鍋島家

【百年ニュース】1921(大正10)6月18日(土)  旧肥前佐賀藩主の鍋島直大が死去,享年74。葬儀は神式で行い,鍋島家菩提寺の賢崇寺(元麻布)ではなく青山霊園に土葬された。喪主は嗣子の鍋島直映(48)。侯爵を襲爵し貴族院議員に就任。また葬儀は佐賀藩出身の大隈重信が取り仕切った。
+4

【百年ニュース】1921(大正10)6月18日(土) 旧肥前佐賀藩主の鍋島直大が死去,享年74。葬儀は神式で行い,鍋島家菩提寺の賢崇寺(元麻布)ではなく青山霊園に土葬された。喪主は嗣子の鍋島直映(48)。侯爵を襲爵し貴族院議員に就任。また葬儀は佐賀藩出身の大隈重信が取り仕切った。

旧肥前佐賀藩主の鍋島直大が死去しました。享年は74歳でした。葬儀は仏式ではなく神式で行いました。また墓も、肥前佐賀藩鍋島家代々の菩提寺である賢崇寺《けんそうじ》ではなく、青山霊園に土葬されました。喪主は直大の嫡男、鍋島直映。当時48歳でした。この直映が鍋島藩第12代当主となると同時に、侯爵を襲爵し貴族院議員となりました。葬儀を取り仕切ったのは佐賀藩出身の重鎮、大隈重信でした。 この鍋島直大の死去により、幕政時代の旧藩主で存命なのは旧安芸広島藩主の浅野長勲ただ1名を残すのみと

スキ
2
【新宿区・中野区】中野長者伝説巡り
+14

【新宿区・中野区】中野長者伝説巡り

中野区による中野長者伝説を今回は「東京時層地図」とともに追ってみました。引用文は中野区のホームページによるものです。 今は昔、応永の頃(1394~1427)、紀州熊野から鈴木九郎という若者が中野にやってきました。九郎はある日、総州葛西に馬を売りにいきましたところ、高値で売れました。信心深い九郎は仏様の功徳と感謝して、得たお金はすべて浅草観音に奉納しました。 さて、中野の家に帰ってみたところ、我があばら家は黄金に満ちていたのです。観音様のごほうびでした。それから九郎の運は向

スキ
5
鍋島茂治公 〜たっちゅうさん〜 第一章

鍋島茂治公 〜たっちゅうさん〜 第一章

第一章 タッチュウさんの墓  塩田町久間に小高い丘がある。附近はこんもりと木が繁っている。その丘の上に俗にいう「タッチュウさんの墓」というのがある。一つの供養塔が由緒ありげに立てられている。正保二年三十三回忌と刻んである。すでに三一八年(昭和三十八年より)を経ているから、相当に旧いものであることが分かる。ただタッチュウさんの墓と呼ばれているだけで、どういういわれのものか、識者にも里人にも正確には、知られていなかった。  さて、「タッチュウ」という文字は漢字では、(イ)館中、

鍋島茂治公 〜たっちゅうさん〜 序章

鍋島茂治公 〜たっちゅうさん〜 序章

序及梗概  鍋島助右エ門茂治公は、今の佐賀県藤津郡塩田町の久間(古記録には「久摩」ともあり)城主であって、鍋島弥平左エ門信房の二男として戦国時代に生を亨け、龍造寺隆信公とは義理の甥に当たり、父信房公と共に活躍し、島原沖田原の戦で原家一族討死するや、久間城主として藤津軍士の総帥の父信房に従い、久間領を治め、或いは神代の城番となり、遠く挑戦の戦に従軍し、佐賀本軍のために大いなる勲功を表わし、また加藤清正公の苦難を救うなど、幾多の軍忠は抜群にして、人となり武勇・着実・剛毅・正義を

スキ
1
【百年ニュース】1920(大正9)5月30日(日)渋谷の鍋島家農園で東洋婦人会主催の茶話会を開催。鍋島直大夫人栄子は東洋婦人会会長。松平恒雄夫妻はじめ華族や朝鮮台湾女子留学生ら50名程が初夏の陽気のもと集う。鍋島直大は佐賀藩第11代(最後)藩主。翌1921(大正10)年6月没。

【百年ニュース】1920(大正9)5月30日(日)渋谷の鍋島家農園で東洋婦人会主催の茶話会を開催。鍋島直大夫人栄子は東洋婦人会会長。松平恒雄夫妻はじめ華族や朝鮮台湾女子留学生ら50名程が初夏の陽気のもと集う。鍋島直大は佐賀藩第11代(最後)藩主。翌1921(大正10)年6月没。

鍋島家は渋谷に広大な農園を保有していた。明治以降も渋谷は農村だったが徐々に人家が増え1909(明治42)豊多摩郡渋谷村から渋谷町に昇格。鍋島家は1923(大正12)関東大震災で永田町本邸被災したため渋谷農園を本邸とし移り住んだ。現在は松濤中学校はじめ高級住宅地となっている。鍋島松濤公園に名前残す。

スキ
2
連載小説「李王家の縁談」#16 |林真理子

連載小説「李王家の縁談」#16 |林真理子

【前号まで】 昭和十二年(一九三七)からの戦争は、終わるどころかますます激しくなっている。それでも人々は日本の勝利を疑わなかった。迎えた昭和二十年五月二十四日。けたたましいサイレンがB29の襲来を報せたその晩、伊都子が暮らした気品溢るる七百坪もの梨本宮邸は、戦火にのまれていったのだった。 ★前回の話を読む。

スキ
7
連載小説「李王家の縁談」#15 |林真理子

連載小説「李王家の縁談」#15 |林真理子

【前号まで】 昭和八年(一九三三)十二月二十三日、東京にサイレンが鳴り響く。天皇家に世継ぎが生まれたのである。待望の男児誕生に日本中が万歳三唱の声を合わせた。歓喜に身を浴しながらも、かつて娘を朝鮮の王世子のもとへ嫁がせた梨本宮伊都子妃は、朝鮮、中国と日本との関係悪化の報道に触れ、戦局を案じていた。 ★前回の話を読む。

スキ
9
連載小説「李王家の縁談」#14 |林真理子

連載小説「李王家の縁談」#14 |林真理子

【前号まで】 昭和六年(一九三一)十二月。梨本宮伊都子妃の娘方子のもとに男の子が生まれた。方子とその夫李垠は彼を玖と名付け、「二十九代の李王家の王」の誕生を心底喜んだ。翌年、方子の義妹徳恵のもとに女の子が生まれる。よろこびごとの続く伊都子の心に、精神病を患う徳恵だけが影を落としていた。 ★前回の話を読む。

スキ
5
連載小説「李王家の縁談」#13 |林真理子

連載小説「李王家の縁談」#13 |林真理子

【前号まで】 昭和六年(一九三一)。梨本宮伊都子妃の娘方子の夫である李垠には徳恵という妹がいた。母親の死に心を病み、「早発性痴呆症」と診断された徳恵だったが、美しく誠実と名高い宗武志と結婚。新居への引っ越しも済ませ、順調な新婚生活を送るかに思えた。しかし、再び奇行を見せるようになってしまう―― ★前回の話を読む。  新婚旅行ともいえる対馬への訪問で、徳恵(トケ)は異常な行動をみせた。  新婚の夫が懐かしい人々と歓談している最中に、突然やってきて、ずっと笑い続けていたとい

スキ
17
連載小説「李王家の縁談」#12 |林真理子

連載小説「李王家の縁談」#12 |林真理子

【前号まで】 昭和五年(一九三〇)。佐賀藩主の鍋島家から梨本宮家に嫁いだ伊都子妃には娘が二人いた。長女方子は夫李垠と目を見張るような邸宅を建て移り住み、次女規子のもとには愛らしい赤ん坊が生まれた。喜びごとが続く中、今度は李垠の妹徳恵のもとへ縁談が舞い込む。曰く、「どんな娘でも心奪われる男」― ★前回の話を読む。

スキ
10