活元運動

居心地が悪いカラダの正体

カラダがちゃんと動いていると

異常があると

痛みを感じたり

発熱したりしてくれる。

で、異常がないとき

整体のときは

カラダについて思い出すことはない。

居心地の良いカラダ。

もちろん鈍っていて

カラダを感じなくなっているひともいる。

現代はこちらの人のほうが多いかも。

でも、こちらは居心地がいいカラダではない。

ふれれば背骨が強張っているから

整体ではなく、鈍っているカ

もっとみる
うれしいな💖

病気ではなく、表現だとしたら。カラダは何をしたがっている?

数年前、父親が目に見えて落ち込んでいたときがあった。

理由は明確で

かかりつけ医の勧めで

三井記念病院で精密検査を受けて

正式にパーキンソン病と診断結果が出たからだった。

70代後半ともなると

知り合いや先輩に

パーキンソン病に罹っているひとが結構いるらしい。

だんだん震えて弱っていく姿を見ていたために

簡単に

病状が悪化していく

治らない

というイメージを持っていた。

もっとみる
うれしいな💖
3

ピアノと活元運動

9月27日 秋田県五城目町で行われた活元運動

レトロな郵便ポスト
自然豊かな校舎だった施設で。

活元運動(自働運動)とは、からだの奥から出てくる、意識しない動きです。

三つの動きをしたあとにあとは目を瞑って動きたいように動くだけ。動きたくないならそれも良い。

私は2年くらい前から参加してますが毎回その会の色になります。

今回はピアノの生演奏

なんと贅沢な!

気持ち良く動いて、指も動く

もっとみる

自分の専門家は『自分』という当たり前のことを思い出して。

マーケティングのプロに言わせると

優れたブランドはもれなく顧客の"Job"を解決している。

顧客は、優れたブランドを雇うことで、自身の"Job"を解決している、

"Job"とは片付けるべき仕事。

だからぼくらのように治療していないんですがというと

顧客のjobを解決していないことになる。

ニーズがないということになる。

この惑星では病気は専門家に治してもらうのが常識となってしまってい

もっとみる
うれしいな💖
7

主人公の名は『いのち』。なんとなくって感覚が主人公の歩みとなる。

神の手と評されている脳外科の医師のインタビューに違和感を感じたことがある。

病に対して患者さんは運動や食事療法などの消極的な戦いしかできない。

だから積極的な戦いの出来る医師が云々というもの。

この発言は、病気になったらいのちのことは病院に丸投げするという考え方をよく表している。

お金のことは、お金の専門家に相談する。

家のことは家の専門家に相談する。

その流れで

健康のことは専門家

もっとみる
うれしいな💖
2

その薬を飲み続けている目的はなんですか?

ぼくに投薬治療をしてもよいですか?

という、質問をなげかけてくる方がいる。

世間的には整体指導者は薬を否定していると認識されている。

整体状態であればほとんどの異常は自力で経過させうるからね。

だから質問を投げかける相手を間違っているんだけど。

それはさておいて。

ぼくはそんなに優しくないので

好きにすればいいとだけお答えしています。

自分の心身を感じる塾として活動しているので

もっとみる
うれしいな💖
5

どうして人を殺してはいけないのか? 活元運動が教えてくれる。

頭をポカーンとさせて、カラダの力が抜けると

カラダって勝手に動き出す。

活元運動と呼んでるけど

要は無意識の運動ってこと。

って、話をするとひく人がいる。

いわく、怪しいと。

初めて聞くって方もいるかもしれない。

それは名前をいま知ったってだけで

無意識の運動は

あなたが生まれる前から

お母さんのお腹の中にいたころから

ずっといのちが行っている。

あなたの意識『わたし』とは

もっとみる
うれしいな💖
2

ちょっと待って。その異常、カラダが頑張っている証拠ですよ。

なんで週末の休みの日に風邪ひくんだよ~ (>_<)

なんで4連休なのに熱でちゃうの~ (>_<)

せっかくハワイに来たのに高熱でちゃった~ (>_<)

こんなこと耳にしたことがある。

これは大脳が言わしめている言葉。

カラダのことをまったく理解していない。

カラダに言わせたら、

よくやく力を発動できて

異常を感じ取り、

風邪をひくことで偏り疲労や異常を経過させようと、回復させよう

もっとみる
うれしいな💖
3

カラダへの信頼がない時代。マトリックスからの脱却はカラダへの信頼が必要。

少年院から出てきてやんちゃな同僚がいた。

免許証の写真には剃り込みがが入っていて

眉毛も尖っていて

絵にかいたような凶暴な顔写真。

だから人間関係でトラブルと

相手がかわいそうなことになってしまうという男だった。

ところが、その彼はカラダが発熱すると

とたんに弱気になって

病院行きたいので早退させてくださいと、のたまわる。

えっ、うそやん。

鬼のようなその顔で、熱に怯えるって

もっとみる
うれしいな💖
4

触れたくないを超えて、ふれてみたら見えてきたもの。

頭をポカーンとさせて

カラダの力を抜くとカラダそのものが動き出す。

調整したいところを勝手に自ら動いて調整していく。

それは人間が頭で作った健康法ではない。

いのちがやっていること、

やりたいことに任せてしまう運動。

その活元運動を訓練していくと

カラダが整体に近づき

野生を取り戻していく過程で

面白い感受性の変化がある。

背骨の弾力が回復して

カラダの感受性も回復していく過

もっとみる
うれしいな💖
2