見出し画像

キャラ付けに大切なブレない設定と形式

さて、以前ブログでマンガブログを運営して、そこそこの読者を集めていたことから、その頃の自分の実体験を語るシリーズ。

前回は、マンガにおけるキャラクターづくりについて語ってみました。

今回は、実際にどんな形式でネタを書いたのかを綴ります。


この続きをみるには

この続き: 932文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

商業出版に至った経緯、出版方法についての考察、読まれるメディア運営方法について。今後どんどん記事は増えて行きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

きっとあなたにいいことあります☆
27
著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

この記事が入っているマガジン

出版&メディアのつくり方
出版&メディアのつくり方
  • 10本
  • ¥500

商業出版に至った経緯、出版方法についての考察、読まれるメディア運営方法について。今後どんどん記事は増えて行きます。

コメント (2)
かわいいですね(^ ^)
久保尚人さま ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。