MaterialDesign

#Schema2021 recap/ 備忘録
+31

#Schema2021 recap/ 備忘録

先日 10/7(日本時間 10/8)に Figma のオンラインイベント Schema2021 があり、無事に最後まで参加しました。日本時間 0:30 am 〜 6:30 am に開催という日本の Figma コミュニティにとっては中々の苦行でしたが、本日予告どおりに録画動画が公開されたので、後から改めてゆっくり観たいと思いますが、まずは今から 6 時間観るのは辛い、という人向けの参考備忘録。 ※ 上記リンクからの視聴には Schema Community 向けにアカウント

スキ
92
Material DesignのカタログアプリでMaterial Youの対応をしました
+6

Material DesignのカタログアプリでMaterial Youの対応をしました

個人で Material Design のカタログアプリなるものを細々と開発&リリースしていて、先日 Material You (Material 3)の対応をしました。 ↓ソースコード↓ ↓Play Store↓ このアプリは何をするアプリ?このアプリは Material Design のデフォルトのコンポーネントを確認できたり、カスタマイズされた Material Theming を適用したアプリの例を確認できたりする Android アプリになっています。 Ma

スキ
13
iOS とAndroid の違い クロスプラットフォームのアプリデザインで特に気をつけるべき点

iOS とAndroid の違い クロスプラットフォームのアプリデザインで特に気をつけるべき点

私が一番最初にAndroid アプリをデザインしたのが2016年の初夏頃で、その頃はまだiOS・Android とデザインが違うのが主流でしたが、2021年現在のアプリはiOS もAndroid もプラットフォームごとの細かな違いはあれどほぼ同じデザインが主流となっています。 これは2016年の10月にAndroid APIがBottomNavigationView に対応してからじわじわ浸透していった変化だと考えているのですが、その辺の歴史の話は省略します。プラットフォーム

スキ
695
デザイン初心者でもわかる!Material Designのまとめ✨

デザイン初心者でもわかる!Material Designのまとめ✨

ももやんです。今回はGoogleのMaterial Design(マテリアルデザイン)について簡単にまとめます🐶 Material Designの大きなテーママテリアルデザインは、光の反射の仕方や影の出来かたなど、現実世界の法則を取り入れたガイドラインです。紙とインクをベースに考えられており、UI上には階層が存在しています。 🌟SurfacesUIを構成しているコンポーネントは「Surfaces」と呼ばれています。Surfacesは紙をベースに考えられています。そのため、

スキ
15
What's new in Material Design のセッションメモ

What's new in Material Design のセッションメモ

↓のセッションのメモです Material Designの基本的な考え方・一貫した DX を構築するためのデザインシステムで、2014 年にリリース ・Google のプロダクトはこのデザインシステムをベースにデザインしている ・Google 以外のブランドでも機能するように拡張したが、満足せずに常に変化すべきと考えている ・Material Design を大幅にアップデートしてさらに統一された、適応性のあるシステムとして Material Theming を 2018

スキ
20
Google I/O 2021 デザイン関連直前ガイド #io21jp
+3

Google I/O 2021 デザイン関連直前ガイド #io21jp

今年最初のnoteです。世の中の状況はまったく収まりませんが、世の中は粛々と進んでいる… さて、ぼーっとしていたらもう2021年も5月半ば、残り約半年、早っ! 2年前だったらウェ~イ!とかサンフランシスコの強い日差しの中、太陽を満喫している時期ですが、今年のGoogle I/Oは世の中の様々なイベント同様にオンラインでの開催です(あれ?去年あったけ?) 今年は5/18(火曜日)〜5/20(木曜日)の開催(日本時間だと5/19(水)2:00AM 〜5/21(金)です!)で、

スキ
39
ソフトウェアにおけるUIサウンドをデザインする時に考えるべきこと

ソフトウェアにおけるUIサウンドをデザインする時に考えるべきこと

アプリやWebサービスのUIデザインを行っていると、サウンドが必要になることがしばしばあります。 多くの場合、外部のサウンドデザイナーに発注することになるかと思いますが、その際どのように発注すべきかを抑えておいて損はないと思い、ここに書き留めます。 ※ここで言うUIデザイナーは、主にアプリやWebサービスなどのソフトウェア開発に関わるUIデザイナーを指しており、ゲーム制作や機械製品に関わるUIデザイナーではありません。 UIサウンドとは UIサウンドは聴覚を使った非言語

スキ
2
#デザインシステム の現状  // The State of #DesignSystems 2020 by @materialdesign
+12

#デザインシステム の現状 // The State of #DesignSystems 2020 by @materialdesign

すっかりnote放置してしまってましたが、今年は子どもの受験対応もあって気がついたらあっという間に時が経っていました。2020年もあと数日で終わり(汗) それはさて置き、Material DesignブログでThe State of Design Systems: 2020という記事が先週(2020/12/16)公開されてましたのでざっと日本語にしてみました。 ※ 概要だけ訳すつもりが気付いたら全訳になってしまいました😁 訳が変なところは気がついたら直します(たぶん)

スキ
114