サーフィンを始めたら人生が変わる

なぜ、ジョニー?
桑田佳祐さんの「波乗りジョニー」ではないんです。もちろん、この歌は大好きで、自分のテーマ曲くらいに思っていますが。

本当のところは「ハートブルー」という映画が好きだったからなんです。
英語の原題は「Point Break」。
主演はキアヌ・リーブスとパトリック・スウェイジ。

キアヌ・リーブスが演じていたのが、ハーバード大学出のエリートFBI捜査官のジョニー・ユタ。そう、このジ

もっとみる
ありがとうございます。

海と虹と素晴らしき世界

サーフィンをするようになると、不思議なことに、生活や志向がどんどんシンプルになっていきます。

サーフィンができればいいという発想から、物への欲は減ってきて、不要なものは削ぎ落とされていくんだと思います。

また、何かあっても、自分にはサーフィンがあるし、海に行けたらそれでいいじゃないかと思ってしまうので、ストレスもありません。

サーフィンに限らず、何でもいいので、自分の世界が必要なんだと思いま

もっとみる
ありがとうございます。
2

海と達郎とビーチボーイズ

だいぶ前ですが、山下達郎さんが出した「Big Wave」というアルバムがあります。

サーフィン映画のサントラで、A面は、山下達郎さんのオリジナル、B面はビーチボーイズの曲を山下達郎さんが歌ったものです。

このアルバムは素晴らしく、大好きなのですが、あえてのB面ビーチボーイズの元歌を探してみましょう。

 GIRLS ON THE BEACH
ビーチ・ボーイズ「オール・サマー・ロング」収録

もっとみる
ありがとうございます。
1

楽しめサーフィン。ゴーゴー!

サーフィンのいいところ、それは、誰もが年齢関係なしに楽しめるところです。

サーフィンをエクストリーム・スポーツの中に入れている場合もあるけど、そんな危険なことばっかりがサーフィンではないのです。

自分のレベルに合わせて楽しむことが大事。無理をしては本当に危ないんです。海は容赦してくれません。

自分のレベルを知り、無理をしなければ、こんなに楽しいものは他にないのです。

「ベストサーファーとは

もっとみる
ありがとうございます。
2

海とサザンと金子晴美さん

海といえばサザンオールスターズ。

ですが、そのまんま紹介しても芸がないので、サザンの曲を別の方が歌ったアルバムを紹介します。

だいぶ前ですが、偶然見つけたのがコレ。

ジャズシンガーの金子晴美さんがサザンの曲をカバーしたアルバム。

当時、ジャズなんてまったく知らなかったんですが、ドライブでよく聴くお気に入りでした。海からの帰りや夜のハイウェイにぴったりです。

ネット配信は無かったのですが、

もっとみる
ありがとうございます。

頭の中は海。アップス&ダウンズ

波の斜面を走るテクニックで、アップス&ダウンズというのがあります。

踏み込んで勢いをつけ、波の上、下を交互に走らせる技。言葉で説明するのは難しいんですけど、ブランコを漕いでいるようなものです。

で、ここで思い出したのが、ジャック・ジョンソンの「Upside Down」。ちょっと響きが似ているだけで、意味は全然違うんですけどね。「逆さまに」みたいな感じでしょうか。

ジャック・ジョンソンといえば

もっとみる
ありがとうございます。

頭の中は海。ワイプアウト

サーフィンをしていて知らない人はまずいないであろう言葉、Wipeout ワイプアウト。

ワイプアウトとは、ライディングしていてボードから落ちてしまったり、波にひっくり返されたり、巻かれたり。早い話が失敗したということ。

でも、これが水の上だから何度でもひっくり返れるんです。アスファルトでコケたら骨折だけど。

ワイプアウトって曲、ご存知でしょうか。耳にしたことはあるんじゃないかと思うのですが、

もっとみる
ありがとうございます。
2

頭の中は海。サーフィンUSA

海、サーフィンといえば、ビーチボーイズ。
ビーチボーイズといえば、真っ先にサーフィンUSAやが浮かびます。

このサーフィンUSA、チャック・ベリーのSweet Little Sixteenが元歌だってご存知ですか? チャック・ベリーは、あのジョニーBグッドを歌ってた人です。

チャック・ベリーのSweet Little Sixteenが元歌というか、パクってしまったんですね。
バレてしまい訴えら

もっとみる
ありがとうございます。
3