麒麟がくる

every story

なんだか早い歌いおさめだなあとの物足りなさはありますけどね。
でもとにかくいい夜に終始できました。ヒアカム128、ご参加のみなさまありがとうございました!!


ようやくひと息の本日、その丸々半分を消し飛ばす爆睡点穴。無理もあるまい(笑)

Set List 20.11.28 Rooster Call@仙台enn 3rd
1.青写真
2.巌流島
3.百面相曰く
4.うまいぐあいに通り雨
5.とわの

もっとみる

日記 -麒麟がくる- 2020*11*30

麒麟がくる、第34話。信長の比叡山焼き討ちからドラマは始まる。女、子供も構わずに皆殺しにしろという命令。光秀が信長についていけなさそうな描写が入る。もう歴史は決まってて本能寺の変までどうやって光秀の気持ちが動いていくのか。この麒麟がくるでどう描かれるのか楽しみだ。
松永久秀が言ったセリフで「信長と将軍の義昭は合わない。いつか袂を分かつだろう。信長は全てを壊そうとする。将軍は守ろうとする。信長のやり

もっとみる

335/366 【帝怖い】 大河ドラマ 「麒麟がくる」 第34話

戦の前は易を立てることにしておる

久秀との会話の中でこのフラグを仕込むって、凄くないですか?!しかも今井宗久の館でw

乱世の最中とあって、人の考えもコロコロ変わるし、それを察知するにも時間がかかる。デマも流言もある。そうなったら最後に頼れるのは易しかない。

今の所、十兵衛には「右腕」と呼べるような人はおらず、ましてや助言者などどこにもいない。(強いて言うなら、さゆりママ?)まさに道を教える者

もっとみる
ur da best
18

サブカル大蔵経359半村良『産霊山秘録』(祥伝社ノンポシェット)

「麒麟がくる」を観ていると、半村良の本書を思い出します。光秀の真の姿。

〈ヒ〉の一族の時空を超えた物語。

光秀、天海、高虎、一豊、龍馬、新撰組。大河ドラマは〈ヒ〉がお好きかも。

半村の〈伝奇〉は風太郎より乾いている。月まで行くのが半村流か。

比叡も日吉も古訓はひえである。p.30

 焼き払われた比叡山。その後に現れると日吉丸。聖なる数珠つなぎ。

光秀は何か巨大なものに裏切られた気がして

もっとみる
ありがとうございます。
3

『麒麟がくる』第34回 焼討ちの代償

先週ようやく最新話まで追いついたので、朝9:00からのNHK BS4Kの朝麒麟を視聴して、イラストを描いてみました。

で、NHK総合の本放送終了後にTwitterに予約投稿するというのを一度やってみました。

いやぁ、ほんとに面白い。『半沢直樹』ばりに顔芸ラッシュなので、描きたいシーンが山ほどあります。

その中から厳選して、イラストを描いてみました。

だんだん、こういう感じであればマンガも描

もっとみる

人生は一度きり。だけど進む道は一つじゃない。



人生は一度きりだけど進む道は一つじゃない‼️
英文で書いてみました✨
道は自分で創るもの👍

商品詳細、着画画像の方myホームページかsuzuriさんからチェックお願いします🤝

https://suzuri.jp/STICKTOBELIEF/5539919/hoodie/s/white

https://sticktobelief.amebaownd.com

わからない事は気軽にメッセ

もっとみる

視聴記録『麒麟がくる』第34回「焼討ちの代償」2020.11.29放送

<あらすじ>

残虐極まりない比叡山の焼き討ちを目の当たりにした摂津晴門(片岡鶴太郎)は、将軍・義昭(滝藤賢一)にもう信長(染谷将太)と手を切るべきだと進言。大和の松永(吉田鋼太郎)と筒井順慶(駿河太郎)の内戦に加わり、筒井側につくことで、信長の後ろ盾のある松永と対立しその立場を表明すべしと迫るのだった。光秀(長谷川博己)は、娘の治療で訪れた東庵(堺 正章)の診療所で、駒(門脇 麦)から、義昭は筒

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
3

麒麟が来るより逆に鬼が来てしまったのかもしれないと思う自分もいて、やはり麒麟が来て欲しいと願ってしまう自分がいるのであった。

ありがとうございます❤️
2

麒麟がくる第33話の演技をほめてほめてほめまくる!【この演技がスゴイ!】

#麒麟がくる #この演技がスゴイ
毎週【水曜】【木曜】【金曜】更新!
演技という芸術をもっと身近に感じてもらうためテレビの連ドラの演技から素晴らしい演技、役者さんをほめてほめてほめまくる動画です。
【チャンネル登録】【good】【コメント】お待ちしております!
http://www.youtube.com/channel/UCkQFpEU9gyx4ajRXY6N9vgQ?sub_confirmat
もっとみる

明智光秀の肖像

今年の大河の顔、明智光秀。

本能寺の変で主君・織田信長を討ったイメージから、その肖像画はいかにも怨念の塊のように感じられる。

しかし、意外と理知的で文人としての顔もあったと知ると、同じ肖像画でも気品のある感じがしてくるから不思議だ。

『麒麟がくる』での頭脳明晰な活躍ぶりは、もはや明智'小五郎'と言っても過言ではない。

 

では、なぜ光秀は信長を討ったのか。

今もって議論は尽きないが、結

もっとみる