おたまじゃくし研究所

ハイラブル株式会社内に設立された研究所です。 ハーモニーのあるコミュニケーションを実現…

おたまじゃくし研究所

ハイラブル株式会社内に設立された研究所です。 ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するべく、コミュニケーションを定量的に研究しています。 ウェブサイト https://www.hylable.com/otama

マガジン

  • おたま研ラジオ

    YouTube の動画リストはこちら https://www.youtube.com/watch?v=hgNYdXAiQ4w&list=PLrm4WI9DnCPMj0UTmac53WAozwW4YQGkC&index=1 RSS はこちら https://anchor.fm/s/e55ef7dc/podcast/rss Spotify ポッドキャスト はこちらから https://open.spotify.com/show/1gU3X5vW3i2Ek1BcQjh49s

最近の記事

知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol4

自己紹介 ハイラブル株式会社でアルバイトをしている大学院修士1年の橋本です! 普段は人工知能を使った対話システムの開発を行っていますが、今回はおたまじゃくし研究所での会話分析を行います。大学時代は部活のブログを月1回くらいで書いていたので、少しは慣れていますが最近は論文ばっかりを読んだり書いたりなので文章が堅くなりすぎないように気を付けます! ビブリオバトル前回までの振り返り Vol1~2まではおたま研でのビブリオバトルの様子を紹介していました。多種多様なバックグラウン

    • おたま研ラジオ 第6回 2023年のベストバイは身近なもの?

      おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 今回のは2023年のベストバイです。 副音声実況からちょっと離れて、2023年に買ってよかったものを紹介することになりました。普段のおたま研ミーティングの雑談パートはいつもこんな感じで行っています。 ぜひ聞いてみてください!そして、高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします! このラジオを Hylable

      • おたま研ラジオ第5回 会議の副音声実況シリーズ 飲み会実況 [後編]

        おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 今回の会議の副音声実況は「飲み会」の後半です。 おたま研で2年前に行ったオンライン飲み会を実況します。後半では、飲み会が始まって1時間ぐらい過ぎ、いい感じに酔っ払ってきた様子を振り返ります。 ぜひ聞いてみてください!そして、高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします! このラジオを Hylable Ada

        • おたま研ラジオ第4回 会議の副音声実況シリーズ 飲み会実況 [前編]

          おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 今回の会議の副音声実況は「飲み会」です。 前半は、おたま研で2年前に行ったオンライン飲み会を実況します。自分たちの飲み会を実況する経験は楽しいものでした。 ぜひ聞いてみてください!そして、高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします! このラジオを Hylable Adapter で可視化した結果がこちらで

        知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol4

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • おたま研ラジオ
          おたまじゃくし研究所

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          優勝者のプレゼンの特徴は?第1回おたま研ビブリオバトル vol3

          自己紹介 ハイラブル株式会社でアルバイトをしている大学院修士1年の橋本です! 普段は人工知能を使った対話システムの開発を行っていますが、今回はおたまじゃくし研究所での会話分析を行います。大学時代は部活のブログを月1回くらいで書いていたので、少しは慣れていますが最近は論文ばっかりを読んだり書いたりなので文章が堅くなりすぎないように気を付けます! ビブリオバトル前回までの振り返り 前回まではおたま研でのビブリオバトルの様子を紹介していました。多種多様なバックグラウンドを持つ

          優勝者のプレゼンの特徴は?第1回おたま研ビブリオバトル vol3

          おたま研ラジオ第3回 会議の副音声実況シリーズ 初対面のワークショップ [後半]

          おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 今回は、「会議の副音声実況」の後半です。 後半でも様々な技が繰り出される会議でした。初対面で沈黙が続く会議というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。参加者としては大変ですが、このラジオのようにメタ認知すれば、打開できるとおもいますので、ぜひ聞いてみてください! そして、高評価とチャンネル登録もよろしくお

          おたま研ラジオ第3回 会議の副音声実況シリーズ 初対面のワークショップ [後半]

          おたま研ラジオ第2回 会議の副音声実況シリーズ 初対面のワークショップ [前半]

          おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 前回企画した「会議の副音声実況」をやってみました。 完全に台本なしとは思えない進行をしてくれた長尾研究員はMVPでした。さらに、急に技名を無茶振りされても動じない角研究員のファインプレーぶりも光りましたね。後半もお楽しみに! このラジオをハイラブルで可視化した結果はこちら。 長尾研究員がみんなのやり取りのハ

          おたま研ラジオ第2回 会議の副音声実況シリーズ 初対面のワークショップ [前半]

          おたま研ラジオ第1回 会議の振り返りって大事だね

          おたま研ラジオは、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために夜な夜な研究をおこなっているおたまじゃくし研究所のミーティングの様子を紹介するポッドキャストです。 このラジオをハイラブルで可視化した結果はこちら ChatGPT による自動解説機能で解説させた結果はこちらです。 まとめ第1回では、「会議の副音声実況」というアイデアが出ました。 感想や「こんなこと話してほしい」というお便りは、ハッシュタグ #おたま研ラジオ で呟いたり、お問い合わせページからお知らせく

          おたま研ラジオ第1回 会議の振り返りって大事だね

          知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol2

          おたまじゃくし研究所では、ハーモニーのあるコミュニケーションを実現するために、人間同士の話し合いデータを研究しています! note では、話し合いの研究成果や分析方法を公開しています。なお、話し合いの計測には、Zoom 録音データを分析する Hylable Adapter for Zoom を使いました。 ※ 普段、研究論文ばかり書いているので気を抜くと文章が堅くなりますが、頑張って柔らかくしています! スキやコメントなどお待ちしています! 自己紹介 6月からハイラブル株

          知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol2

          おたま研ラジオ、始めてみました。

          おたま研のミーティングを届けたい!おたまじゃくし研究所では、だいたい毎月ミーティングをして、色々な実験やディスカッションをしています。なので、実はおたま研の分析データとして公開しているよりもずっと大量のデータを持っています。 しかし、結構な労力がかかる分析が追いつかなくてどうしようと思っていたところ、実は「ディスカッションを切り抜いたら、労力をあんまりかけずにポッドキャストみたいに面白いコンテンツになるのでは?」という仮説が思い至りました。 おたま研ラジオ第0回ということ

          おたま研ラジオ、始めてみました。

          知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol1

          まずは自己紹介 読者の皆さま初めまして! 4月からハイラブル株式会社でアルバイトをしている大学院修士1年の橋本です!普段は人工知能を使った対話システムの開発を行っていますが、今回はおたまじゃくし研究所での会話分析を行います。 大学時代に部活のブログを月1回くらいで書いていたので、文章を書くことは少し慣れています!しかし、最近は論文ばっかりを読んだり書いたりなので、文章が堅くなりすぎないように気を付けます! ビブリオバトルをやってみようおたまじゃくし研究所では、コミュニケ

          知らない本を紹介しよう!第1回おたま研ビブリオバトル vol1

          体を動かす対面ワークショップの会話を見える化する方法

          はじめに:対面ワークショップではどんな会話が行われているの?対面で行うワークショップでは、グループに分かれて体を動かすアクティビティがたくさんあります。たとえば、ホワイトボードにみんなで書き込んだり、模造紙に付箋を貼ったり、マシュマロ・チャレンジのようなチームビルディングのゲームもあります。体を動かしながら一緒に取り組むことで、チームの相互理解が進んで絆が深まりますね。 ただ、こういった場面では色んな場所で会話が起こるので、全体を見渡すのは大変です。運営者にとってはサポート

          体を動かす対面ワークショップの会話を見える化する方法

          おたまじゃくし研究所の2周年記念イベント「おたま研フェス」を開催しました!

          前回の記事でお知らせした、おたまじゃくし研究所の2周年記念イベント「おたま研フェス」が 2022年9月1日に無事開催されました! 今回はその様子についてお知らせします。 前半:活動を振り返る座談会前半は、これまでの活動を研究員達が振り返る座談会を行いました。 今年は色々なゲームを作って遊んできたので、その結果について振り返りを行いました。 振り返ったゲームはこちらの5つです。特にポカンゲームは既に記事や動画(リンク1、リンク2)にもなっていていることもあり、盛り上がりまし

          おたまじゃくし研究所の2周年記念イベント「おたま研フェス」を開催しました!

          おたまじゃくし研究所の2周年記念イベント「おたま研フェス」の参加者募集!

          コミュニケーションを研究するおたまじゃくし研究所が2周年を迎えます。おたまじゃくし研究所(おたま研)では、ハーモニーのあるコミュニケーションの実現を目指しています。チームビルディングやファシリテーション、データ分析などに知見をもつ研究員が集まり、毎月のミーティングで様々な議論や実験を行っています。 おたま研の運営母体は、ハイラブル株式会社です。ハイラブルでは、「誰がどれぐらい話したか?」「誰と誰のやり取りが多いか?」といった、会話のやり取りや量をリアルタイムで見える化するオ

          おたまじゃくし研究所の2周年記念イベント「おたま研フェス」の参加者募集!

          コミュニケーションゲーム:ポカンゲームのプレイ記録 後編

          ポカンゲームとはポカンゲームとは、自分のコミュニティでは常識だが、他の人達はポカンとする一文を出題し、その内容を推測し合うゲームです。ルールはこちら どんな話をしていたか、のぞいてみよう以前、おたま研で行ったポカンゲームのデータをもとに、ディスカッションの分析を行いました。 そして、前回はこのポカンゲームで実際にでたお題や話し合いを、長尾研究員、角研究員、水本所長の3名のターンについて紹介しました。 今回はその後編です。井上研究員・仲山研究員・柳楽研究員が出したお題と、

          コミュニケーションゲーム:ポカンゲームのプレイ記録 後編

          コミュニケーションゲーム:ポカンゲームのプレイ記録 前編

          ポカンゲームとはポカンゲームとは、自分のコミュニティでは常識だが、他の人達はポカンとする一文を出題し、その内容を推測し合うゲームです。ルールはこちら どんな話をしていたか、のぞいてみよう前回の記事では、ポカンゲームを行った結果、ディスカッションがどうなったのか?といったデータ分析や、ルールのどの部分がそれに効果を発揮したのか?という考察を行いました。 この記事では、より詳細に実験結果を調べていきます。 ターンごとに、  ・研究員はどんなお題を出したのか?  ・そのお題では

          コミュニケーションゲーム:ポカンゲームのプレイ記録 前編