帆風はつか

文を書きます。すこしゆっくりな日々。 連絡:namakedou@gmail.com 95年/バセドウ(進行形)/癌(元)/古典(中古和歌)/cakesコンテスト2020佳作受賞 アイコンはアトリエラムレーズンさん(https://note.com/x4a4n
    • 感情のドローイング
      感情のドローイング
      • 16本

      感情を詰め込んだ魔法瓶。いつか自分の武器を持つために。

    • 創作したもの
      創作したもの
      • 17本

      短編小説や、架空レシピノートなどの創作したもの。これから充実させる予定地です。

    • トリミングダイアリー
      トリミングダイアリー
      • 22本

      日々の雑記を、ざっくりと書くエッセイ。人生の上澄みの綺麗なところをトリミングしたもの。それにしては地味。

    • すべてのマガジンを表示
  • 草木染め○ミモザのちいさな耳飾り(イヤリング/ピアス)

    草木染め○ミモザのちいさな耳飾り(イヤリング/ピアス)

    草木から採れた色で、耳元に小さな花を―― 〇 ご覧いただき、ありがとうございます。 庭のマリーゴールドが明るく咲き誇る秋になりました。 そのマリーゴールドから色を分けてもらうと、秋にピッタリの色を採ることができました。 草木染めで手染めした布と刺繍糸で制作したアクセサリーとなっております。 身近な植物を採取したり、庭で栽培したりと、自然から色を分けてもらいました。柔らかい色合いの糸たちを、一針ずつ丁寧に刺繍した、耳飾りになります。 私達の身近には、こんなに鮮やかな色が溢れている。そのことを少しでも感じていただければ幸いです。 ○ アクセサリーパーツはイヤリング・ピアスからお選びいただけます。 生地:麻布 素材:25番刺繍糸、くるみボタン 土台:合皮 仕様染料 マリーゴールド 自家栽培の染料となります。
    1,200円
    なまけ堂画廊
  • 草木染め○木の葉の秋色ブローチ

    草木染め○木の葉の秋色ブローチ

    ご覧いただき、ありがとうございます。 自然から採れた秋色で、秋の美しさをスケッチしたような一葉を胸元に。 ブラウスが着たくなるような、これからの季節にピッタリな色合いとモチーフの一点もの。 すべて草木染めで手染めした刺繍糸で制作したブローチとなっております。 庭で栽培したマリーゴールドから秋らしい色を分けてもらいました。 その糸たちを、一針ずつ丁寧に刺繍した、木の葉モチーフのアクセサリーです。 私達の身近には、こんなに鮮やかな色が溢れている。そのことを少しでも感じていただければ幸いです。 ○ 生地:麻布 素材:25番刺繍糸、ビーズ用糸、ビーズ 土台:合皮 金具:鉄製ブローチ金具 仕様染料 黄色、黄土色:マリーゴールド 緑:藍+マリーゴールド 藍、マリーゴールドは自家栽培の染料です。
    2,850円
    なまけ堂画廊
  • 草木染め○秋色の小さな耳飾り(マスタードイエロー)

    草木染め○秋色の小さな耳飾り(マスタードイエロー)

    秋の草木から採れた秋の色を、さりげなく耳元に咲かせる――そんなアクセサリー 〇 ご覧いただき、ありがとうございます。 庭のマリーゴールドが明るく咲き誇る秋になりました。 そのマリーゴールドから色を分けてもらうと、秋にピッタリの色を採ることができました。 すべて草木染めで手染めした刺繍糸で制作したアクセサリーとなっております。 身近な植物を採取したり、庭で栽培したりと、自然から色を分けてもらいました。その糸たちを、一針ずつ丁寧に刺繍した、秋色の耳飾りになります。 私達の身近には、こんなに鮮やかな色が溢れている。そのことを少しでも感じていただければ幸いです。 ○ アクセサリーパーツはイヤリング・ノンホールピアス・ピアスからお選びいただけます。 生地:麻布 素材:25番刺繍糸、ビーズ用糸、ビーズ 土台:合皮 仕様染料 マリーゴールド 自家栽培の染料となります。
    1,580円
    なまけ堂画廊
  • もっとみる
固定された記事

辞書を買った話。

全然noteを書いていなくて、それはなんというか、note用に取り繕うような自分がいないからである。取り繕えているのかと言えば、取り繕えてなかったりもするので、今更取り…

音もなく舟が出て行く朝に。

よのなかを なににたとへむ あさびらき こぎいにしふねの あとな きがごと  ―沙弥満誓(『万葉集』354番)  良い歌だな、と思った。世の中への憂いや息苦しさと、…

この一年のこと。

えい、と送信ボタンを押した。 電波と呼ばれる、いまだ見たことないそれに乗って、私の言葉が飛んでいった。 さみしさと、妙なすっきり感だけが残る。次に、悔しさがきた。…

ひとやすみのお手紙

智春さん すこし一休みに、お手紙のお返事でも書こうかと筆をとりました。 実は今智春さんに小説の試し読みをしていただいていて、あっちでもはつか、こっちでもはつかで…

いいジャンプはいい助走からだし、いい発表資料はいい土手煮づくりからだし、そろそろnoteつかい始めて一年なのでまじめにどうで…

発表資料を作りたくない。作りたくなさ過ぎて吐きそうである。 ちなみに私が最後に吐しゃ物をぶちまけたのは、全身麻酔の手術後、無理に立たされたときである。緑色だった…

その一言が、私たちから奪っていくものについて。

「あんたんとこは、大変やね」 叔母がつぶやいたその一言に、曖昧に笑って、「まあ」と相槌を打った。 お茶の誘いを受けたことを心底後悔しながら、胸の内で暴れる自分を慰…