表現の不自由展・その後

「あいちトリエンナーレ」に行ったら、「表現の不自由展・その後」に入れた話。

タイトルの通り、なんとも運良く「表現の不自由展・その後」の作品群を、その限られた時間の中で見てきた、わたしです。
名古屋について、まず最初に抽選のリストバンドをもらい、「あいちトリエンナーレ」に出展されている作品を見ながら、時間が来たので公式サイトで番号を確認したら、すんなり当たっていました。すんすんです。

同意書を書きました。不自由展はあいちトリエンナーレの会期が終了するまで、写真も動画も投稿

もっとみる
スキと言われて喜ばないわけがない!!!
1

美術・音楽の授業は「プレイできなかったしょんぼり」しか残らなかったけど、アートを楽しむのにそんなことは関係なかったこと。

知人の下記ツイートを受けてつらつらと返事をしていたら、アートについての個人的体験を書いていました。

味の開拓者たちが様々な手法や材料を駆使して料理界と我々の新たな価値観や味覚を開拓してきたように、アートにもそれが(議論はされながらもお互いが試行錯誤し)許容されてもいいじゃないか。それが私たちの心を豊かにしてくれると願いながら。
って感じました。

本当に料理もそうですね。

料理って、その国や土

もっとみる

「表現の不自由展・その後」再開

表現の不自由展が再開される見通しになりました。

展示再開については裁判所との和解によるもので大村知事もかかわっています。

8月に脅迫による中止騒動があった「 #表現の不自由展・その後 」のお話です。

非常に難しい問題です。

自分も法学部で勉強した人間ですから、憲法の歴史的背景から考えると大村知事の主張は間違いではないというのは理解できます。

ただそれで県民の理解が得られるのかというところ

もっとみる
超大吉✌️もっともっとスキになりますように🤗
2