見出し画像

カレーの調べ(長野食べ歩き②)家庭の味を超えた食堂の味

またカレーが食べたい症候群を発症してしまい長野県庁のオフィス街周辺の食堂へ

お店の名前は「スワロウ食堂」

今後お店の外観は紹介するとして、

とてもちっちゃいお店。

カウンター席が八席だけしかなく、

週替わりのランチを求めて月曜日は大賑わい


オーダーしたのは週替わりランチの「バターチキンカレー」

画像1

スープはコンソメのようだった。そこに大根人参と溶き卵が入っていた。

さて、肝心のカレーのお味はというと

「家庭料理の食堂が作るカレーちゃうやろ」

素直に思った。市販のルウの味ではないと思うし、しっかり香辛料が効いていた。

そしてカレーの上に所々チーズや一味がかかっているのもまたシャレオツだ。

混ぜることなくスプーンで下から救ってやると、カレーの味が様々に変化する。バターとチキンの脂のコクに加わり、より複雑になる。

また鶏肉の胸肉?(おそらく)は表面の脂身がコラーゲンのようでトロトロ...

噛むたびジワジワ広がる。


こんなカレーを自宅で作れたらいいなと思いつつ、後ろで席が空くのを待つサラリーマン横目に30かけて美味しくいただきました。

観光ではなかなか行かないような立地と建物だけど、味は「母が作るカレーのこだわりぬいた数段上のもの。」

これで700円なのでとてもびっくり。

是非食べてほしい

その他のカレーランチ





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金は、主に2つの僕の計画するプロジェクトの費用に使われます。 ・全国の自然農法を扱う農家やレストランを巡り生産者の声を皆さんに届けます ・ブログ記事に関連した書籍を購入し、多くの人が知らない知識を届けます 大学生一人では実現は大変なので皆さんの協力の下頑張ります

あなたに役立つ情報が届けられてうれしいです
8
やりたいことはたくさんあります。食を通した持続可能性や新しいビジネスの可能性。他にも自然栽培農家やレストランを巡り、そこで出会えた人との声を発信していきたいです。食と日々の大学で学ぶビジネス論、読書、日常全てと結びつけより良いものを作ることを目指します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。