独女茶会 tearoom.1 「不倫サレた女と不倫した女の話 (1)」

彼はあの時、確かに言ったのだ。
「子はかすがいって言うしね」
 ワインの入ったグラスを持ったまま薄ら笑いを浮かべ、私に向かって確かにそう言ったのである。
 感情の宿っていない瞳を細めて笑い、白い歯を見せて笑う爽やかな笑顔。
それが私の目には黒く、そして怖くも感じた。

*   *  *

「なるほど。で、子はかすがいってどういう意味? そこでそれを言ってどうなるの?」
 私は口に含んだアイスコーヒ

もっとみる

第十五回 (秋になれば)オグロヅルが舞う渓谷プブジカ。日本の○○を発見!

こんにちは!

今日はブータンの ”プブジカ”という村を紹介しますね。

表紙にもあるように、プブジカはとても開けたエリアなんです。

ブータンはヒマラヤの中の国なので、こうやって開けた景色を見るのは

本当に本当にレアなんです。

赤いシャツは、毎朝お茶を寝床まで持ってきてくれる、優しい義理の弟くんです。

このプブジカには、毎秋オグロヅルという鶴が来て、冬を過ごしてまた去っていくそうです。

もっとみる

第十四回 フィンツェリン後編 都会風→地元の暮らし (ハマったお菓子とバウチャーの話付き)

こんにちは!

前回はブータンの南の街、フィンツェリンをご紹介しました。

今日はその続編です。

フィンツェリン滞在中は・・・

『ブータンにもこんな街があるんだー!』という驚きの連続。

これは車からの景色なんですが

街の向こうに、ひろ~~~~い草原が広がっていました。

山岳地帯なのでこういった平野がとてもレアなんです(笑)。

そして主人のお父様が昔働いていたという工場エリアには

ペプ

もっとみる

第六回 ブータンの台所 二階建てファーマーズマーケット (果物は神聖なホーリーウォーターで洗う!)

こんにちは。

今日はブータンの首都ティンプーのファーマーズマーケットを紹介です。

お肉、野菜、フルーツ、お米、粉類、なんでもそろうティンプー。明日から田舎へ帰る、という時はここでまとめ買いです。

特に村の人たちはお肉を食べる機会があまりないようなので、主人はお肉を買っていきます。

ティンプーのファーマーズマーケットはコンクリート二階建ての建物で行われています。

いい全体写真がなくすみませ

もっとみる

第五回 ブータンで食べる老舗ベーカリーのお気に入りチョコレートケーキ!

こんにちは!

先日久しぶりにブータンがテレビに特集されていました。テレビ東京の番組で、百円ショップのアイテムをブータンに持っていったら何が喜ばれるか?という内容でした。

ブータンへ帰省する時は100円ショップでお土産を購入します。女性にはお化粧する時のお役立ちアイテムが鉄板。しかし彼らが求めるのは「日本製」。MADE IN CHINA と書いてあると少しがっかりされてしまいます(笑)。

**

もっとみる

第三回 ブータンの伝統建築とカラフルな建物たち!(助手席からの景色)

こんにちは。

過去の記事はこちら↓

第0回 はじめまして(私がこれから書くことです)

第一回 ブータンの玄関口、パロ国際空港はすでに標高○○○○メートル。

第二回 とりあえず空港のお外でティータイム。(こぼれ話付)

今回からは早速ブータンの町や村へ繰り出します!

助手席からの写真で失礼します。こちらに写っている道は街中で、コンクリートで舗装されています。明らかに一台しかすれ違えない橋の

もっとみる

第一回 ブータンの玄関口、パロ国際空港はすでに標高○○○○メートル。

ブータンの空港の話です。 

まずブータンは中国とインドに挟まれた人口約70万人の小さな王国です。ヒマラヤの山々に囲まれているため、電車などの公共交通機関は発達していません。

つまり自分一人で行って地図を見ながら歩いてみる、困ったらタクシーを捕まえてみる、なんていうことはできません。ではどうするのかと言うと、ガイドさんがガイドさんがアテンドします。

ブータン王国へ行くには、まず旅行会社へ問い合

もっとみる

ハイチーズ王国 王妃

王妃は土の匂い、木々の幹、枝葉、花びらや茎の香りが大好きです。
ツヤツヤと光る銀色の髪を上品にアップして淡いブルーの小花を挿し
部屋には新鮮な花ばなを絶やさず配置して
部屋のどこにいても花を愛でる事が出来ます。

王妃自身もまるで美しい一輪の花のようで
王妃が静かに歩くだけで緑豊かな香りが漂うのでした。

色々な土地の植物や花の集まる城内の庭園はお気に入りの場所。
ふくふくとした香りを楽し

もっとみる

国土

ハイチーズ王国の土地は、東西に長く広がる形状になっています。

一番東のはずれに位置する場所に「エメンタール城」があるのですが
とても高い位置に建てられている為に小さな妖精達は全体を見上げる事もできないほどです。
そのお城をてっぺんに、ウエディングケーキのような円状の土地が段々になり
それぞれの土地が城下町やオーガニッコ畑など利便性よく配置されています。

北の大地と呼ばれる場所は、風が強

もっとみる

ケナガオオワシ

妖精界の鳥。体長173センチ。

全身の羽根がおそろしく長いため
目を探すのも難しいがいつも微笑んでいるような優しい目をしている

自分の子供を持てない運命

そのせいかどうかはわからないが
とにかく小さな者や生き物を見つけると放っておけず
すぐ巣に持ち帰り暖めて世話をする
その為、帰宅を急ぐ旅人(得に小人妖精)は何日もかけて
苦労して巣から下山しなければならない。

これまでケナ

もっとみる