日本の分断

4月に読んだ本たち。

信じられませんが、もう4月が終わろうとしております。 みなさんお変わりございませんか? 私は相変わらず、マイペースで、本を読んでいます。 ◆ 藁を手に旅に出よう「読書の師匠」荒木博行さんの本。荒木さんの膨大な読書から絞り出されたエッセンスが、寓話を使って分かり易く注入されている良…

「日本の分断」 三浦瑠璃 感想

この本は面白い。 三浦瑠璃は、いつも通り冴えている。 豊富な知識をつなげて、新たな着眼点、新たな表現で、興味深く、示唆に富む内容。 迂闊に読み飛ばすことを許さない博士的な文章が難点。 戻りながら読んで、3回目にようやくわかるケースも多々あるのは、私の弱い短期記憶が影響しているのか…

「日本の分断」三浦瑠麗著 書評

<概要> 政治領域の価値観調査によって日本国民と既存政党の政治的価値観の状況を分析した上で、日本には健全な民主主義を育む観点から「いい意味」での分断による対立軸が必要だと提言した著作。 <コメント> 前半の日本人価値観調査とその分析は見事で、調査結果に基づき与野党を分ける属性や属性…

飲食店協力金差別…。 顏晴ろう弁当で分断を防ごう

緊急事態宣言再延長で一都三県は3月21日まで 時短営業も継続。 20時までの時短営業で協力金は一日6万円で84万円。 酒類提供は19時まで。(日経)   宣言解除後は時短要請を21時までの一時間緩和して 協力金4万支給の方針も決定。 神奈川県はマスク会食推奨を条件に追加するそう。。。 #そういうことじ

日本の分断 切り離される非大卒若者たち

どうも、犬井です。 今回紹介する本は吉川徹先生の「日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち」(2018)です。タイトルの通り、本書の中で大卒と非大卒という「学歴」で大きな分断があることを指摘しています。さらに、そこに「生年世代」「男女のジェンダー」の補助線を加えることで、より緻…