録って、7月頃にはもうベースは録り終わってたんだっけ? (よしか)たしかアプローチスタジオ(久里浜)と淳太君の家で録ったと思うんですが、ササッと終わりすぎてあんまり覚えていないです(笑)。大変だった...とか特になくて...。 じゃあテイク数はそんなに多くなかったんだ。 一発OKとかありましたね。フレーズ自体そん

                              スキ
                              1
                              • 落下羊日和 5

                                Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.2 Dr / Cho Itsuki Kun (上田)「Uncertain」についてはどう? (Itsuki Kun)一番最初に淳太と一緒に作った曲で、Now,Nowっていうバンドの曲から影響を受けてます。淳太と2人で衣笠のバックビートっていうスタジオに行って、そこで基本のリズムパターンを作って、そのあとは淳太が打ち込みでアレンジを仕上げました。そのアレンジしたリズムパターンについ

                                スキ
                                1
                                • 落下羊日和 4

                                  Fallsheeps 1st Mini Album "Aid"を振り返るインタビュー Vol.1 Dr / Cho Itsuki Kun (上田)かぼちゃ屋でドラムを録音したのはいつだっけ? (Itsuki Kun)たしか2019年3月の下旬とかでしたね。まだ春休みで、前日に個人練でスタジオ入って、試行錯誤したのと、その時にBPM(曲のテンポ)を決めてメモって淳太に「これでいい?」って確認したのを覚えてます。で、当日は淳太が来てくれなくて... 家出るときに「淳太、行くよ

                                  スキ
                                  2
                                  • 落下羊日和 3

                                    2020年6月2日 Fallsheeps ギター・ボーカルの淳太から「自室(作業部屋)をインスタ映え空間にしてーす」という依頼のもと、インテリアコーディネイトを手伝うことになった。 空間をきれいに整えるのは得意だったりする。というのは、もともと自分はレーベルやレコーディングエンジニアの仕事を始める前、住宅のプランニングや水まわりの住宅設備を扱う仕事をしていた。様々な住宅のプランニングに携わる機会が多かったので、どこをどういうふうに整えれば、快適な空間になるか、というのは人

                                    スキ
                                    4