Muscleマガジン

ヒラメ筋(Soleus)

前回はふくらはぎの筋肉である腓腹筋について解説しました。

今回は、その腓腹筋の深層にあるヒラメ筋について。

腓腹筋との大きな違いの1つは、膝関節をまたいでいるかどうか、つまり二関節筋なのか単関節筋なのかです。

ヒラメ筋は、より足部への影響が大きい筋肉であり、アキレス腱周囲炎やシンスプリント、足底腱膜炎、足関節捻挫後など多くの足関節疾患にも関わっています。

それではさっそくいきましょう!

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
4

腓腹筋(gastrocnemius)

今回はふくらはぎの筋肉、腓腹筋について!

腓腹筋は歩行や走行はもちろん、アキレス腱を介して足首の硬さにも影響を与えている筋肉の1つです。

膝裏ではハムストリングスとも連結を持ち膝関節にも影響があります。

しっかり整理しておきましょう!

腓腹筋の起始停止

(Visible bodyから引用)

起始:
 内側頭:大腿骨の膝窩部、大腿骨内側上顆、膝関節包
 外側頭:大腿骨外側上顆、膝関節包

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)
2

大腿四頭筋(Quadriceps Femoris)

今回はよく聞く筋肉の代表、大腿四頭筋について。

四頭筋という名前の通り、大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋という4つの付着部を持つ大腿四頭筋。

全てが4倍になってしまい、記事も少し長くなってしまいましたが、きっと新たな発見もあると思いますのでぜひ最後までお付き合いください。

それではさっそくいきましょう!

大腿四頭筋の起始停止

(Visible bodyから引用)

大腿直筋
起始:

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
3

広背筋(Latissimus Dorsi)

腰から腕まで続く大きな筋肉である広背筋。

肩の痛みから腰痛まで様々な身体の不調との関りも大きい広背筋についてしっかり整理していきましょう!

広背筋の起始停止

起始:下部胸椎・腰椎・仙椎棘突起、腸骨稜、下部肋骨、
   肩甲骨下角、胸腰筋膜
停止:上腕骨小結節稜
支配神経:胸背神経C6~8
作用:肩関節の内転・伸展・内旋
(基礎運動学第6版)

起始:第6~8以下の胸椎・腰椎・仙椎棘突起、腸骨

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
2

小胸筋(Pectoralis Minor)

今回は猫背姿勢などで一般の方でも問題となりやすい、小胸筋についてみていきましょう!

以前、大胸筋については解説しています。

小胸筋はその大胸筋の深層にある、肩甲骨や肋骨を動かす筋肉です。

この筋肉が硬くなることで猫背になることもあれば、逆に疲れていたり自信がなかったりすると普段から猫背になって小胸筋が硬くなることもあります。

もちろんデスクワークの方も姿勢が悪くなりやすいので要注意です。

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
8

腹横筋(Transversus Abdominis)

今回は体幹トレーニングや腰痛とかかわりの深いことで知られる腹横筋について。

実は、一般的な体幹トレーニングを見よう見まねで行うだけでは腹横筋をトレーニングできていない人も多い印象を受けています。

腰痛を治したい、スポーツパフォーマンスを上げたいと思って体幹トレーニングをしているになかなか改善しない、させられないと感じている選手やセラピスト必見です!

コルセット筋とも呼ばれ、腹部を引き締めて安

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)
7

上腕二頭筋(Biceps Brachii)

今回は最も認知度が高い筋肉の1つともいえる、上腕二頭筋について!

いわゆる力こぶの筋肉ですね。

こうやってダンベルなどを使って鍛えている人が多いですね。

筋トレを始めたばかりの方や専門家の指導を受けることができない方でも手軽に始められます。

しかし、上腕二頭筋だけを鍛えることにはデメリットもあります。

1つは肩関節への影響が非常に大きく、上腕二頭筋ばかりを鍛えすぎることによって肩の痛みを

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)
4

大内転筋(Adductor Magnus)

今週のmuscleマガジンは大内転筋について!

内転筋群の中でも臨床ではあまり意識していない方が多い印象です。

『大』という名の通り大きな筋肉なので、実は運動への影響もかなり大きいです。

これまであまり意識したことがなかったな~、という方は今回の記事で改めて整理するきっかけになると思います!

それではさっそくいきましょう!

大内転筋の起始停止

(Visible bodyから引用)

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)
5

横隔膜(Diaphragm)

今回は呼吸運動の中心である、横隔膜について。

横隔膜は吸気の主動作筋ですが、大腰筋との連結だけでなく内臓との関係も深く、全身に影響を与えている筋肉の1つです。

抽象的な表現になりやすい横隔膜ですが、具体的な部分で整理できるところは整理しておくと臨床でもロジックがつながりやすくなると思います!

それではさっそくいきましょう!

横隔膜の起始停止

起始:胸郭下口の全周で、腰椎部、肋骨部、胸骨部

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
8

大胸筋(pectoralis major)

専門家でなくても知っている人が多い、「大胸筋」。

ウエイトトレーニングのビッグ3とも言われるペンチプレスもこの大胸筋を鍛えることを目的としています。

大胸筋が発達していると男らしく見えますし、鍛えたいと考えている人も多いかもしれません。

しかし一方で肩の痛みや呼吸を浅くしてしまう原因にもなってしまう大胸筋について今回は整理していきましょう。

大胸筋の起始停止

(Visible bodyか

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
6