BRICs

ブラジルのルラ元大統領が供述: BRICSは米ドルを攻撃する為に創設された

COBRAの2019年9月5日の記事「2020年」で紹介された記事「Lula Admits, BRICS Was Created As A Tool Of Attack Against The US Dollar」を途中まで翻訳しました。翻訳料は無しです。

"現時点では地上の85%がまだ闇の勢力下にあります。

イエズス会の東部同盟への潜入計画はかなり成功しています。

(ロシアは別として)全B

もっとみる

その国はどうやって急成長したのか[BRICs]

最近、中国の急成長が著しいですね。

電子機器はほとんど中国製の廉価版が出ていますし、その品質も十分使えるものです。もはや、中国製の製品が劣っているという印象も最近はなくなりつつあります。例えば携帯電話の「Huawei」は現在は好んで使う人もいます。

急成長している国は中国だけではありません。インドやロシア、そしてブラジルも急成長しています。これらの国をまとめて「BRICs」といいます。

BR

もっとみる
励みになります!よければフォローもお願いします。
2

超高層マンションと世界経済、ラストはおもてなし。

最近超高層マンションが増えたなあ。

広告でも億単位が当たり前の相場なので、そんな物件を買える金持ちなどがいるのだなあと思う。

我が街にも超高層マンションはある。

駅も近くて免震構造は当たり前。

最上階に住む者は庶民が行き交う街を見下ろし、まさに経済戦国時代の城の天守閣の主だ。

タワマンなんて部屋の値段も建物の高さも高いだけじゃねえか。いちいちエレベーターを待つのも面倒だ。なにが「コンシェ

もっとみる

米利上げが進む中、新興国は大丈夫?

新興国債券の償還が大きいと言う新聞記事で、あらためて「新興国は大丈夫か?」という質問をよく受けます。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO33850800W8A800C1MM8000/

国によって状況は違いますが、調子のよくない新興国から悪くない国に問題が伝染して通貨危機になる可能性は低いとみます。

いわゆるBRICs、つまりブラジル、ロシア、インド、中

もっとみる

ニュー・アトランティス:時代のマスタープラン その7(最終回)

COBRAの2017年1月5日の記事"New Atlantis"で紹介された"The New Atlantis: Master Plan of the Ages"を翻訳しました。長いので別けて翻訳してまいります。翻訳料は300円です。

元記事: http://cosmicconvergence.org/?p=13901

前回: その6

もっとみる