渋さ知らズ

熱をもらう

「#私の勝負曲」というハッシュタグがあった。
 私の中の勝負曲、あまりにも多すぎて一瞬spacecatになってしまった。

 家にいる時や散歩中も常に音楽かラジオか落語を聞いている。
 何かが流れていないといけない体質なのだ。

 ここ最近の、勝負というより熱や勢いをもらうために何度も聞いている曲がある。

渋さ知らズオーケストラ『本多工務店のテーマ』

 昨年のフジロックの映像が公式でアップロー

もっとみる
愛でていただきありがとうございます。
6

10月の仕事と渋さ知らズ

どうも、こんばんは。
木村です。
お久しぶりですかね。わからん。
ともかくさらっと書いて眠ろうと思います。

まずは先週の話。実は舞台の本番でした。
鳥取は鹿野にある鳥の劇場というところで開催された
鳥の演劇祭13にて『NIPPON CHA!CHA!CHA!』という作品に出ておりました。

そしてこの作品は10月17~25日にかけて
東京芸術劇場を出てすぐ、池袋西口公園に去年完成した野外劇場
グロ

もっとみる

「熱く語って止まり」だった案件を動かしてみました‼️

《夢語り止まり》

昨日のブログにて、

集まって安心止まり、
夢語り止まり、
企画止まり、
ミーティング止まり、
熱く語り止まり、
結局何も始まらず酔っ払って終わり、
何も始まっていないうちから揉めたり、

なんて投稿しましたが、なんでそんな事が言えるかと言いますと、

全て自分のことだからです😆

《実現》

実は先々月の7月にも、ひょんなキッカケから友達になりました、ジャズなロックな「渋さ

もっとみる
心よりありがとうございます😊
5

日記 2020/08/16

今日はライジングサンのYouTubeをずっと観ていた。今もこの日記を書きながら観ている。
15日の22時から翌朝5時までというストリーミングスケジュールでとても起きていられないと思っていたのだが、再放送のような形で今日に入っても繰り返しストリーミングをやってくれていて、すべてではないが2回観ることができた。

今回の映像で一番胸が熱くなったのは渋さ知らズオーケストラだ。
去年、福岡の天神天幕でその

もっとみる

オンラインやついフェス「ラーメントーク」用レシピ

2020年6月20日・21日に開催「オンラインやついフェス2020」のラーメントーク用に作ったラーメンのレシピです。(フェス公式サイトは→こちら)

※全文無料で読める記事ですが最後にカンパのコーナーあります。ご協力のほどよろしくお願いします!

今年3回目となるラーメントーク。
これまでは普通にお客さんのいる会場での開催で来場者全員に「無料でウェルカム・ミニラーメンを振る舞う」という無茶な企画を

もっとみる
ありがとうございます!
9

白いものを買ってすぐ汚した時の絶望感

とか考えると
白いものが買えない
未来への想像力が強すぎるのも
今を制限してしまうから良くない

ある程度、坊ちゃんのような
無鉄砲さが必要なのである

無鉄砲さが過ぎると
すぐに炎上してしまう世の中だが
今はなりふり構わず
突っ走る人が成功している

なぜなら
人々がより条件反射的に
反応して熱狂して摩耗する世界線が続いているから
忘れ去られるのも
あっという間なのである

何か新しい価値を生む

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!
2

踊るよろこび

舞鶴公園で渋さ知らズのライブイベントがあり、家族でテクテク歩いて行ってきた。

渋さ以外のバンドの出演もあるし、美味しいお店も出店していて、ステージから少し離れればシートを敷いて思い思いに過ごせるだけのスペースもある。気持ちよく晴れた日曜日の秋の行楽には打ってつけだったわけだけど、何より楽しかったのは見よう見まねで踊る我が子の姿を眺めることであった。

会場には親子連れも多く、ちびっこたちもお父さ

もっとみる
ありがとう!ひと息ついてね。
14

よく行くバーのマスターが救急搬送された話

天高く馬肥ゆる秋。

過ごしやすく、よい気候なので各地でイベントが行われているようですね。

20年ちかくちょろちょろ行っているジャズバーが京都・木屋町にあります。
狭くて小汚いけれど、壁や天井に張られた、色あせたポスターが40年以上の歴史を語る、味があるジャズバーです。
たくさんのアナログレコードが並んでいて、
かかる音楽はCDだったりレコードだったりで、古いジャズから浅川マキなど。

「こんな

もっとみる
ありがたきしあわせ。
2

9月16日(月) 渋大祭に行った

川崎の扇島公園で行われた渋さ知らズ結成30周年企画「渋大祭」に行ってきた。
野外フェスに行くのは初めてなので少し緊張した。体力が最初から最後まで持つか、とか。
直前まで雨の予報だったので、雨の中で一日いるのはつらそう、どうしよう、と思っていたのだけど、前日に「雨のち晴れ」に変わったのでちょっと安心した。

川崎駅に着いたときはまだ雨だった。
会場は川崎駅からシャトルバスで20分くらいの海沿いの埋立

もっとみる