年下夫

家族との関係

30代後半つまです。歳の離れた、一回り年下の夫がいます。

少し久しぶりのnote、家族との関係について。

まず、今年の夏前に籍を入れてからは、離れた県で暮らしているということもあり、それぞれの家族に対面では会っておりません。

ちなみに結婚することに関しては、入籍の前の月にそれぞれの両親とはお話はしております。

年末年始に訪れるつもりで話が進んでいます。

自分のきょうだいや、甥姪っ子ともそ

もっとみる

読まれる仕組みを作る・その3

こんにちは。イラストレーター&漫画家の陽菜ひよ子です。

以前にアメーバブログがプチブレイクした経験をもとに
当時のことを振り返ろうというシリーズの5回目です。

前回、4回目は
読者に自分の書いたものを読んでもらうために
イベント的なモノを開催して
周りをどんどん巻き込んでしまおう★

しかも絶対読まないと参加できない
過酷なイベントを開催しちゃおう★というお話でした。

4回目はコチラ

前回

もっとみる
きっとあなたにいいことあります☆
31

夫は、未成年?かつ成年?であります。

30代後半妻です。夫は18才から、先日、誕生日を迎え、19才になりました。

現在のところ未成年でも婚姻できるものの、その場合は「親の同意」が必要だったりします。

まず、男は18歳、女は16歳にならないと、そもそも結婚(法律上は、婚姻といいます)することができません(民法731条。婚姻適齢)。

(婚姻適齢)
第七百三十一条  男は、十八歳に、女は、十六歳にならなければ、婚姻をすることができない

もっとみる

読まれる仕組みを作る・その2

こんにちは。イラストレーター&漫画家の陽菜ひよ子です。

以前にアメーバブログがプチブレイクした経験をもとに
当時のことを振り返ろうというシリーズの4回目です。

前回、3回目は
読者に自分の書いたものを読んでもらうために
イベント的なモノを開催して
周りをどんどん巻き込んでしまおう★というお話でした。

3回目はコチラ。

前回は、「読者登録500人記念イラストプレゼント企画」

読者登録(no

もっとみる
面白かったら、ぜひフォローもお願いします☆
29

夫との初めての出会い

30代後半妻です。夫は18才から、先日、誕生日を迎え、19才になりました。

今日は、夫との初めての出会いについてです。

自分は地方の地元に住んでいました。彼は都会に住んでいました。彼の知人が自分と地元が同じで、その方が地元でイベントをするということで一緒に車に乗ってついてきたのが、今の夫との出会いです。

出会った当時、夫は18才でした。

そう、つまり、比較的、付き合ってから、結婚するまであ

もっとみる

読まれる仕組みを作る・その1

こんにちは。イラストレーター&漫画家の陽菜ひよ子です。

以前にアメーバブログがプチブレイクした経験をもとに
当時のことを振り返ろうというシリーズの3回目です。

ところで、今、こうしてnoteをコツコツ更新していても
「なんだか、手ごたえや反応がないなー」
「本当にちゃんと読まれているのかなー」
と不安になることってありますよね。

そういうときは読者を巻き込んでしまう、というのもひとつの手です

もっとみる
ありがとうございます♡
44

夫の両親、妻の両親の年代のこと

先日、24歳年下の女性と結婚した、あるジャニーズグループのリーダーが話題になりました。

会見で、相手の親の年齢をきかれて、"一番きかれたくないことだった"、とようなことを言っていました。

さて、初めてのnoteに書いた通り、

自分は30代後半の妻で、夫は18才です。

さて、夫のご両親はというと、、

夫の両親は、50代半ばから60才くらいです。

これは自分的にはまだよかったです。一応、そ

もっとみる

ある妻と夫の話

はじめましてのnoteです。つまです。

ある妻と夫の話、とのことですが、自分たちのことです。

自分は30代後半。妻になって数ヶ月。

なかなか結婚したことすら、周りに話せないでいたりしました。

きかれて、こたえにくい質問があります。

「へー、どんな人?仕事なにしてるの?何歳なの?」

普通の何気ない質問です。

ただ、自分の夫が18歳なのです。

自分でもびっくりです。

最近少しずつ、結

もっとみる

キャラ付けに大切なブレない設定と形式

さて、以前ブログでマンガブログを運営して、そこそこの読者を集めていたことから、その頃の自分の実体験を語るシリーズ。

前回は、マンガにおけるキャラクターづくりについて語ってみました。

今回は、実際にどんな形式でネタを書いたのかを綴ります。

わかりやすく描きやすい「イラスト(図解) + ネタ + 解説」

当時のブログはこんな感じでした。懐かしい~

「ひよこだがね」のスタートは、「名古屋コーチ

もっとみる
ありがとうございます♡
29

私が夫の両親だったら、自分の息子を私とは結婚させたくない、と泣いた日

noteは何気ない顔で更新していたが、実は、7/17(水)~7/20(土)まで、オット実家の函館に帰省していた。オットの父方の伯父の葬儀のためだ。丸二日は通夜と告別式で潰れたけれど、久しぶりに婚家で過ごして、改めて家族について考えていた。

ちょうど「万引き家族」がテレビで放送されて、きっと日本中で「家族って何だろう」という問いが交わされたり、思案されたりしているのではなかろうか。

38歳バツイ

もっとみる
ありがとうございます♡
43