魔の10月

私は四季の中で秋がもっとも好きな季節だ。

最近はクリスマス時期もイルミネーションが好きで、ひきこもりの私も積極的に外に出たくなるくらいだが、それでも秋が一番好きといえるかもしれない。

ハロウィーンの装飾も可愛くてとても好き。
自分としては、黄色やオレンジは好みではないのだが、この時期になるとそんな色味も愛しく思える。

肌寒くなった海、汗ばむことのない風が心地よくて、夕方の海を見に行きたくなっ

もっとみる
頑張ってるあなた、少しお休みしましょ
40

10月のふりかえり

 徹夜明けからそのまま友人に会った。

 間違えて特急の電車に乗った。

 きらきらした硝子を見た。

 寒くて眠くてずっとぼんやりしていたことを申し訳なく思いながら家に帰り、かなり増えた体重に少しだけ驚いた。部屋の床で目が覚めたときにはハロウィンも勝手に終っていた。

 そんな最後の日だったしそんな最初の日だ。

10月をどうすごしたか 〜忙しいを出来ない理由にしないために〜

子育てや家事、仕事を頑張るママパパを応援するパワフル母さんあおです。いつも読んでいただきありがとうございます。

10月も今日で終わりですね。どんな1ヶ月を過ごしたのか?

仕事が予想以上に多忙になり、平日はバタバタ、土日は子供の誕生日や子供の予定などで忙しい1ヶ月を過ごしました。

忙しい日々で10月の目標はクリア出来たのか?

10月の目標

Gift「愛情の土台をギフトします。」心を寄せ、言

もっとみる
ありがとうございます
3

10月の人気だった記事まとめ

今月紹介した本は41冊。

数冊まとめて紹介したり、一冊だけで紹介したりと、試行錯誤の一ヶ月であった。

10月、実際に反響の多かった記事をまとめた。

学生を応援する本

私は居場所がない学生だった。この二つの記事はもしそんな方が他にもいるならと私なりに書いてみた記事である。

ユニークな本

私の最終の目的は「本を好きになってもらうこと」である。

人生は必ず困る。
その時、本は必ず助けてくれ

もっとみる
本は人生を豊かにします♡
7

10月に別れを告げて

 秋の終わりはやっぱり別れで終わるのかと僕はしみじみと思った。隣の席の光子さんが今月限りで退職するというのだ。そのニュースを聞いとき密かに彼女を想っていた僕はショックのあまりその場に立ち尽くしたぐらいだ。このまま自分の気持を伝えずに別れて良いのだろうか。いや、いいのだろう。僕のなすべきことは彼女にはた迷惑でしかない自分の願望を伝えることではなくて新しい道を進む彼女を男らしく見送ることだ。だけどこの

もっとみる
愛…いただきました
15

【詩】 秋生まれ

23の秋に死にそこなったと思ってた
そこから始まったんだねと誰かが言う

目覚めなければ死んでいた日を
私の2番目の誕生日と母が呼ぶ

車の事故のニュースを聞くと
生きててすみませんと思えた
たいていは皆助からないのに
生き残ったのが申し訳なくて

何年も何年も後の
北米で見上げる空

チューリップトゥリーが樫がイチョウが
赤や黄色やだいだい色で秋を創っている

天に広がるパレットで
かかれた絵画

もっとみる
はげみになります。
67

楽しかったなあ10月

毎週イベントがあって楽しかった10月。最初の週は、高校生の頃にちょっと好きだった人に急に誘われて初デート。次の週は、県北のほうへ遠足。これは月末に子供たち向けに行うハロウィンプロジェクトの準備の為。その次の週は、バイト先(スーパーのレジ)のお客さんに誘われて、水族館デート。その2日後に最初の週にデートした高校の同級生と2回目のご飯。その次の週は内定先企業の方と面談をして、週末には念願の鬼滅の映画を

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます。
5

チャレンジしよう

子育てや家事、仕事を頑張るママパパを応援するパワフル母さんあおです。いつも読んでいただきありがとうございます。

10月も今週で終わりですね。どんな10月を過ごしましたか?今週で終わりですが、まだ後6日もあります。

迷っている事、思い切ってチャレンジしてみるのもいいかもしれませんよ。

これまで、いろんなことに挑戦してみたいと思いながらも、諦めあの時やっておけばよかったな〜と思うことがいくつかあ

もっとみる
嬉しいです
10

僕が思う「10月」。

「4月といえば新生活!」、「12月といえばクリスマス!」、のような月ごとの印象というものがあろう。

では今月10月は皆さん何を想像するであろうか。
「ハローウィン」、「衣替え」といったような声は多いであろう。
もちろんそれは正しい。

だが僕の10月の想像は全く違う。
「10月」と聞くとそれ以上にパッとに浮かぶものがあるのである。

それは何かというと、、、、、

「過去問スタートの月」である。

もっとみる
あなたの人生の些細な一助になれれば、と思います!
4

あなたとわたし

10月某日 晴

あっという間に今月もあと一週間。

今月も濃厚な1ヶ月だったなぁ。

数ヶ月前までは、人間不信人見知りマックスの日々を過ごしていたけれど

個展や作品を通しての人との関わりだったり(生の声の浸透率すごい)

普段出会わないような人達とのコミニュケーションだったり

人と関わる事で出来てしまった傷は、人と関わる事で癒されていくのだな、、、

と感じる日々でした。

そして、誰かと関

もっとみる