見出し画像

市販の21cmクラッポマーブルで、青白いミニバラを折る。

青緑色の潜在色をもつ「クラッポマーブル」のホワイト。

この紙で折る佐藤ローズは、内側に青色を秘め、実に味わい深い仕上がりになります。
(2019/12/31)
https://note.com/masanii_origami/n/nb62e68c13ba4

上記の記事ではA3サイズ(29.7cm)を使っているのですが、これは佐藤直幹さんが特注したもの。
一般には手に入らないのが難点です。
コラムをお読みの方が、同じものを折れないのは忍びない…

ということで、Amazonで普通に売っているA4サイズ(21cm)を試してみました。

☘️今日のトピック☘️
❶マイブームは分度器カット
❷小さいけれど、イケる
❸ガクのサイズをミスる

♦︎♦︎♦︎

❶マイブームは分度器カット
折り始める前に、五角形カットのおさらいから。
私は、テキストの方法を少しアレンジしています。

「ぐらい折り」を避けるために、分度器で角度を計測してから折る方法です。
これなら、毎回「これくらいだっけ?」と悩む必要はありません。

過去のコラムでも触れているので、詳しくはこちらを参考にしてみてください。
(2019/12/27)
https://note.com/masanii_origami/n/nc8e20e6ffcee

ただ、実はこの方法でも、紙の厚みによる誤差は消えないんですよね。
最近になって相殺する方法がわかってきたので、どこかで特集を組もうかと思います。

なお、五角形カットの方法にも、ひと工夫が添えられています。
こちらは、佐藤直幹さんから直接教わったもの。
併せてご覧いただければ幸いです。
(2019/09/04)
https://note.com/masanii_origami/n/n6076055593ca

❷小さいけれど、イケる
いつも折っている25cmのヴィヴァルディと比べるとき、今回のA4(21cm)は16%OFFのサイズ。
数字にすると大した変化はなさそうですが、実際に折ると結構小さく感じます。

指が太い私がちゃんと折れるか心配でしたが、意外と何とかなりました。
むしろ、小さい紙は相対的に厚みが増すので、A3サイズのクラッポマーブルよりも安心感があります。

手が小さい女性やお子さんなら、こっちの方が折りやすいかもしれません。

❸ガクのサイズをミスる
ガクは、タントの緑系に入っている淡い青緑色を使いました。

ハイブリッドティーローズのガクは、バラが25cmなら15cm。
今回はバラが21cmだからガクは12.6cmなのですが、間違えて10.6cmで作ってしまいました。
何という初歩的なミス…

やり直そうかな、と思いましたが…
少々取れやすいものの、意外とフィットしました。

紙の厚みで底の折り込みが少し浮き、ストッパーになったのでしょう。

全体のバランスにも違和感はないので、このまま採用することにしました。
控えめな感じが、これはこれでアリですね。

♦︎♦︎♦︎

といいうことで、市販のA4クラッポマーブルでも、佐藤ローズは問題なく作れることが判明しました。

ブローチなどのアクセサリーを作るときには、これくらいのサイズがちょうど良いかもしれませんね。

皆さんもぜひ、この不思議な素材を体験してみてください。

#アトリエまさにぃ
#クラッポマーブル
#白バラ #白いバラ #白のバラ #白色のバラ
#whiterose #whiteroses
#ハイブリッドティーローズ #hybridtearose #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。