見出し画像

Hideaki Yamakado Winter Namm 2018旅行日記 #2

Hideaki Yamakado

みなさんこんにちは!


ギタリスト/作曲家/インストラクターの山門秀彰です!
このページでは、僕自身が今まで培ってきた音楽に関する経験や知識、情報などを発信していきたいと思います!
たまに音楽以外の投稿もあるかもしれませんが、ご了承ください笑

詳しいプロフィールはこちらの記事に書いてありますので是非ご覧ください↓


今回は、

「Hideaki Yamakado Winter Namm 2018旅行日記 #2

ということでこのシリーズでは2018年にアメリカで行われた「Winter Namm Show 2018」
に参加した時のことを思い出とともに振り返っていきたいと思います。

こちらが前回の記事になります↓

前回の記事ではNamm Showの概要、アメリカ滞在中の移動手段等書きました。
今回は日本出発〜ホテル到着までの旅の途中での出来事を写真とともに振り返っていきたいと思います。


まず、出発したのは2018年1月24日。関西空港発の飛行機に乗りました。

搭乗チケット

前回の記事でも書いた通り、乗り継ぎ便が安いので関西空港発〜香港国際空港で乗り継ぎ〜ロサンゼルス行きの便です。

朝6半時頃に出発する便だったので前日入りして空港で1晩をすごしました。

ポケットWifiをレンタルで予約していたのですが、受け取ることができるのが朝の6時からだったのでギリギリでしたね。
搭乗したのが登場締め切り10分前。1番最後。
なので荷物を乗せる棚もほぼ埋まっていて困っていたのですが、隣の席に座っている親切な中国人の方が空いている棚を教えてくれました。
そして出発!
2〜3時間ほどで香港国際空港にすぐに到着。

大阪〜香港までの便と香港〜LA便の乗り継ぎ待ちの時間は2時間で、事前にインターネットで飛行機の乗り継ぎについて調べていたら、

「乗り継ぎの間には余裕を持って2時間は間隔を空けるようにしましょう!」

という情報を見ていたのでその通りに2時間ほど余裕のある乗り継ぎ便を予約してバッチリだったはずなのですが、
香港に到着して時間を確認するとなぜか、、、



「香港〜LA便の出発まであと1時間しかなかったのです。」


「飛行機が遅れたのか?」「タブレットの時計が狂っているのか?」
色々慌てながら悩みましたが、、、


はい。
時差です笑

2時間の余裕、バッチリありました笑
日本と香港の時差は1時間ほどなので、
「1時間早い日本の時刻を見ながら香港で行動していた」
のでそうなりました笑

もしこの記事を読んでいる方で海外に行かれる場合は、僕みたいにならないよう、、、

  • 現地に着いたらまず現地の時間に時計を合わせる。

  • 事前に現地と日本の時差を確認しておく。

この2つを是非実践してください笑
何事も事前の準備は大事ですね。

で、この香港国際空港。
書いてある言葉がほぼ中国語。時々英語といった具合。
ぱっと見でわからないので案内の人に聞いて無事搭乗口までたどり着きました。

で出発!
無事LA到着!

いざ入国審査へ。

飛行機が到着する前に、
「高額な現金を持っているか?」
「食部や食品を持ち込んでいるか?」みたいなことを書き込むチェックシートみたいなものがあって慎重に書き込んでいたのですが(入国審査が一番怖くて緊張する笑)

この時は全くチェックされず「LAXのセキリュティは大丈夫なのか?」とか思いながら入国審査もすんなり通過。

空港の外へ出る。

2014年以来、4年ぶり。

乾いた空気が懐かしい。
1月なのにほんのり温かい空気が懐かしい。


ここからユニオンステーションという場所に向かうために「FlyAway」というバスを待っていたら、「ヘイ、ヒデアキサン!」と肩を叩かれたので「誰だ?」と思い振り返ると、、、



Jackと山門

なんとJack Thammaratでした!

彼はタイのギタリストで、
世界的なギターコンテスト「Guitar idol」の2009年の優勝者です!

僕がJackのことを知ったのは2014年頃。

それまでは、どれだけテクニカルなプレイができるか?速く弾けるか?
みたいなことにこだわっていましたが、彼の演奏を聞いて
「テクニックよりも、速く弾けることよりも『音楽』を演奏することが大事なんだと気付かされました。

彼はテクニック的にももちろん素晴らしいのですが、僕は彼の曲の完成度、フレージング、アーティキュレーション、ギターサウンドなどにすごく感銘を受けてギター弾いてきて、今までで一番
「この人みたいに弾けるようになりたい!」と感じました。

カバー曲も多数ありますがどれも素晴らしいので是非ご覧ください!

そんな僕にとって憧れである存在のJack。

初めてあったのは2014年の12月6日(土)午後5時頃(嬉しすぎたので詳しく覚えています笑)
日本にギタークリニックで来日していました。

Jackと山門。 2014年バージョン。

以前からFacebook上で繋がってくれていて僕のことも覚えてくれていました!
クリニック後、ポストカードに名前をサインしてもらうという時間があったのですが、僕の番が来た時。
僕が名前を言わずとも書いてくれて、「Hope we can jam together someday!(いつか一緒にジャムしよう!)」と言ってくれました!

Jackのサイン入りポストカード

↑その時のポストカード。
今でも額に入れて大事に持っています。

このクリニックの時の出会い。この空港での偶然の出会い。

普段の生活で嫌な気持ちになった時はこの2つ時のことを思い出せば大抵気持ちを落ち着かせられます笑


で、Jackはその後サンタモニカに行くとのことだったので少しだけ話して別れました。

待っていたバス「Flyaway」に乗り込みユニオンステーションへ。

ユニオンステーションに飾ってある絵

この時点で少し時間に余裕があったので駅周辺を散策しました。

駅の中にある待合室的な所。写真は撮っていませんが近くにストリートピアノもありました。
チャイナタウンの入り口
中国風のお寺
フォルダにあった謎の写真(笑)おそらく市役所の近く

駅の中は人もたくさんいて賑やかな感じでしたが周辺は人も少なく寂れている印象でした。
Youtubeなどで「LAのダウンタウン周辺はホームレスがたくさんいる。」
という情報は知っていたのですが確かに歩道にテントが点在していましたね。

駅周辺で夜は出歩かない方がいいなと思いました。

その後再び駅に戻り電車で「Fullerton」へ向かい、

バスでホテルへ。

(電車が日本よりもめちゃくちゃ大きくてかっこいいので日本の撮り鉄の方はアメリカの電車、好きじゃないかなー?と思います。

写真撮ればよかったと後悔(笑))

そしてこの年に泊まったのは「Anaheim Majestic Garden Hotel」。
場所はディズニーランドのすぐ北側です。

ここですでに今回一緒に宿泊するイタリア人のルームメイト、3人が到着していました。

次回はルームメイトの紹介やNamm show


おわりに


今回の記事は以上です。
次回はルームメイトの紹介やNamm show1日目についての出来事を書いていきたいと思います!

この記事が面白いと思った方はぜひ「スキ」ボタンを押して頂ければ嬉しいです!
そしてフォローも是非よろしくお願いいたします!

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


🔗Hideaki Yamakado リンク↓
Website - https://hideakiguthrie.wixsite.com/hideaki-yamakado
FaceBook - https://www.facebook.com/Hideaki0412
Instagram - https://www.instagram.com/hideakiyamakado/
Twitter - https://twitter.com/HideakiYamakado
TikTok - https://www.tiktok.com/@hideakiyamakado?fbclid=IwAR0Y86XvBI5Tw0_HACJyGu-j0ekpzcU7preMny0Ui9EzWL4fyQucA9S0tNg&lang=en
Linkedin - https://www.linkedin.com/in/hideaki-yamakado-88b1a9228/
Tumblr - https://www.tumblr.com/blog/view/hideakiyamakado 
Pinterest  - https://www.pinterest.jp/Hideaki_Yamakado/_created/
note - https://note.com/hideaki_yamakado/
Drooble - https://drooble.com/hideaki.yamakado
TuneCore - https://www.tunecore.co.jp/artists/Hideaki-Yamakado-





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Hideaki Yamakado

僕の活動を応援したいなと思った方は是非サポートをお願い致します! 精一杯頑張ります!