陸屋根

バルコニーやベランダの防水とキューブ型住宅の屋根

バルコニーやベランダの防水とキューブ型住宅の屋根

家の点検をしていただいた時、ダイワハウスのメンテナンス担当さんと雑談になりました。 バルコニーやベランダ、築10年ぐらいで防水機能が切れてしまうそうです。 この時、数万円程度の防水工事を行わないと、バルコニーやベランダからの雨漏りが1階部分に到達するとか。 数万円程度で終わる防水工事、1階の天井が駄目になったら、大規模なリフォームが必要になることもあるそうです。 我が家にはバルコニーやベランダはありませんが、面白い話だったので記事のネタにすることにします。 問題はここから

スキ
10
014 近代ドイツの屋根論争からみる近代建築思想とその展開について

014 近代ドイツの屋根論争からみる近代建築思想とその展開について

最左写真より①〜⑤ ①DEUTSCHE DIGITAL BIBLIOTHEK より引用「Haus am Horn」 1973 年撮影 ②DEUTSCHE DIGITAL BIBLIOTHEK より引用 「Großsiedlung『OnkelTomsHütte』」1948 年撮影 ③『DER BAUMEISTER 1928 Heft.2』より引用 1927 年撮影 ④DEUTSCHE DIGITAL BIBLIOTHEK より引用「Wohnhaus der Gagfah-

スキ
3
陸屋根(平屋根)と勾配屋根の太陽光パネルを観察する

陸屋根(平屋根)と勾配屋根の太陽光パネルを観察する

太陽光発電パネルを設置する場合、は陸屋根(平屋根)と勾配屋根のどちらが有利なのでしょうか? 接地面積だけを考えたら、なんとなく陸屋根が有利に思えます。 陸屋根で心配するのが、耐久性と将来的なメンテナンス費用です。 どちらも時間が経過してみないと判断できないのかなと思います。 陸屋根を観察してみて気がついたことがあります。 大雪が続いた場合、天候が回復しても陸屋根には雪が積もったままの場合があります。 勾配屋根の場合、落雪しない金具を屋根に取り付けていても、太陽光パネルの

スキ
16