行政学

0420:やくみん覚え書き/モデルな人々

 小説「やくみん! お役所民族誌」に登場する組織や人物には、モデルがある。私の知る組織であり人々だ。もちろんモデル=祖型であって、守秘義務や人格の尊重、さらにはエンターテインメントとしての「盛り」などの様々な観点からコントロールしている。複数の人の特徴を混ぜていたり、まったく想像でそれらしく書いていることも多々ある。  澄舞大学は、私が役所から内地留学派遣され修士号を取得した母校をモデルとしている。発表した原稿の範囲では、文化人類学の入華陽染(いりはな・ひそむ)教授と石川耕

スキ
3

0380:行政と科学

 世界銀行が2018年の世界ビジネス環境ランキングで中国を格上げする不正操作を行っていた問題。  政策科学という言葉がある。私は門外漢だけれどもイメージとしては、従来の行政学が現にある行政の有り様を観察対象としてその力学を明らかにする政治学の一種であるのに対して、政策判断について客観的数値と合意形成過程の人間的反応の双方を見据えた、基本的にエビデンスベースドの政策決定論なのかな、と思っている(どなたか識者、補足ぷりーず)。  公的機関が発表する数字は、社会に与える影響が極

スキ
4

官僚制論について学ぶ

官僚制論について、学ぶ。このテーマだけでも、相当、勉強になるなあというのが感想である。色んな学者が色んなことを言ってるし、色んな調査をしているんだなあと思いました。 【PR】お買い物セレクトモールPRO→アマゾン・楽天市場・ヤフーショッピング・PayPayモールでのお買い物やスタサプなどの各種サービスに興味がある方は、ぜひご利用ください。ここからのリンクを介して買い物やサービスの加入やクリックなどがありますと、私に売上の一定割合や報酬が入ります。申し訳ないのは、利用して頂い

スキ
3

2022年合格目標[地上]/行政学/V問リスト/第6回目

2022年合格目標[地上]/行政学/V問題集リスト/第5回

2022年合格目標[地上]/行政学/V問題集リスト/第4回

2022年合格目標[地上]/行政学/V問題集リスト/第3回

法はなくても行政は存在する──法治主義と行政裁量

 ちょっと専門的で堅い話だが、前回取り上げた「法治主義」についてさらに論じてみたい。 法律による行政の原理  「わが国の法運用の実態と“法治主義”」で述べたように、わが国では、公共的な目的のために必要な場合でも、行政機関は、個人の権利制限を伴う法を規定通りに正面から適用することはせず、行政指導という一見ソフトではあるが、国民が裁判で争うことが難しい手法を使って目的を達成しようとする。  そこには、権限を濫用しがちな行政機関に対する法の縛りが効いておらず、法の隙間を埋める広

スキ
7

電子投票と政治教育

先日、ニュースでつくば市の高校の生徒会の選挙で“ネット投票”の実証実験が実施されたと報じられていた。実にすばらしいことだ! https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000221785.html?fbclid=IwAR3T8dQlYMKgN9hM-719k_a5O34n4e1EILXLJuEjpD-9psqER3IS0oY6DLc ネット投票ないし電子投票については、早く導入して欲しいという声もあり、とくに若い世代

スキ
5

2022年合格目標[地上]/行政学/V問題集リスト/第2回