投球

投球時 球速アップするための左上肢の使い方 有料版

右投げを想定しています

野球選手のほぼ全員が速い球が投げたい・遠くまで投げたいと思っているはずです。
僕が見る選手の多くが左上肢が使えていません。使い方を改善させるだけで球速や球の勢いが上がった選手が多くいるので解説していきます。

専門的な言葉が多く出てくるので難しいと思います。

一番重要なポイント

アーリーコッキング期(体重移動)からレイトコッキング期(左足が地面に着く直前)まで左肩を外

もっとみる

投球時 後方荷重はレイトコッキング期に身体が開いてしまう

右投げを想定しています。

レイトコッキング期(後期コッキング期ともいいます)とはアーリーコッキング期(早期コッキング期)の次の段階で左足が着く手前から左足が着いて加速期に移行する所です。

後方荷重になった時のレイトコッキング期から加速期の影響を解説していきます。

後方荷重

通常、荷重は母指球にかかり頭の位置は母指球側にあります。そして、重心はお腹側(前方)に位置します。

前方荷重

後方

もっとみる

投球時 加速期 アクセラレーション期の左手の使い方

加速期 アクセラレーション期に左手の引き動作とたたみ動作ができていないと球のスピードが遅くなります。

投手にメンタルが弱いって言うのどうなの?

ノーコン四球自滅ピッチャーによくみんな言ってるよね。メンタル。
そりゃ大事だよ。メンタル。
キャッチャーが後ろにそらすかもしれない。
野手がエラーするかもしれない。
それで思い切って投げられますか?って。
ノーカウントからボール先行で、甘くなったカウント球を通打or見切られ四球。

カウント球とか、甘く入ったって言ってる時点でその投手はストライクを取れるのよと言いたい。
打たせて取る投手と打たれる

もっとみる

投球時 テイクバックの作り方 肘の上げかた

テイクバックをする時にどうやって作ったらいい?肘をどう上げたらいいか?迷う選手が多いです。僕も迷っていました!僕のおススメする肘の上げ方を紹介します

投球時 球速アップするための左上肢の使い方

右投げを想定しています

野球選手のほぼ全員が速い球が投げたい・遠くまで投げたいと思っているはずです。
僕が見る選手の多くが左上肢が使えていません。使い方を改善させるだけで球速や球の勢いが上がった選手が多くいるので解説していきます。

専門的な言葉が多く出てくるので難しいと思います。

一番重要なポイント

アーリーコッキング期(体重移動)からレイトコッキング期(左足が地面に着く直前)まで左肩を外

もっとみる

投球時 左足が着いた時のポイント

左足が着いた時に膝・股関節・骨盤を開かないようにしないといけません
そのためのポイント説明

投球時 体重移動の際の左手の使いか ポイント

体重移動の際に左手をうまく使わないと上体が開いてしまいます。
そのためのポイント解説

投球 アーリーコッキング期のまとめ

アーリーコッキング期の右足 左足 左手の使いかを説明しています