htaccess

WordpressでPHPを使ったカスタマイズすると、何ができるのか?
+1

WordpressでPHPを使ったカスタマイズすると、何ができるのか?

前回の記事では、HTML、CSSの知識でWordpressをどこまでカスタマイズできるかについて考えてみました。 今回は、WordpressでPHPを使ったカスタマイズすると、何ができるのか? について考えていきたいと思います。 PHPのカスタマイズでできること例えば、PHPを使ってカスタマイズできることとして、以下のようなことがあると思います。 ・トップページに記事のタイトル一覧を表示する ・ページのレイアウトを変更できる ・データベースを扱った処理を実装できる ・W

スキ
11
「IPアドレス」や「User-Agent」を調べるURL《.htaccess》

「IPアドレス」や「User-Agent」を調べるURL《.htaccess》

はじめに ブラウザの「IPアドレス」や「User-Agent」を調べられるURLを作りました。URLのクエリ文字列で質問すると、URLのクエリ文字列で答えが返ってきます。項目ごとに動作サンプルがあります。 01. IPアドレスを調べる 02. ユーザーエージェントを調べる 01. IPアドレスを調べる [要求] 私のIPアドレスは何? https://[サイトのアドレス]/?what-is-my-ip-address [応答] あなたのIPアドレスは 0.0.0.0 で

スキ
1
訪問者のIPアドレスを表示する方法《.htaccess + JavaScript》

訪問者のIPアドレスを表示する方法《.htaccess + JavaScript》

■ はじめに 「.htaccess」と「JavaScript」を使って、ユーザーのIPアドレスを表示する方法をまとめました。CGIやPHPは使いません。 ■ サンプル 訪問者のIPアドレスを表示する方法《.htaccess + JavaScript》 - text https://text.sakura.ne.jp/search/result/note-tool-ip.html ■ 動作確認 「Microsoft Edge (Chromium)」、「Firefox」、「S

スキ
1
CONOHAのサーバーの不具合か・403Forbiddenになっていてサイトが表示できない…

CONOHAのサーバーの不具合か・403Forbiddenになっていてサイトが表示できない…

昨日の14時から自分のWordpressブログ(https://www.114514rune0w0blog.com/)がずっとForbidden403エラーになっていて表示できなくなっていて困っ ているなう。 Wordpressログイン画面にアクセスしてもForbidden403エラーが同じく表示され続けるという… このページからの これらの方法をほぼ全て試してみたけど駄目でした。幾らWordpressセキュリティのログイン制限をオフにしてサイトに接続してもだめだった。

スキ
1
有料
100
「.htaccess」の設定方法

「.htaccess」の設定方法

「.htaccess」を使えば、サーバー全体ではなく、ディレクト単位で設定ができる httpd.confを編集してしまうと、サーバー全体に設定がかかってしまい、細かいリダイレクトやユーザーや会員専用のページにベーシック認証などの設定が難しくなる ①リダイレクトの設定ページ単位でのリダイレクト RewriteEngine onRewriteRule ^[previousURL].html$ https://www.example.com/[redirectTarget].h

スキ
1
旧サイトURLがフォルダ名で終わっていたら.htaccessリダイレクトどう書く・・・?

旧サイトURLがフォルダ名で終わっていたら.htaccessリダイレクトどう書く・・・?

結論先に結論からいくと、 ディレクトリ構造が上記の画像のようになっている状態で、 .htaccess②に以下のように書くことで解決しました。 RewriteEngine onRewriteRule ^$ https:/○○.com/ [L,R=301] ここから悩んだ過程どういう状況だったのかというと・・・ 旧サイトはメインとなるサイトがルートディレクトリに直接置いてあり、ディレクトリbbにブログを置いてある構造でした。 ・https://〇〇.com/(メインサ

2021年に、CGIの文字コードのお話を(Shift-JISのCGIが文字化け)

2021年に、CGIの文字コードのお話を(Shift-JISのCGIが文字化け)

「すいません、今って西暦何年ですか?!」2005年くらいからタイムスリップしてきたわたしは 「Shift-JIS 文字化け サーバー側」 「CGI Shift-JISのページが文字化け」 「AWS CGI 文字化け エンコード」 「CGI Content-Type Shift-JIS 文字化け」 このようなキーワードでGoogle検索をしまくりました。 状況を説明しますと、とある古いウェブシステムがありまして、古いがゆえにShift-JISのCGIで、出力されるh

スキ
4
日本語URLのページをリダイレクトしようとしてハマった件

日本語URLのページをリダイレクトしようとしてハマった件

サイトリニューアルをするとき、URLが変わってしまうページはリダイレクトの設定をするのが一般的です。ちゃんとリダイレクトさせていればSEO的なページ価値も引き継がれるので、サイト運用上とても重要な話です。 これをするためには、Webサーバに設置している.htaccess のファイルに Redirect 301 [旧URL] [新URL] みたいに書くわけです。お約束です。 日本語URLでハマる 一般的にURLに日本語を使っている場合、たいていはURLエンコードという

ホームページを高速表示、htaccessでキャッシュ設定は絶対!

ホームページを高速表示、htaccessでキャッシュ設定は絶対!

ホームページを高速表示、htaccessでキャッシュ設定は絶対! キャッシュを活用すると、データ量の節約およびページ速度が向上します。 《そのキャッシュを有効にする方法は》 .htaccessを開いて3行追加、これだけ。 <Files ~ ".(gif|jpe?g|png|ico|otf|ttf|eot|woff)$"> Header set Cache-Control "max-age=2592000, public" </Files> 『説明』 ・1行目 これは

https: に変えた時のこと、役に立たない情報 スミマセン😣💦⤵️

https: に変えた時のこと、役に立たない情報 スミマセン😣💦⤵️

素人ながらホームページなどいじくってきておりまして、最近、「保護されたページでは・・・」という表示を改修すべく、レンタルサーバーのサービスを利用して、“h t t p://” を “h t t ps://” に変更しました。サーバーのサービスにより、この作業はとても簡単でした。 「保護されたページでは・・・」の表示も解消されました。各ページ本文に残っている「“h t t p://”」記述は書き換えが必要なのだとは思いますが。。。 その後、対象ページを検索してから、リンクに移

スキ
103