『なんでもPythonプログラミング』レビュー



『なんでもPythonプログラミング 平林万能IT技術研究所の奇妙な実験』

平林 純 (著)



Hirax.net というサイトをご存知でしょうか。この本の著者の平林先生が昔からやられている奇妙な科学と好奇心情報サイトです。私がインターネットに住み着いたぐらいのころからすでに老舗だった、いろんな実験や科学的な考察が繰り広げられているちょー素敵な知性派サイトなのです。

ここの「できるか

もっとみる
ありがとうございます!,,Ծ‸Ծ,,☆
7

200915_どうやったらできるかを考えてみよう

できない事にクサクサしてしまうよりも、どうやったらできるかを探す方がワクワクする性分だ。できるだけ自分だったり誰かだったりみんなだったりがやりたい事をやりたい形でやらせてあげれるように考えるのはなんとなく未来があって楽しい気がする。
さて、今日の日記です。

 昨年、制作をお手伝いした「でも好き。」というカードゲームが延期になっているゲームマーケットでの販売予定分を残して完売になった。取っている個

もっとみる
やったぜ!
4

我々はどこからきたのか01

Courseraと言うオンライン授業で、「サイエンスと歴史の橋渡しを通して、我々がどこからきたのかと言う謎に迫る」コースを受講している。(リンク)

このコースを通して得られることは、以下の3つ。

1. 異分野間の繋がり
2. 世界の複雑さへの理解
3. 未来への挑戦

学び方としては、A. 138億年前から何が起きてきたのかをざっと俯瞰する  B. 個々の出来事に対して、各分野のエキスパートの

もっとみる
ありがと!主語を自分にしたら要求が伝えやすくなるで。

睡眠時間と老化の相関性

先に述べたとおり、睡眠時間2〜3時間の生活をしていた訳であるが、生産性効率も落ち、1番先に変化に気がついたのは、簡単な漢字が書けないことである。漢検二級は持っていたので、そんじょそこらの漢字は書けると自負していたが、いざ黒板に書くと書けてるはずなのに違和感があり、書けなくなるのである。

睡眠とアルツハイマー病の相関性は以下のように述べられるように、一般的に周知された事実である。

https:/

もっとみる
スキありがとうございます。

9章後半①【サイバーな大学】 4つ目のパラレルワールド 3/17/2019

サイバーな大学[2019(平成31)年3月17日(日)] 

久しぶりにHTMLのサークルの仲間に会った。

HTMLの講師の山本先生は、いろんな大学を出ているみたいで、いろんな面白い知識があって、話していて面白い。

そんな講師の山本先生に、経歴異変のパラレルワールドが、現れてしまった。

彼がいうには、サイバー大学を昭和の頃に卒業したというのだ。

え?

昭和にサイバー大学卒業ってソフトバン

もっとみる
わーい、ありがとうございます✨✨\(^-^)/

悩みがあるって良い

こんばんは!

最近、悩みが多すぎて、何から手をつけたら良いのか、そもそも何が一番の問題なのか、分析しているこの頃です。

でも、今日上司からお悩みの突破口を教えてもらいました☺️

正しく物事を捉えるscience

正解がない中で描くart

その間にくる具体的なプロダクトやサービスに当たるcraft

この3点のどこかに問題があると。

どこで迷っているかわからなくなったら、ロジックツリーで

もっとみる

手作り殺虫剤

滅ムカデレクイエムに続く、
滅セクトスプレーを開発中🐛

いつもの開発の流れ
・まずはターゲットを捕獲
・効果を試す
・効果が出たら次は本体へ
・本体被害と継続率測定
・商品の持ち具合

この編を検証して、
使用していってます🐛

アブラムシの状態は、
酔っ払いのような感じだが動きは少なくなって、触角が嫌そうに動きます

効果抜群かも知れない。
とりあえず野菜に🥬振りかけ
刺激具合を見ます^

もっとみる
あなたの運気が爆上げしました
1