詩歩子 誹謗中傷で複雑性PTSD・解離性障害・発達障害 トラウマ治療のEMDRを受けています

発達障害の二次障害(誹謗中傷)で解離性障害と複雑性PTSDを発症し、10代の頃は3年間ほぼ入院していた。 現在、トラウマ治療のEMDRを受けており、一念発起して投稿することにした。 https://monogatary.com/mypage/post/story/1

詩歩子 誹謗中傷で複雑性PTSD・解離性障害・発達障害 トラウマ治療のEMDRを受けています

発達障害の二次障害(誹謗中傷)で解離性障害と複雑性PTSDを発症し、10代の頃は3年間ほぼ入院していた。 現在、トラウマ治療のEMDRを受けており、一念発起して投稿することにした。 https://monogatary.com/mypage/post/story/1

    最近の記事

    +6

    日向神話の原風景①

    スキ
    3
      • +21

        綾切子 ガラスアートの世界

        スキ
        2
        • 星神楽 イマージュした短歌

          星神楽 | 物語詳細 - monogatary.com Hoshi Kagura | 物語詳細 - monogatary.com 星を抱く少年 | 物語詳細 - monogatary.com 星朧メモリー | 物語詳細 - monogatary.com 月神楽 | 物語詳細 - monogatary.com ※下に行くにつれ、物語が進みます。 もちろん、短歌だけ読んでも構いません! 星朧とは春の霞んだ星のことです。 春の季語。 0348夜 『日本の星』 野尻抱影

          スキ
          8
          • 夜もすがら、少年独り彼岸花

             その彼岸花も母の声を聞いて眠りついているはずだ。  こんな怪しい夕暮れ時には、表面上での神隠しが必ず起こっているからね。  僕の瞳の奥には真っ赤な蝶が蠢き、喚き、堕ちていてコケテッシュな少女が僕を誘い、死の微笑で出迎えている。  僕はこんなときにサーカス小屋の隅にいる道化師のような馬鹿な真似をしたくはないのだ。  ゆっくりと赤い下着を脱ぎ、未熟さに酔いつつも可憐な白い皮膚を照らしている少女。  この毒々しさと初々しさに混ざり合う究極の美しさは、どうやって表すことができるの

            スキ
            9
            • もう、紫陽花も枯れたのか……

              恋紫陽花 錦鯉にほだされて僕は求愛する小さな金魚 梅雨の闇 露草僕は愛を告げ、蔦の絡まる古い屋敷で 敗走の構図と洪水 硝子割る 私は私をリンチしている コスモスの種を蒔いた僕の愛 君は知らない、残酷な世界を 梅雨の星 風鈴売りの言の葉はフルーツポンチの甘味にも似て 紫陽花のドライフラワー少女期の不運な構図に私は嗤う 風刺画に僕の寝顔を描かれて猫も眠る遊郭にて キー叩け、見知らぬ異郷を描くため カレンダーに額紫陽花が 短歌deダイアリー | 物語詳細 - mon

              スキ
              5
              • +4

                森羅万象、写真集

                スキ
                6
                • 短歌 甘美な夏の夜の詩

                  ボロボロになった君への愛の歌 星月夜には雨が降らない 星の海 瞬く時の眞金なり 少年を連れる光の剣 アーモンドこんな心も甘くする 少女の昼寝に小鳥も休む 水晶の孤独と咽ぶ少年の夜の日記はそこかしこ、青い 孤独感 万年筆のインク似て夏の夜にさ迷う小鳥 星菫の永遠に忍べよ、星落ちて 花の雫に風鈴鳴らす 暮れの月 日永を壊す共犯者 僕らのテストも燃やす、キリンと 星の雨 君の手ぬるい交差点 黒髪さえも夜空に溶ける 星の秋 拙いレターをしたためる君はいつも空と喚いた

                  スキ
                  9
                    • 南十字星、少女の夢想

                      辞典にない君の言の葉流星群 僕が壊した愛の心臓 デジャビュを僕は何も知りはしない 桜月夜に君を見かけて 十字路の暗夜の毒を吸い込んで 南十字星(サウザンクロス)を見かけたあの日 地の果ての焔を消したマリア像 戦船から少年が下りる日 すれ違う次の風景託すため 君は乗り継ぐ流星列車へ 曇天の木香薔薇の独り言 架空の中のリストカット 泣き終えた珈琲いつも甘すぎて 生きるための黒い一滴 初めてのメールは消えた、消えちゃった さよならさえもない凍て星 短歌deダイアリー

                      スキ
                      9
                      • 日向神話と芥川賞・直木賞

                         私の生まれ故郷の宮崎県は日本神話のお膝元だと言われている。 『十三歳まで神話を知らない民族は必ず滅ぶる運命にある』  とアーノルド・J・トインビー歴史家の言葉があるように、日向神話を語り継いで育った。  従兄弟の通う小学校は、神武天皇、幼名・狭野尊の皇居があったと言われる逸話があったし、子供の頃に遊んだ青島・こどもの国は、山幸彦・豊玉姫を祀る青島神社の目と鼻の先にあった。天孫降臨神話がある高千穂の麓の高千穂牧場には何度も遊びに行った。  初詣先は霧島神宮であったし、神

                        スキ
                        10
                        • PTSDを発症したけど……

                           14歳、私には絶望だけがあった。  自身の発達障害からの偏見から「自分は少年事件を犯した彼らと同じではないか」と強烈な恐怖感に駆られ、あの日から少年犯罪関連の本はほぼすべて読みつくした。  読むたびに吐き気がしてきた。  読んでいてちっとも面白くはなかった。  世界が反転する。世界が雪崩れ落ちていく。  ヘイトで満ちたその本やネット上の書き込みを見て、具合が悪くなり、少女だった私は撃墜された。  高校も何度も変わった。  閉鎖病棟で17歳の誕生日を迎えた。  東京大学の正

                          スキ
                          12
                          • monotarayの短歌deダイアリーから。

                            星離雨散 李白の言葉メモる午後 少年たちが勉強する日 悲愁さえ星野写真のように見る少年のあなたは夜空へ駆ける 窓開けて七夜の星の物語 自傷少女は泡沫姫となれ 度々、総合ランキングBEST3位以内に入ることもある、拙作の『短歌deダイアリー』から。 今日は七夕なので星にまつわる短歌をチョイスしました。 Twitterでも素敵な写真やイラストに短歌を添えて、リツイートすることもあります。 #今日の短歌

                            スキ
                            14
                            • 「天才作家 鮎喰響は本当に現れるか?」

                               一介の物書きならば、(しかも、日本に住む)一度は見聞きしたことのある、文芸漫画と言えば?   おわかりいただけただろうか、それはすなわち、柳本光晴の『響 小説家になる方法』である。   この漫画はマンガ大賞を受賞し、後に平手友梨奈主演で映画化もされている。  この漫画を私は連載当初からファンだった。  初めて、この漫画を買ったときの、二十歳の私はその頃、太宰治賞の二次通過し、小説家としての夢を少しずつではあるが、歩んでいたように思えた。     この漫画の概要は、十五歳

                              スキ
                              15
                              • 芥川賞直木賞作家がいない、宮崎県

                                宮崎県出身の芥川賞直木賞はいない。 なぜか? それは日向神話があるためである。  私は宮崎出身で、せっせと物書きをしているアマチュア作家。  10代の頃に発達障害への誹謗中傷のため、解離性障害と複雑性PTSDを発症し、閉鎖病棟に17回入退院を繰り返し、今も療養中。 今年もまた、芥川賞直木賞発表に向けて盛り上がっているが、宮崎県民には無縁の話。 なぜなら、戦後文学は古事記や日本書紀に書かれた伝説などを否定するところから、始まったからだ。  前に大阪文学学校に出向いたのだが、そ

                                スキ
                                19
                                • 30年分の文藝のバックナンバーと三島由紀夫の初版本!

                                  #わたしの本棚 自慢じゃないが、ほぼ30年分の文藝のバックナンバーを持っている。 このバックナンバーをどこで手に入れたんですか? と聞かれたら、『ブックオフ』と答える。 どういう経緯でブックオフに売られていたのか、分からないけど、私は運が良かったと思う。 先日、新胡桃さんの『何食わぬきみたちへ』における差別的表現で抗議の記事をアップしたが、彼女が芥川賞ノミネートから落選したので、役目を終えたと思い、記事を削除し、原点に戻り、この記事を書くことにした。 本棚にあふれるほど

                                  スキ
                                  17
                                  • 文芸誌とウェブ小説30年史

                                     今月、『ウェブ小説30年史』というウェブ小説において、画期的な評論集が講談社の星海新書から発売された。私は先日、2022年文藝夏季号の新胡桃さんの『何食わぬきみたちへ』における、障害者への誹謗中傷とヘイトスピーチに抗議したが、彼女の作品が芥川賞ノミネートから落選したので、役目を終えたと思い、その記事を削除した。  やはり、10年間購読した『文藝』には障害者の当事者としての想いも含めて、新たに発展してほしい、という願いが怒りはあっても、燻ぶり続けていた。    その他の文芸

                                    スキ
                                    13