「力を抜く」を教わったことはありますか?
見出し画像

「力を抜く」を教わったことはありますか?

ぼくらのいのちの営みというのは

ほとんど100%無意識運動によって運営されている。

呼吸機能、体液や血液の循環機能、消化機能、排泄機能など

意識して運営されているものは、ほぼない。


無意識運動が滞りなく運営しているカラダを「整体」と呼んでいる。

緊張と弛緩が自然のリズムで行われているカラダ。

異常があれば回復要求が生じて

ホメオスタシスが機能しているカラダ。

背骨に弾力があり

「やりたいこと」が自発的に湧きおこってくるカラダ。


この「整体」を邪魔しているのが

自分で緩められない強張りになる。


スポーツ選手というのは

もともとカラダに悪いことをしている人たちなんだけど

どうしてカラダを壊す人が多いのか。


理由は単純でカラダの緩め方を知らないから。

筋トレなどは筋肉を緊張させるわけだけど

トレーニングのあとに正しく緩めてあげないと

筋肉には強張りがどんどん蓄積されていく。

弾力が失われて強張った筋肉に負荷をかけていけば

まぁ壊れるほうが自然だよね。


緩められるから

正しくひきしまることが可能になる。


活元運動の指導において

一気に脱力してくださいとお伝えしても

すぐに脱力できるひとってほとんどいない。

緩む感覚がわからないと言う人もいる。


よくよく考えてみると

カラダを緩める

脱力するってことを教わる機会ってないんだよね。


ぼく自身もカラダを緩めることに関心を持ったのは

人一倍緊張しやすいために

どうしたら舞台で緊張せずにいられるかを模索したためだった。

ふだんからカラダが緩んでいれば

舞台上での緊張の度合いを少しでも軽減できるんじゃないかなって。


脱力を体感しやすいのは

「ため息をつく」

息を吐くのは弛緩動作だから。

吐くときに力が抜けていく体感を感じるでしょ?

胸が緩む感覚であったり

みぞおちが緩む感覚であったり

お腹が緩む感覚であったり。


緩む感覚が分からない場合は

息を吐くときに

下あごを緩めながら吐いてみるといい。

力が抜けていく感覚は感じられないだろうか?


下あごを緩めると

カラダの正中線(中心のライン)が緩む感覚が感じられないだろうか。


いちど最大限に緊張させておいてから

力を抜くというのは

緊張している部位の力を抜くための基本原則。

肩を思いっきりギュッーって、上げてから

ストンと一気に力を抜く。

その動作の直後にふわっ~と緩む感覚に包まれないだろうか。


眼精疲労の強張りというのは

全身に波及していく。

点滅しているPC画面やスマホを見て

眼のレンズが同じ焦点距離の維持を強要されるために

水晶体というレンズの焦点距離の調節をしている毛様体筋の強張り。


眼精疲労の出発点は毛様体筋の強張りだけのはずなのに。

眉の下の骨に触れただけで激痛を感じたり

肘と手首のあいだの前腕を押さえると激痛を感じたり

強張りの波及は

頸椎一側から胸椎三側面へ、そして腰椎二側にいたり

太ももの裏(座骨外側)にまで波及している。


眉下の骨にふれただけで激痛を感じるくらい強張っているものを

ふだんは異常を感じないで生きているって

どんだけ鈍らせてるんだよって話。

鈍り適応のカラダだから

自分がやりたいことも湧きあがってこないし

心地よさを感じるなんてこととも無縁になってしまう。


鈍り=感じない

感じるからカラダは動くのであって

感じないカラダとは

実は死んでるとも言い換えてもいい。


自分で力を抜く感覚をカラダに思い出してもらう。

脱力していく心地よさをカラダに覚えてもらう。

緩んでいくと呼吸は深くなる。

肩で呼吸していたものが

胸で呼吸をするようになり

さらに緩んでいくと

お腹で呼吸をするようになる。


そしてココロが落ち着いてくる。




※あわせて読むといい記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいな💖
東京、飯田橋の野口整体指導室代表。野口整体伝承者。気、カラダ、こころの探求が好き。『ふれる』がもつ力を伝えていきたい。『ふれる』ことでしかできないこと。『ふれる』が普通にある日常を広めたい。今は坐禅に夢中。 野口整体指導室HP https://www.zensei.club/