赤坂順

私の関心事は『価値』。この世の中は、個人(=私)の価値観(個人の虚構)と個人の間主観的価値観(社会の虚構)によって生成されると思っています。これらをより深く知るために哲学・生物学・地球科学・心理学・経済学など、広く浅く勉強しています。 写真:宮島達男「デジタルカウンター」
    • 思想(哲学と宗教)
      思想(哲学と宗教)
      • 93本

      価値観の学問そのものといって良い哲学、価値観そのものといってよい宗教を勉強する事で「価値観とは何か?」に迫りたいと思っています。

    • 政治経済と価値観
      政治経済と価値観
      • 51本

      フリードリヒ・ハイエク「古くからの真実を人々の心に留めておきたいなら、世代ごとにその言語と概念で語り直さなければならない」。この精神で近代市民社会の原理をベースに記事を展開しようと思っています。

    • 地球科学
      地球科学
      • 15本

      人の価値観は、外的環境に大きく影響されます。地球全体に関して時間軸・空間軸双方から、どのような環境のもとで我々が今ここにいるのか?解明していきたいと思っています。

    • 風土
      風土
      • 3本
    • 生物学と価値観
      生物学と価値観
      • 29本

      生き物、特に人間(ホモ・サピエンス)はどのような生き物なのか?価値観を生み出す脳という機能の「心の仕組み」は原理的には哲学でしか解明できないとはいえ、遺伝学や脳科学の急速な進歩によってその傾向は徐々に明らかになりつつあります。生き物を学ぶことによって我々の情動に大きく影響を与える身体について学びます。

固定された記事

note公開に向けたプロフィール他

家族の協力と運にも恵まれ、幸いにも勤続30年をもって「Financial Independence」状態になったので50代前半で某大手小売業を早期退職しリタイア生活中。 早期退職後「…

「プラトン 理想国の現在」納富信留著 書評

<概要> プラトン著「国家(ポリティア)」というタイトルは正確には「理想国」の意だとし、プラトンの唱える理想国家論が歴史上、内外でどのように受容されてきたのか、…

「国家(下)」プラトン著 ー民主制が独裁を生むー

<民主制が僭主独裁制を生むという政治思想> 「国家」は、やはり政治思想が中心テーマ。第八巻で論じられています。 最も理想的な政治体制は、本質を見極める力を持つ卓…

「国家(下)」プラトン著 ー芸術編ー

<芸術について> 第10巻にて「詩人追放論」という位置付けのもと、芸術に対する哲学の優位性が、これでもかとばかりに語られていますが、翻訳者の藤沢命夫氏は、プラトン…

民主主義とは「国民が非暴力的に政権交代できること」

#日経COMEMO #NIKKEI 記事は、現職大統領の扇動により、一部の国民が暴力的に政権交代を阻止しようとする動きを紹介していますが、以下「21世紀の啓蒙(第12章)」に…

「国家(下)」プラトン著 ー善のイデア編ー

<概要> (ポピュリズムが僭主独裁を生むみたいな)現代にも通用する政治思想のエッセンスに加え、価値の原理のルーツともいえる「善のイデア」や「芸術」「教育」に関し…