Sketter

大変な時期だからこそ「介護×リモート」の可能性を探る。Zoomを活用して、利用者様の傾聴をやってみた

まだまだ世間を騒がせている「新型コロナウイルス(COVID-19)」。

私たちが介護事業を展開している秋田県でも感染者が出ており、イベントの中止などが相次いでいる状況です。先日noteで紹介した「福祉留学」の第2回も3月に予定していたのですが、延期とさせていただきました。

当初予定してた出張もキャンセルせざるを得なくなっているなど、まだまだ混乱が続きそうですが、悲観してばかりもいられない。

もっとみる
感謝感謝です(^人^)
82

もっと熱く、ガムシャラになってもいいんだ。日本一高齢化が進む県に「福祉留学」へ来てくれた学生との話

日本一高齢化が進む秋田県。内閣府の「令和元年版高齢社会白書」によると、世界的にも水準が高いといわれる日本の高齢化率28.1%に対して、その数字は36.3%となりました。

2045年には50%を超えるともいわれるこの県で介護施設を経営する弊社では、未来の介護のカタチを模索するため、新しい取り組みを始めています。

Web上での情報発信をはじめ、技能実習生の受け入れ、介護施設とすきまワーカーのマッチ

もっとみる
感謝感謝です(^人^)
31

今日のスケッターさんcase.1 だいさん《取材を依頼》

コロナコロナの時期ではありますが、
人そこにある中に暮らしもそこにあるわけで、
われわれ訪問介護事業者は今日も今日とて、
ご自宅にお伺いして、生活の不具合を解消したり、
生活の不安を未然に防ぐ為のお仕事をしております。

さてさて。
そうした『各個人の暮らし』を受け止めることがメインではあるけれど、
きょうび、発信すること、伝達することもまた、
大切なアクションであります。  

だからこそ客

もっとみる

スキルシェア市場⦅さんすけさんすけ合同会社の1チャネル⦆

ナレッジマネジメントなる言葉をよく聞く時代がいつのまにか過ぎたけど、ナレッジ(知識)だって、スキルだってやっぱり、社会に「つかってもらってなんぼ」その上「喜んでもらってなんぼ」だと思うんですよね。
いや、僕はね。

福祉の現場で直接介助に注力する人がいて、
介助業務はしないけれど、
棚卸しされた、介助以外の業務をする人と意思疎通の上、「より良い暮らし」のお手伝いをする・・・これがねぇ、単なる

もっとみる
愛を感じました。今の一言
5

異業種こそ介護業界に携わるべき理由

やっと中身のある投稿です。

さて、今回は外資系コンサルタントの私が介護業界に片足を突っ込むことになったきっかけと、私のような異業種で働いている方々こそ介護業界に携わるべき理由(メリット)をお話ししたいと思います。

私はITコンサルタントとして働くかたわら、スケッターの運営に関わっています。
(スケッターをご存知でない方はこちらからhttps://www.sketter.jp)

まずはじめに、

もっとみる

「すきま時間に介護施設で働ける」今日からあなたもスケッター

勢いあまって、宣伝色の強いタイトルを付けてしまいました。
こんにちは。
先日の記事、「思考整理 2ヵ月の棚卸し」にも書きましたが、例の「スケッター」(=すきま時間に無資格者でも介護施設のお手伝いができるサービス)に初挑戦してきたので、記録しておこうと思います。

今回お伺いしたのは、目黒駅から徒歩13分ほどに位置する、アレッジワークス目黒三田さん。(後ほど詳しく書くけれど、HPが無いのが残念なほど

もっとみる
あなたのスキに乾杯…!
22