HOPPIN' GARAGE(ホッピンガレージ)

HOPPIN' GARAGEは、お客様との共創によるビールづくりを展開するサッポロビールの新しいブランドです。魅力的な人々の人生ストーリーをもとに多様性あふれるビールを生み出し、そのストーリーを味わいながら飲むという、これまでにないビールの楽しみ方をお届けします。

HOPPIN' GARAGE(ホッピンガレージ)

HOPPIN' GARAGEは、お客様との共創によるビールづくりを展開するサッポロビールの新しいブランドです。魅力的な人々の人生ストーリーをもとに多様性あふれるビールを生み出し、そのストーリーを味わいながら飲むという、これまでにないビールの楽しみ方をお届けします。

    マガジン

    • 新作ビールのご紹介

      これまでにHOPPIN' GARAGEブランドで商品として発売したビールをご紹介するマガジンです。商品に込められたストーリーを知って飲むビールは格別です!

    • ビールになるかも!?ストーリー

      ビールになるかもしれない魅力的な人々の人生ストーリーを紹介するマガジンです。この中から次の商品が生まれます!

    • 協力ブリュワーさんのご紹介

      ラジオ番組の収録にご協力いただいたブリュワーさんをご紹介するマガジンです。ビールづくりへの想いやHOPPIN' GARAGEの「できたらいいな」の一つ「ビールの民主化」についてお伺いしています。ここから新しい展開が生まれるかも!?

    • ホッピンおじさんのガレージ

      note編集部など中の人が登場して、HOPPIN' GARAGEことを語ります。我々の想いをぜひ知ってください!

    • 試作品お披露目会レポート

    最近の記事

    固定された記事

    こんにちは、HOPPIN' GARAGEです。

    こんにちは!HOPPIN' GARAGE(ホッピンガレージ)のnote編集部です。 このたびHOPPIN' GARAGEが新たな展開を始めることになりましたので、この機会に改めて自己紹介させていただきます。 HOPPIN' GARAGEとはHOPPIN' GARAGEはサッポロビールが2018年10月から始めた取り組みで、「できたらいいな。を、つくろう」を合言葉に、これまでの発想に捉われない「新しいビールの楽しみ方」を生み出し、お届けすることを目指しています。 ▼サッポロビ

    スキ
    27
      • 生きている喜びを、心から実感できるビール。がん経験者の思いが込められた「Thanks & Cheers!」が完成!

        今回発売される「Thanks & Cheers!」は、がん経験者の思いを集めてつくられたビールです。 コンセプトは「生きている喜びを心から実感できるビール」。がんを経験したからこそ感じる苦しさや悲しみ、その先にある希望、幸せ、喜び──。人生にあるいろいろな思いを、ほろ苦さと爽やかな後味・香りで表現しています。 このビールは、カルビー株式会社やサッポロビール株式会社などさまざまな企業のがん経験者の有志が参加して、企業内のピアサポーター育成に取り組む「WorkCan’s」(ワ

        スキ
        20
        • クリームチーズと相性抜群なビール「クリチーとルービー」が完成! 森永乳業のチーズ研究開発者がビールを企画したそのワケ

          今回発売される「クリチーとルービー」は、森永乳業株式会社でチーズの研究開発に取り組む、川上真理さんの人生ストーリーがもとになって誕生しました。 普段は森永乳業でチーズの研究開発をしている川上さん。おうちで夫婦一緒にクリームチーズとお酒でよく乾杯するのだそう。「クリームチーズに合うビールがあれば、食卓がもっと楽しいものになるはず!」という川上さんの、チーズやビール、そして食卓への愛情がこのビールには込められています。 さらにこの企画は、森永乳業が所属している、食品メーカーを

          スキ
          21
          • トンガ王国の魅力を、今だからこそ伝えたい。おたがいを大切に思い合う乾杯ビール「トンガってる?」が完成!

            今回発売される「トンガってる?」は、学生時代に青年海外協力隊の活動で行ったトンガ王国でのできごとが忘れられないという、玉腰純(たまこし・じゅん)さんの人生ストーリーがもとになって誕生しました。 (※本商品は、通常のビールと同様に麦芽比率50%以上の商品ですが、原料の一部にココナッツなどを使用しているため、日本の酒税法上は発泡酒に区分されます。) トンガ王国の特産物であるココナッツを使用した、甘く優しくエキゾチックな味わいがあるこのビール。トンガ王国の雄大な自然の象徴である

            スキ
            65

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 新作ビールのご紹介

            • 15本

            これまでにHOPPIN' GARAGEブランドで商品として発売したビールをご紹介するマガジンです。商品に込められたストーリーを知って飲むビールは格別です!

          • ビールになるかも!?ストーリー

            • 27本

            ビールになるかもしれない魅力的な人々の人生ストーリーを紹介するマガジンです。この中から次の商品が生まれます!

          • 協力ブリュワーさんのご紹介

            • 7本

            ラジオ番組の収録にご協力いただいたブリュワーさんをご紹介するマガジンです。ビールづくりへの想いやHOPPIN' GARAGEの「できたらいいな」の一つ「ビールの民主化」についてお伺いしています。ここから新しい展開が生まれるかも!?

          • ホッピンおじさんのガレージ

            • 6本

            note編集部など中の人が登場して、HOPPIN' GARAGEことを語ります。我々の想いをぜひ知ってください!

          • 試作品お披露目会レポート

            • 19本
          • 新作ビールのご紹介

            • 15本

            これまでにHOPPIN' GARAGEブランドで商品として発売したビールをご紹介するマガジンです。商品に込められたストーリーを知って飲むビールは格別です!

          • ビールになるかも!?ストーリー

            • 27本

            ビールになるかもしれない魅力的な人々の人生ストーリーを紹介するマガジンです。この中から次の商品が生まれます!

          • 協力ブリュワーさんのご紹介

            • 7本

            ラジオ番組の収録にご協力いただいたブリュワーさんをご紹介するマガジンです。ビールづくりへの想いやHOPPIN' GARAGEの「できたらいいな」の一つ「ビールの民主化」についてお伺いしています。ここから新しい展開が生まれるかも!?

          • ホッピンおじさんのガレージ

            • 6本

            note編集部など中の人が登場して、HOPPIN' GARAGEことを語ります。我々の想いをぜひ知ってください!

          • 試作品お披露目会レポート

            • 19本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 昨年即完売した「大人のチョコミント」が復刻発売! 企画者の“ビールおねえさん”に魅力を聞いた

              今回発売されるのは、ちょうど1年前の2021年2月に発売された「大人のチョコミント」。365日ビールを愛でるタレントの古賀麻里沙(こが・ありさ)さんが発案したビールです。 (※本商品は、通常のビールと同様に麦芽比率50%以上の商品ですが、原料の一部にペパーミントなどを使用しているため、日本の酒税法上は発泡酒に区分されます) 発売開始後、数日で完売となった「大人のチョコミント」は「もっと飲みたい!」という熱い声をうけ、この度復刻発売が決まりました。 「まだ飲んでいない!」

              スキ
              44
              • ポルトガルの思い出がギュッと詰まったビールが完成! 「世界の食文化」が大好きな旅する会社員が込めた思いとは

                今回発売されるビールは、世界の食文化に触れる旅が大好きな東京都在住の会社員、スエヒロさんが企画した「リスボンの坂道」。 ポルトガルの首都・リスボンへ行ったときの体験をもとにつくられたビールは、スエヒロさんが現地で感じた“旅気分”が味わえます。 (※本商品は、通常のビールと同様に麦芽比率50%以上の商品ですが、原料の一部にチェリーなどを使用しているため、日本の酒税法上は発泡酒に区分されます) 現地で親しまれている、さくらんぼリキュール「ジンジャ」(Ginja)(※)をヒン

                スキ
                24
                • 原料は「い草」。熊本出身の同級生タッグが生んだ、“たたみかける苦味!?”を味わうビールが完成!

                  今回発売される商品は熊本県出身でビールが大好きなおふたり、中島元成(なかしま・もとなり)さんと、河北一也(かわきた・かずや)さんの人生ストーリーをもとに誕生しました。HOPPIN’ GARAGEで、初のタッグ企画です! (※本商品は、通常のビールと同様に麦芽比率50%以上の商品ですが、原料の一部にいぐさ粉末などを使用しているため、日本の酒税法上は発泡酒に区分されます) え、「IGUSA」って、畳の原料として使用されるあの「い草」……? 一体どんなビールなのでしょうか。

                  スキ
                  136
                  • サッカー少年が『クール・ランニング』をきっかけに「全国を旅する映画館」館長に。映画を愛する男がつくりたい「飲みやすいコク深ビール」とは【HOPPIN’ GARAGE キノ・イグルー 有坂塁さん】

                    ビジネスパーソンや常連と思われる親子連れ、講義終わりの学生。ひっきりなしに客が訪れるここはJR田町駅から徒歩5分のところにあるコーヒー専門店「PASSAGE COFFEE」(パッセージコーヒー)。ここで待ち合わせしているのが、今回の取材相手・有坂塁さんです。 「自分と向き合える環境を日常に増やしたい。他人同士違って当たり前なのに、人と違う自分を出してはいけない空気がこの社会にはあるんじゃないかな」 有坂さんは中学時代の同級生とともに、全国を旅する移動映画館「キノ・イグルー

                    スキ
                    18
                    • “自分を労う”から“人に贈りたい”になった。再販が決定した「おつかれ山ビール」を今の時代にこそ飲むべき理由

                      今回発売されるビールは、登山アプリ「YAMAP」を手掛ける株式会社ヤマップの専属ガイド・前田央輝(まえだ・ひろあき)さんの人生ストーリーを元にした「おつかれ山ビール」です。 2020年6月、「おつかれ山ビール」はHOPPIN' GARAGEで5つ目の商品として発売後、製造した1600ケースがわずか10日で完売した人気商品。すぐに800ケースを追加販売したものの、こちらも完売となりました。 「おつかれ山ビール」についてよくわかる、昨年発売時の記事はこちら。 これまでさまざ

                      スキ
                      17
                      • 遊び心を忘れない。半径5キロ圏内に愛されるビールづくりを【HOPPIN’ GARAGE ブリュワー紹介 Beer++ 山腰洋一郎さん】

                        東京都北区にある十条駅。南口を出て踏切を渡ってすぐに、ログハウス風のお店「Beer++ 」(ビアプラスプラス)があります。Beer++は、お店でビールを製造しているブリュワリーで、2014年12月にオープンしました。 提供するビールは、カレーやキウイ、夏みかん、金柑など、ビールからは連想しづらいような食材を使っているのが特徴です。 醸造長である山腰洋一郎さんは、IT業界で15年勤務する会社員だったそうです。 なぜビールの原料としては珍しい食材を使おうと思ったのか。そして

                        スキ
                        30
                        • 30年描き続けた夢が詰まったお店。ロックなビールで人が集まる場所をつくりたい【HOPPIN’ GARAGE ブリュワー紹介 RIOT BEER 上地風吾さん】

                          小田急電鉄小田原線、祖師ヶ谷大蔵駅前の賑やかな通りを抜けた先に、RIOT BEER(ライオットビール)はあります。初めて訪れる方は「ここでビールもつくっているの!?」と驚くかもしれません。それもそのはず。お店は住宅街に突如現れるのです。外からもよく見えるカウンターメインのお店は、スタッフとお客さんの笑顔で溢れていました。 代表の上地風吾(うえち・ふうご)さんは、仲間と共に2018年4月にこのお店をオープンしました。「学生時代にアメリカ留学で出会ったクラフトビールを、日本でも

                          スキ
                          42
                          • 人生の酸いも甘いも知る人と飲む、「世界で一番『プハァ〜〜〜ッ!』が出るビール」をつくりたい【HOPPIN’ GARAGE キャンサー・ソリューションズ 桜井なおみさん】

                            がん患者が働きやすい社会の実現を目指している、キャンサー・ソリューションズ株式会社。日常生活での生きづらさや困りごとを減らすべく、患者と社会を繋ぐサポートをしています。 スタッフ12名は全員がん経験者。代表取締役社長の桜井なおみさんも、37歳で乳がんを発症。自身の大きな経験が「今の取り組みに繋がる人生のターニングポイントだった」と話します。 ガンの発症、手術、リハビリ、復職……怒涛の日々を過ごすなかで、働き方や人生そのものと向き合ったそうです。 桜井さんのこれまでの人生

                            スキ
                            10
                            • 忌野清志郎に憧れて鉄筋コンクリート造に。自力でビルを建てる男が「熟成中の未完ビール」をつくりたい理由【HOPPIN' GARAGE 建築家 岡啓輔さん】

                              サラリーマンの行き交うJR田町駅から10分ほど歩き、三田・聖坂をしばらく登ると、「蟻鱒鳶ル」(ありますとんびる)は突然現れます。 ゆるりとした生き物のイラストと、さりげなく書かれた「アリマストンビル現場」の文字。レンジ色のキャッチーな看板がぶら下がっていたのは、それとは不釣り合いに見えるほど重厚感のある、複雑に入り組んだ建物でした。 建設中の物件にも関わらず、まるで遥か昔からそこにあるかのような佇まいは、外壁のコンクリートをつたういくつもの錆が歴史を感じさせるからでしょう

                              スキ
                              173
                              • クラフトビールに決まりはない。その人の「つくりたい」を応援【HOPPIN’ GARAGE ブリュワー紹介 OGA BREWING 小笠原恵助さん】

                                都会と緑豊かな自然が調和する公園都市、三鷹。JR三鷹駅から徒歩15分ほど歩くと、住宅街の一角にOGA BREWING(オージーエーブルーイング)があります。 ブリュワリー&カフェとして誕生したOGA BREWINGでは自家醸造ビールの販売や、個人や企業からの委託醸造を請け負っています。 左から、主力商品「三鷹ペールエール」「三鷹ウィートエール」 「ビールの民主化」を掲げるHOPPIN’ GARAGEでは、全国でビールづくりに精を出すブリュワー・ブリュワリーをご紹介してい

                                スキ
                                22
                                • たんぽぽのビールってどんな味? 少女時代に読んだ小説をヒントに「夏をとじこめたお酒」が完成!

                                  今回新たに商品化されるビールのもととなった人生ストーリーの主人公は、色彩学講師のTAMAEさんです。会社員として働きながら、色彩にまつわる研究に取り組んでいます。 そんなTAMAEさんの人生ストーリーをもとに生み出されたビール、それが「Dandelion」(ダンデライオン)です! (※本商品は酒税法上の区分ではビールに該当しません。発泡酒の商品となります) ダンデライオンは日本語で「たんぽぽ」を意味します。え、たんぽぽのビール…? 一体どんな味? ということで、編集部は

                                  スキ
                                  28
                                  • 銀座のブリューパブが、小規模でもできるビールづくりのロールモデルに【HOPPIN’ GARAGE ブリュワー紹介 BREWIN’ BAR 主水-monde- 武蔵昌一さん】

                                    伝統と流行が入り混じる街、銀座で30年続いたオーセンティックバー「MONDE BAR」をリニューアルし、2015年12月にオープンしたのが「BREWIN’ BAR 主水-monde-」(以下、主水)です。地下へ続く階段を降り、お店に一歩入ると、薄暗さと落ち着いた洋楽によって都会の喧騒を忘れられる空間がが広がります。 店主の武蔵昌一(むさし・しょういち)さんは、学生時代からバーテンダーの仕事を始め、そのキャリアは40年以上になるベテラン。「どうでもいい話を一生懸命できる“バー

                                    スキ
                                    22