負のエントロピー

非適法的◯◯のエロティックな誘惑

非適法的◯◯のエロティックな誘惑

この世の中には様々な相反する価値があるが、一方は「日常」的な属性を帯びており、他方は「非日常」の属性を帯びているとすると、非日常的な空間や場所に行けば、また非日常的な行為を行う/目の当たりにするなど、日常と非日常の落差にエロティックな魅力があることに人々は気づくわけです。 ただ、注意しなければならないことが、私たちにとって非日常の世界が、ある人にとっては日常であるということは自覚しておくことは道徳的に必要になるでしょう。 僕は非日常を生み出すために日常的なものに制限をかけて

限界を超えた先にある、“負”の世界

限界を超えた先にある、“負”の世界

こんにちは。 Parole編集部です。 私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。 本日は、先日の「負のエントロピー」のお話に続いて、具体的に、負のエネルギーを使いことなすとはどういうことか?というテーマで、お話がありました。 私たちは通常、自分のイメージできる範囲や、「だいたいこれくらいが限界」と、無意識に決めている枠があって、意識しない限り、なかなかその限界を超えようとはしない傾向があります。 しかし

11
200
“祓い”は、負のエントロピーに通じる!?

“祓い”は、負のエントロピーに通じる!?

こんにちは。 Parole編集部です。 私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。 本日は、エントロピーの概念についてのお話がありました。 熱力学においても最も重要な概念であると言われており、熱力学、量子力学、生命科学の分野でも議論されているのみならず、昨今は映画の主題にもなったことで、改めて注目を集めています。 (※先日ご紹介した、こちらの記事でもエントロピーについて、触れています) また、エントロピー

16
200
Q:外部不経済の対はどれか

《外部経済・内部不経済・無関心・脱経済》

A:「損害を賠償し、感情を買収、内部化すること」
すなわち「合法的侵略」~「経済成長」

『裁判で済むなら感情はいらない』
『経済システムはやったもん勝ち』
『ごめんで済まないことはいやだ』

Q:外部不経済の対はどれか 《外部経済・内部不経済・無関心・脱経済》 A:「損害を賠償し、感情を買収、内部化すること」 すなわち「合法的侵略」~「経済成長」 『裁判で済むなら感情はいらない』 『経済システムはやったもん勝ち』 『ごめんで済まないことはいやだ』

5