無認可保育園

無認可とインター

ここ最近、何かあったわけではないけど、不思議なくらい夫から心が離れてしまい

無意識のうちに、離婚したとしても自分の収入で通わせられそうな無認可園に入園届を出そうと心に決めていた

どうしてかは分からない

一人で夜泣き対応をしながら、貧血の体で仕事をして保活をすることの大変さを夫は知らない

だから、保活の進捗をあまり報告しなかった

見学後にどうだったか聞かれる事もなかった

母にだけ、次に入

もっとみる

拝啓 初めての保活中の皆様

保活について妊娠中の友人からアドバイスを求められ、実際に複数の保育園に通った経験が誰かの役に立ちそうだと感じたため、この記事でまとめた。

具体的には、区立認可、私立認可、無認可と3つの異なる形態の園に子供と通った。すべて個人の主観なので、そこはご理解いただきたい。

※投げ銭設定にしてみました。

※11/25追記しました。

※※※※

すんごい当たり前のことだけど、保育園選びで一番大事かつ譲

もっとみる

子供達の未来を真剣に考える

2人目の子供が生まれた時

区立の保育園に入れず、

生後4ヵ月の娘を無認可保育園に預けました。

無認可ですから

子供にとって条件が良いとは決して言えませんでした。

他に選択肢がなく、無認可保育園へ入園しましたが、

運よく、私立の保育園で空きが出て、

1か月で転園できました。

子供が生まれたら、できる限りよい環境を与えたい。

よりよい場所を選びたいと真剣に考えます。

とは言っても、

もっとみる
Thanks a million!
8

言葉は大切

なんでうちの子(私のクラスの子どもたち)は   こんなに大きな声で喋るんだろう……            子どもの話す声が大きくて悩んだことありませんか?

みんなに伝えるためには大きな声を出さないと伝わらないよ!                先輩保育者さんに指導されたことありませんか?

保育の仕事は元気な先生が1番!        そんなイメージがありますよね

一斉保育をしている保育者が 

もっとみる
スキありがとうございます!
1

支配者になっていませんか?

「○○したらダメって言ったでしょ」

「もう用意するのが遅いから連れて行けないよ」

「○○してって言ったでしょ?」

「何回言ったらわかるの?」

「座って遊びなさい」

「片付けしないならおもちゃいらないんだね」

「鬼さんくるよ!」

日々の保育を見直して反省していると、ついこのような言葉をかけているかも…っと思い当たることありませんか?

子どもたちにとって、保育者は優しくあたたかく見守り

もっとみる
スキありがとうございます!
2

保育園を作ろうと思ったら

公立、私立、企業主導型、施設内、、、

今や保育園は様々な形で作ルことが可能です

保育園を自分たちの手で作ろうと思った時

何が一番大切なのか

それは子どもが健やかに育つ環境です

と言いたいところですが

実際は

保育園がきちんと運営や経営されることなのです

そういったことを考えると

どうしても子どもの人数を確保すること

そして地域のニーズに応えることが

最優先になりがちになります

もっとみる

小学校入学前の私

私は小学校入学前からプライドが高くて、繊細で、気難しく扱い難い子供だったと思う。

お人形遊びやおままごとよりは、男の子達と戦隊モノのごっこ遊びや、庭遊びが好きだったと思う。

母は私の幼い頃のことはもう忘れてしまったようで、聞いても教えてくれないので
これは、うすらぼんやり覚えている私の記憶をもとに書いています。
なのでもしかしたら、事実と異なるかもしれません。

私は、はじめは白うめ幼稚園とい

もっとみる
フォローもしていただけると大変嬉しいです!
1

自己紹介

はじめましてこんにちは。

緑茶と申します。

今回、保活ブログを開設するにあたって、自己紹介は必須かと思い簡単に私自身と、経歴、開設の経緯、を簡単にお話していきますね。

経歴

わたくし緑茶は、夫と子ども1人の3人家族、都内在住時短ワーママです。

福祉系一般企業に勤めており、保育、介護、福祉の問題を痛いほど浴びている一兵卒の企業戦士です。
幼稚園教諭→保育士→保育系企業と、保育最前線で10年

もっとみる
待機児童よ無くなれ!
6

65歳以上新人保育士と実際に働いた経験とそれを通して思うところ

最近、「65歳新人保育士が突然解雇された」というツイートが話題です。この内容の細かいところは置いておくとして。この話題に関するコメントのなかに、私の目を引くものがいくつかありました。

「専門職である保育の仕事に、実習経験・実務経験なしの65歳を採用するという点についてどう考えるべきか。」

「保育や福祉関係の現場では、人手不足の結果、だれかれ構わず雇わざるをえなくなっている。その結果、専門性の低

もっとみる

「保活」という名の消耗戦

10月。
秋口、と呼ばれるこの季節は、私にとって、何ら不穏のない時期だった。

かぼちゃ味のスイーツを買ってみるハロウィン
ロンT1枚で出かける休日
読書の秋を言い訳に、ついつい多めに買う書籍
ちょっとだけ奮発する、夫の誕生日

ささやかながらに心地よい温度を守っていた私の10月は、産後、まったく知らなかった暗い顔を、新米母に突き付ける。

旧暦では神無月。
まさに神も仏もない、苦しく長い闘い

もっとみる
わたしもスキです^^
138