見出し画像

百物語28話目「市松人形のお祓い」(実話怪談)

思春期の時期、やけにストーリー性のある夢ばかり見ていた。これはそのうちのひとつ。

夢の中で、私は結婚して女の子と男の子を生んでいた。

そして、旦那は霊能者で、お祓いが生業だ。

その日、桐の箱に入れられた市松人形が送られてくる。

人形の上には祓ってください、というメモ書きだけ。

旦那は早速護摩壇を組んで、その人形の箱を一番上に起き、祝詞を唱えながら、火をつけた。

まるで棺を焼いているような光景。

長くかかるとわかっているので、私は子どもを連れて、お祭りに出かける。

しばらくして帰宅すると、護摩壇は燃え尽きていた。

が、旦那がひどく取り乱して告げる。

「まずい。あの人形が飛んでいった。火がついたまま」

真っ青になった旦那は続けた。

「逃げろ、神社の境内までの階段を一気に駆け上れ! そこは結界になっている」

私は子どもふたりを連れて、必死に石段を駆け上がる。

どうにか、境内へと辿りつき、子どもたちを抱きしめた。

「大丈夫、大丈夫。ここは平気だから」

しばらくすると、旦那も境内にやってくる。

「だめだった。あの人形は浴衣を着た女の子の上をついてまわって、嫌がる女の子に抱き着いた。それで、その子に火がうつって、もろともに燃え上がった」

祓いは失敗したのだ。

そして、終わっていない。

帰宅する途中、祭り囃子の中、着飾った浴衣の女の子が賑やかに通り過ぎていく。

そのうちのひとりの女の子の頭上には、あの人形が浮いていた。

さっき焼け死んだ女の子も一緒に――。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!3話まで公開中!PCでも読めるように戻ってました。

2話も更新!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。こちらもよろしく!(全話公開されています)

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしー!
7
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!100万再生超もあるよ!