懲戒権

6月11日記者会見「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」の酒井将氏との質疑応答。何故、手数料が一律19万8000円なのか。A法律事務所のスパイを刑事罰にしないのは何故か?

「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」の代表と弁護士が同事務所に下された東京弁護士会の懲戒処分を不服として日弁連に6月11日付けで審査請求を出し、同日、都内で記者会見を行いました。

写真は代表の酒井将氏と浅野健太郎氏、二人は弁護士の裁判費用を募金する弁護士らが作った「一般社団法人リーガルファンディング」の理事でもあった。

資料によると、酒井氏らは産業スパイに資料を持ち出され、虚偽の内容で東京弁護

もっとみる

丸山和也弁護士6月11日記者会見発言記録「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」の懲戒処分について「これは弁護士自治の危機」

弁護士会っていうのはどこの監督も受けないんですよ。

例えば司法書士であれば法務省、 公認会計士、税理士、は経済産業省

弁理士は特許庁、経産省。

みんな士業は業務を役所から監督を受けるんですね。

弁護士会は全く受けないんですよ。これが弁護士自治という弁護士が勝ち取ってきた誇りにするものなんですが、これは否定しません。

誰が弁護士の監督をするか?弁護士会がやる、こういうスタイルになります。こ

もっとみる

『児童虐待防止法改正』

2日前のことですが、ようやく改正される
運びとなりました(2020年4月施行)

児童相談所の体制強化や親権者などによる
「しつけ」名目の体罰の禁止が柱。

親が必要な範囲内で子どもを戒める民法の
「懲戒権」については、施行後2年を目処
にあり方を検討するとしています。

これまで虐待の口実となっていた「しつけ」
と「虐待」の曖昧な境界線がどうなのか。

しつけは子の利益のための教育が原点で、

もっとみる

躾(しつけ)

*今日のサンデーモーニングの“風を読む”のお題は『躾』

去年1年間に虐待の疑いがあると、
通告された子どもの数は8万人
躾が暴力行為の正当化になっている
明治時代から続いてきた民法の懲戒権
親が子どもを懲らしめ戒める権利

2011年に改正・
子どもの利益になる場合に限ってと条件が付けられた
懲戒行為の注釈として
(叱る・殴る・ひねる・押入れに入れる・蔵に入れる
・禁食せしめる)などの行為が挙げ

もっとみる
愛しています!
2

2019/2/24 風をよむ「躾」

●親が子供を戒める「懲戒権」とは

●虐待問題の背景を考える

●子供を主体として接する

この漢字、なんと読むのか分かりますか?

街の声「身に、美しい、ちょっと分からない」「分からないですけど、たぶん虐待に関する言葉だと思う」

正解は「しつけ」。身を美しく飾る、というイメージでしょうか。その「しつけ」について聞いてみると・・・

街の声 「頭にげんこつをゴツってくらった。その時はやっぱり、悪

もっとみる

本当の子育て

今朝のニュースによれば、“政府・与党は、児童虐待防止に向け、
両親など家庭内での体罰を禁止する法改正の検討に入った。”とある。
懲戒権という “子どもを戒める権利” を親に認めた民法があるらしい。

“戒める”とは何か?
戒めるとは禁を犯したり失敗したりすることのないように、
前もって注意を与える。
同じ過失を繰り返さないようにしかる。咎める。と辞書にはある。

アトリエの講習会では、お母様たちに

もっとみる
愛しています!
2