演劇制作

小劇場制作の、ちゃんとした感染対策ガイドラインと、ゆるい制作ガイドライン

小劇場の制作を昨今のあれあれもあり、暫くはやらないし出来ないだろうなーと思われるので、スマホの底から出てきた大量のメモを供養しつつ、noteの片隅に残しておこうと思います。

任されはしたけれど何をしたらいいかわからね~という人が少しでも助かったりヒントになったらと思います。がんばれ、誰か★

コロナ下での制作のやり方はちゃんとした物がまとまっていたりするので、参考にしつつ、現場で実践していくのが

もっとみる
ありがとうございます(^ω^)
2

今舞台を観に行くときに、どういうことを先攻のひとたちはやっているのか。
備忘録としての記事は後から参考になるはず。

https://note.com/yukarienne/n/ne9952a201f3f
https://note.com/yukarienne/n/n4888b5f060cb

非公開のやりとりは公開しない方がいい、後悔しないためにも

8/20追記
後出しで「和解しました」という記事が公開されました。
しかし問題の記事は公開され続けています。

他人や状況は思い通りにならない

私信を晒すのはまずいでしょう
これから観客になるかもしれない方、もしかしたら舞台に立つ、地域のコロナが落ち着いたらこの団体に参加してみよう、そんな人々を不安にさせるだけですね。

このnoteは今後も秘密が暴露される恐れがあるため、注意喚起・問題提起とし

もっとみる
スキありがとう!あなたにいいことがありますように☆
8

再開した劇場公演から、必要なものを考える。

昨日、『願いがかなうぐつぐつカクテル』を見に行ったんですよ。もう5ヶ月ぶりなんですって、劇場に行くの。こんなに行ってないのも久しぶりで引くわ。どんだけ演劇見てたんだ、年30本コースだもんな。

まあ昨今騒がれてますが、さすが新国立劇場の主催公演。予算とか自前劇場であるとかそういう諸々は自主公演の小さな劇団では到底かなわない部分もあるだろうけど、アナウンスとかは覚えておかないとなと思ったので、忘れな

もっとみる

「マザー」(無料版)

チームスチームパン

00:00 | 00:30

チームスチームパン

ラジオドラマ風作品vol.2
「マザー」

【作・演出】
  安達工房

【出演】
  中曽根ケイ……竹澤希里
  中曽根琢磨……緒川尊
  医師   ……安達俊信
  看護師  ……上原かずみ

【時間】
  25分17秒

【物語】
もし、永遠の命が手に入る銀河鉄道999のような世界がだったら、永遠に生きたいですか? 生きてもらいたいですか?

【概要】
劇団スチームパン

もっとみる

「前はこうだったのに」とならないためにアフターコロナ・ウィズコロナ時代の演劇公演フローを今考える

それがどうした

「前はこうだった」といちゃもんをつける人は常にいる。

前は開演前に物販やってたのに!
前は当日券取れたのに!
前は喫煙できたのに!
前は学生証なくても学割で入れてもらえたのに!

はっきり言うわ、知らんがな。
けどそれが知らんがなで済まされんな、という状況はすぐそこまで来ている。

抜本的にこれまでのやり方が通用しなくなるし、おそらく6月1日から新時代の幕開けなので、今から覚悟

もっとみる

【け】稽古場取りは戦争です

いやー、コロナコロナ。

本当だったらこないだは「ナツノヨノ夢」の本番だったのにな!!!!めっちゃ面白くなりそうな稽古の予感がしてたから尚更悔しすぎる!!!

【け】
📌稽古場
・・・公演を公演と成立させるために必要な場所。劇場代と人件費と同じぐらい稽古場代を削るのは難しい。

しかしこのコロナ騒ぎで思いましたけど、ほんとーーーーーーーーーーーに演劇ってアナログな手段ですよね。20年近く前の連載

もっとみる

アフターコロナ・ウィズコロナ時代の舞台公演を考える 稽古場編

いまカクシンハン・スタジオってところでちょっと裏の手伝いしているんですけど、オンラインも2ヶ月目、そろそろ稽古場に戻りたい。

しかしスタジオの稽古もさることながら、このありとあらゆるものがオンライン・デジタル化への移行が進んだ中で演劇とか身体にまつわるものはオフラインだよねえ〜こればっかりは仕方ないよねーという感じ。
自分の身体が必要だし、私は普段趣味でフィギュアスケートをやっているんだけど、ス

もっとみる

アフターコロナ・ウィズコロナ時代の舞台公演を考える

本当だったら、今日は「ナツノヨノ夢」の舞台本番で、千穐楽で、今日はきっと今頃打ち上げでよっしゃーーーってなれていたはずなのに、と思うと不可抗力とはいえ辛い。そもそも、この2ヶ月ほとんど外に出ず、関東の案件もなく休業状態、プライベートの予定もなく、と言う状況だったら関東の家を引き払って関西に帰ってもいいんじゃないかと思うぐらいには疲弊している。ねこにあいたい。

かわいい

さてまあということで、な

もっとみる

サラリーマンしながら劇団の制作始めてみた

はじめまして。

とある劇団で制作をやりつつ、普段はサラリーマンをしているコウといいます。早速ですがちょこっと経歴をば。

大学で演劇にドはまりし、そのあと悩みつつも就活。しかしながら、
「やっぱ演劇を全身全霊でやってみたい!」
と思って入社した会社を2年で退職(多分辞めなければいまごろタイ赴任とかになってた)。そして某老舗劇団の研究所に役者として入所。なけなしの貯金を崩しながら、演劇三昧。

もっとみる