美術科教育

音の出る紙 20181115

可愛いよね。
「サウンドペーパー」。

シャカシャカ音するしね。
音聴きながらどのくらい削れてるか感じるんだよ。
彫刻刀もさ、切り出しもさ、カッターでもさ、音聴いてどんくらい切れる刃なのか、どんな質の木なのか、粘りがあるのか、硬いのか、乾いてるのか、ボロボロとこぼれ落ちるのか、木目がどうなんか、色々聴いて情報を得るんだよ。

という話をすると、「ほー」っていう顔して一手一手大事そうに神妙な顔して削

もっとみる
ありがとうございます一日救われた
10

美術教育の転換期、かも

美術科教育学会滋賀大会で滋賀大に行ってました。
今回強く感じたのは、美術観に関する世代間ギャップがいよいよ明確化され始めたなということです。多分、旧世代はそのことに気づいていなくて、イライラしてたり、お前らわかってないみたいな捉え方で終わってるのかなと。まだ、年配の先生たちに盲従するタイプは多いですよ、若い人でも。でもね、若い世代の研究が少しずつ変わりつつあるのが感じられ、それは喜ばしいと思います

もっとみる

学会でのこと 美術・科・教育・学の危うさ

静岡の学会ですごい場面があったので、備忘も兼ねて書いておく。

学会の理事を今年度から務めさせていただいているのだけど、美術科教育の研究を進めるうえでの倫理規定をきちんと学会で持っているべきだという議論があって、担当の理事が手続きを進めていた。理事会で提案の文面が示され、色々と文言や内容への指摘がされたものの、大筋では規定の整備は必要だよねということで、総会で倫理規定の制定について学会員に諮り、文

もっとみる