Hihatovこどもえん

宮沢賢治の理想郷Ihatovと地名の頭文字Hの造語。ローカルでの原体験が心の根源となり、想像力の根本になる事を目指して! 自由保育を柱として、モンテッソーリ ー・シュタイナー 等を取り入れたカリキュラム等。。 http://kei-kodomoen.com/hihatov/

Hihatovこどもえん

宮沢賢治の理想郷Ihatovと地名の頭文字Hの造語。ローカルでの原体験が心の根源となり、想像力の根本になる事を目指して! 自由保育を柱として、モンテッソーリ ー・シュタイナー 等を取り入れたカリキュラム等。。 http://kei-kodomoen.com/hihatov/

    最近の記事

    カンカク節分 準備編

    明けましておめでとうございます。 本日は旧正月 非常事態宣言など不穏なの足音が迫りナーバスな社会情勢ですが、以前はインフルエンザや風邪として病気が多い時期ですし、科学がないもっと昔からこの時期は病気に悩まされてきました。 . 節分に行う豆まきは、病気や災害を鬼に見立て、それを追い払う儀式。 宮中で節分に行われていた「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式が広まったものです。 昔から節分には厄を払い新年の幸せを願う行事が日本各地で行われ、現在も大切にされています。 子供達と共に

    スキ
    9
      • 日常の不思議、知りたいへの欲求

        メキシコから2月に帰国予定のHihatovのお友達とzoomで話しました。 どうせならと思い、僕もあえて現場ではなくzoom参加し、hihatovのある姫路、そしてメキシコのケレタロ州の三ヶ所を繋ぎました。 スクリーンの大きな画面には、地球の裏側、昼と夜が反対の場所で暮らすしばらくぶりの友達の姿が! 人生経験を積んでたいていのことに慣れてしまった(笑)大人の僕にはある意味あたりまえにあることですが、一緒にたくさんの時間を過ごしてきた子ども達の再会の時間は素晴らしく刺激的な時間

        スキ
        8
        • 再生

          令和3年10月11月振り返り動画

          収穫の秋。北半球では太古の昔から色々な感謝祭が行われます。 今年も残念ながらローカルの播州の祭りはできませんでしたが来年こそ! Hihatovではみんなで田植えした苗が見事に育ち、いよいよ稲刈りです! それを自分達で籾すりし、みんなでおむすびをつくって食す。昔から変わらない我々日本人のリズム! そして元々ケルト人の感謝祭で日本にもすっかり根付いてるハロウィン。 これまたハロウィンにあわせてずっと刈り取らずに園庭で育ててきた巨大なカボチャをDIYでハロウィン仕様に!仮装大会と歌やダンスの出し物で最高のパーティとなりました!! 先生達による本気のバンドもかっこよく!みんな先生がただの大人でなく楽器がすごく上手だと理解してますます好きになってくれたと思います!ご苦労さまでした。 さて秋は冒険、外遊びには最高の季節。 日頃からワイルドプレイで雨の日も1日中外で鍛えてきたhihatovの仲間達。 この時期は猛暑も気にならず、近くにある公園や河川敷、遠くの大きな公園などを舞台にみんなで冒険の連続でした! 園舎の外にでかけてワクワク冒険、園舎の敷地なんて越えて!街全部がみんなの遊び場! ジャスティンビーバーのダンスも思い切って外で! 元気いっぱいでした。 そしてカンカクの時間を中心にジュンと共に時間をかけて創ってきた数々の作品、そのアートの集大成として展覧会Hihatov Galeryを開催。 設営から案内、キャッシャー、接客など子ども達がスタッフとなり運営にあたります。それぞれのアートをみんなの力を合わせることで1つの作品に!! Hihatov Galeryの目玉のひとつ、園舎に思いのままライブペインティング!! 自分たちの何倍もあるキャンバスに思い思いみんなで絵を描き、たくさんの観客に囲まれる中完成させました。  みんなの心に創ることの楽しさが溢れているのを感じられた幸せな企画となりました。 さて、ここから12月1月とイベント続きの最高な季節に突入です。 張り切ってこころから楽しんでいきたいと思います。

          スキ
          2
          • Hihatov Galleryを終えて。後編

            ではなぜこの課題へのアプローチとしてグループワークを選ぶのか? もしも人間がクマに近い生き物だとしたら、母と子 / 父と子のように1対1等の関係性から全てを学んでいくことでしょう。 もちろん家族の時間は子供にとって必要です。しかし、どこまで甘えてもいいのか?相手の決まった1対1の関係ではやり取りはその関係に固有なものにとどまり、わがままになったり、度を越えてしまうこともあるかもしれません。 もともと、人間は進化の遠い起源をサルに持ち、もともとの習性も非常にサルに近い生き物

            スキ
            8

            Hihatov Galleryを終えて。前編

            hihatovギャラリーが無事終わりました。 これまで一生懸命創ってきた子どもたち1人1人の作品が1つになり、みんなでオペレーションを考えギャラリーを完成させた素晴らしい会になりました。 モンテッソーリーの先生もご来場くださり、それぞれの子達の個性、創造性、想像力がそのまま表現されていると、今のままでも大人と一緒に出品できるのではないかなどなど嬉しいお言葉をいただきました。 しかし、同時に課題もみえました。 それは自分たちの心と対話することや、創造力自体に軸を置いているの

            スキ
            8

            Hihatov Gallery

            子供達の半年間分の作品をキュレーションしたギャラリー企画を10日間という長いスパンで始めます。この10日間はできるだけ大人の人口密集度を上げず、普段の子供達の環境になるべく近い環境で少しづつ来る来客に子供達はキャッシャーや案内やガイドなど自分たちでギャラリーを運営していきます。 作品は1つ1つ個人のものですが、ギャラリーはみんなの作品です!みんなの力を合わせて自らの作品達を最高の状況でみて感動してもらい、地域にも開放して、自分たちの作品の持つパワーを感じてさらなる創作意欲を高

            スキ
            6

            11月 園だより

            スキ
            3
            再生

            鉢植えをみんなでDIYで創った日

            長らくnoteをアップしてなかったので過去のアーカイブ動画と共に園の紹介や教育の考えなど、、、。 Hihatovにあるものは極力手作りで自分たちで製作します。 室内室外に所狭しと置いてあるプランターの鉢植えをみんなで創った日々。 園舎をデザインしてくれたフランス人デザイナーのDorothyも一緒に参加してくれてミニマルな園舎にかわいいアクセントになりました! 日本で育つと道具は買うものという認識、廃棄問題の大量のプラスチック製品など美意識や使い勝手、そして大切にする思いやりなどなど、、創れるものは自分たちでつくりそれに囲まれてセンスを磨いていって欲しいと願っています!!

            スキ
            2
            再生

            6月ダイジェスト

            コロナ自粛が明け、やっと6月みんなが登園! 自由なHihatovの日常が始まった。。  父の日のプレゼントを作ったり、野菜のスタンプをしたり、園庭の草花で押し花をつくったり、園庭のハーブでみんなで料理したり、とにかく沢山の世界の美しさ美味しさ創る楽しさを学んだ。 基本、Hihatovの時間は自由。 自分がしたいことをして、集中しはじめたら誰もそれを止めないがコンセプト。 僕の考えでは子供はどんどんすごい、大人の想像力などすっ飛ばしてすごいものが生まれる!そう確信してたが、、、考えが甘かった。。 嫉妬という感情は思ったより人間の深いところに強くあるのだと思い知った。。 全ての子達が多かれ少なかれ自分が創れないものを他人が作ってると壊す。 自分以外が注目されすぎると喧嘩になる。。 僕たち大人の世界以上に感情をむき出しにして友達のつくったものを壊し壊される現状w しかし負けじと壊されては創り、壊されては創る。 みんながそれぞれ自分の作ったものを壊されて傷つき、それでも創り壊される経験の中で 自然に人の作ったものは壊さないというルールが生まれた。。 そして壊す事はいつのまにか、ちょっとしたスカっとした快感となりみんなで壊そうという話に!! 子どもにはある段階にいる間に十分にしておかないといけないことがあると思っています。 それが3歳の子どもたちにとっては他の子に嫉妬を抱いて他の子のものを壊したり、おもちゃを取り合ったりすることで、今存分に感情をむき出しにして触れ合うことで徐々に成長していくのだと考えています。 それからいつしか他の子が作ったものを認めたり、褒めたり、一緒に作ったり、作品を通したコミュニケーションが創るモチベーションにつながっていくのではないかと思っています。 職人も料理人も絵描きも陶芸家も音楽家も、いやいや営業のひとまで、、 失敗しても創り、失敗してもつくり、創り続けて楽しみ続けた人だけが一流と呼べる人になると思っています。 これから自由な時間のなか人の足をひっぱらないルールを理解しあい創りつづけ そして一緒に破壊をしてw スペシャルな大人になって欲しいです。

            スキ
            1

            真の幼児教育とは??

            初めまして。。今まで旅人として数十カ国を旅し、帰国後ファッションの会社を立ち上げ経営し、イベント、企業広告、メディア、アートや文化事業など様々な企画に参加・展開しています。 2020年の春より、祖母の代から約50年続くこども園の分園として、Hihatov (ヒーハトーヴ)という新しいコンセプトの保育園を開園しました 。 Noteではこれまで出会った素晴らしい人・国・職業・様々な出来事を思い返し、どの様な幼少期を過ごしてその人が育ったのか? 良い幼児教育とはいったい何なのか?

            スキ
            4