hybridtearose

「ロゼット咲きのオールドローズ」をヴィヴァルディで攻略する。 〜素材で変わる折りやすさ〜

佐藤ローズ最高難度と名高い「ロゼット咲きのオールドローズ」。

タントでことごとく失敗しているので、ついに秘密兵器を導入しました。

そう、ヴィヴァルディです。
佐藤ローズに最も向いているとされる丈夫な素材で、独特の「粘り」に定評があります。

使った色は「LILAC(ライラック)。
以前にもご紹介した、淡くきれいな紫色です。
(2019/11/25)
https://note.mu/mas

もっとみる

「CAFE RICCO」にて折り紙とコーヒーを愉しむ。

昨日、足立区にある「CAFE RICCO」に行ってきました。
https://www.cafe-ricco.info/

折り紙好きの方がよくいらっしゃるカフェ(ざっくり)で、佐藤ローズの作者・佐藤直幹さんも訪れたことがあるそうです。

日本でここでしか飲めないという、こだわりのエスプレッソもご馳走になり、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

(ミントが入って、爽やかな甘さの…すみませ

もっとみる

ハイブリッドティーローズ、6種詰め合わせ! 〜何色にも合う佐藤ローズの魅力〜

立て続けに挑戦していた「ロゼット咲きのオールドローズ」は一旦おやすみ。

先週の土日で「ハイブリッドティーローズ」を量産しておりました。

素材はヴィヴァルディ25cm。
タントにはない粘り強さは、やはり格別です。
ちょっと硬いのでプレスに握力が必要ですが、紙の戻りはタントより弱いので折りやすく、仕上げも綺麗にまとまってくれます。

さて、テクニカルな話題はこれくらいにして、今日はまったりいき

もっとみる

オリジナルHT、イエロータント仕立て。 〜透かしの美しさに大満足〜

世の中は「ポッキー・プリッツの日」で浮き立っていますが、あいにく私はトッポ派です。

こんばんは、仕事中ガルボが手放せないまさにぃです。

ハイブリッドティーローズ・オリジナル、4回目のチャレンジ。
今日の素材は、タント35cmの「黄色」です。

(奥は「剣咲き」です)

他のどの色よりもエネルギッシュで、見ていて明るい気持ちになります。
リアルな「赤」や、清涼感のある「青」も良いですが、黄

もっとみる

ハイブリッドティーローズ・オリジナル、中心をいじくり回して検証するの巻

数日前から取り組み始めた「ハイブリッドティーローズ・オリジナル版」。
3個目となる今回は、35cmタントを使ってみました。

(後ろにあるのは、「剣弁高芯咲きのバラ」です)

この作品についての詳細は、過去のコラムをお読みいただくとして…
(2019/11/07)
https://note.mu/masanii_origami/n/n0257d85f88d1
(2019/11/05)
https

もっとみる

ハイブリッドティーローズ・オリジナル、2度目の検証にして禁断の「貫通」をやらかす

佐藤ローズのテキスト出版前に考案された、ハイブリッドティーローズのオリジナル版(以下「オリジナルHT」)。

「遠心中割り折り」を使うテキストのHTに対し、少々デリケートな「求心中割り折り」を使っているのが、オリジナルHTの特徴です。

初チャレンジの前回は、試験的にニューモダンローズ(NM)の求心位置で、直線的に折ってみました。
(2019/11/05)
https://note.mu/ma

もっとみる

ハイブリッドティーローズには「オリジナル版」が存在した!? 〜佐藤ローズ代表作の「プロトタイプ」を探る〜

佐藤ローズの考案者である佐藤直幹さんが、代表作・ハイブリッドティーローズの「オリジナル版」を公開されていました。
(これの情報にピンと来た方は、間違いなく佐藤ローズオタクです)

投稿から数日しか経っていないのに、挑戦者が出るわ出るわ…
昨日、ようやく私もチャレンジすることができました。

折り図がないので、途中工程はすべて憶測。
以外と苦労しましたが、何とか形にすることができました。

もっとみる

大人の「濃いピンク」を愉しむ。 〜FUCHSIA×ハイブリッドティーローズ〜

今日は、この組み合わせでいきましょう。

花は「ハイブリッドティーローズ」
素材はヴィヴァルディの「FUCHSIA」
背景は、バラが映えるよう、暗めの茶色をチョイスしました。

「FUCHSIA(フクシア)」は、以前「ニューモダンローズ」でも紹介した、マゼンタに近い鮮やかなピンク色です。
(2019/09/30)
https://note.mu/masanii_origami/n/n8c020

もっとみる

佐藤ローズを花瓶に生ける。 〜まさにぃ、ついに重い腰を上げる〜

「ハイブリッドティーローズ」と「ニューモダンローズ」を、花瓶に生けてみました。

やはり、セットで作るとよりバラらしくなりますね。

実はワイヤーはかなり前に買っておいたのですが、なかなか着手できていなかったんですよねぇ。

全体を作るのがめんど…いや、バラの花そのものが面白すぎて、なかなか手につきませんでした。

それにしても、「バラの葉」を初めて作ったのは先月。
(2019/09/02)
h

もっとみる

青いバラ3種盛り合わせ! 〜ヴィヴァルディの豊かなバリエーション〜

今日は、ヴィヴァルディの新しい色をご紹介。

「PRIMARY BLUE(プライマリーブルー)」

直訳すると「原色の青」。
秋晴れのように、澄んだ明るい青色です。

「寒色系」である青は、冷たい印象のものが多いのですが、この色はどこか暖かさを感じます。不思議な色ですね。

さて、今日はテクニカルな話題。
花びらの仕上げに、新しいアイディアを取り入れてみましたよ!

🍀今日のトピック🍀

もっとみる