岸優太

ドリボ 鑑賞レポ

9月から上演しているDREAMBOYS。自担の岸優太さんが四代目座長となりました。相手役はWユウタ / 神宮寺勇太さん。
早速見てまいりまして、備忘録レベルにまとめます。

ジャニーズの枠を超えた舞台
普段はミュージカルも多数見ておりましてジャニーズの舞台としては今年19年に帝劇で行われたジャニーズアイランド/King & Prince に観劇しました。

ジャニーズアイランドはここだけの話ス

もっとみる
ありがとう!
7

戦国武将がいるKing&Princeの猪突猛進感

フジテレビの深夜番組に「RIDE ON TIME」というジャニーズ事務所のスターの卵たちを追うドキュメンタリー番組がある。

昨年その放送がはじまったとき、最初に特集されたのはKing&Princeだった。ファンは期待に胸を躍らせ深夜テレビにかぶりついて見たものだ。しかし、その内容はセンセーショナルなものだった。

彼らの苦悩、彼らのもがく姿がこれでもかと映し出されていて、長年ジャニーズを見守って

もっとみる

岸くんをなめてたらKing&Princeの本質が見えなくなる話

その伸びやかな歌声に軽やかなステップ。

岸優太。

彼を初めて見た人は「さすがジャニーズの新星King&Princeのリーダー」とうなるだろう。

しかし、ひとたびバラエティーに彼が現れるとなぜか笑いが生まれる。某番組ではボケである芸人あばれるくんが、あまりの岸くんの天然ぶりにツッコミに回ざるを得なかったし、某番組では彼はただ普通に「店員」を演じているだけなのにウッチャンがおなかを抱えて笑ってい

もっとみる

King & Prince CONCERT TOUR 2019

King & Prince デビュー2年目のコンレポTwilogへのリンクです。胸いっぱいで29日夜公演のレポがほとんど残さなかったことが悔やまれますが本当に幸せな時間、空間でした。

2019.09.28 昼・夜
宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
https://twilog.org/kcsfootprints/search?word=%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9

もっとみる

2019 DREAM BOYS レポ

岸優太くんが神宮寺くんとともに単独初座長を務めた2019DREAMBOYS
超個人的、自分のドリボレポを記録したTwilogリンクです。自分用に色々試しましたが、公開を考えてシンプルに検索性のあるTwilogがよいのかとなと思い、呟きこちらにリンクしました。

参考になるかは別として、おそらく2020年の秋、自分もまた振り返ることとなると思うので今のうちにまとめておきました。

岸くんの単独初座長

もっとみる

まじめと言われることについて

私はよくまじめだと言われます。
でもどこがまじめなのか全くわかりません。
だって本当にまじめだったら、河合塾の自習室でマッシュアップやトムヨークのクソコラなんて作りませんから。

 私はどこでもまじめだと言われます。
個性的だけどまじめだと言われます。だけどの意味がわかりません。

 私はよくA型でしょと言われます。
 A型です。

 さて、まあ少しだけ私のまじめだと言われるエピソードを挙げていき

もっとみる

帝劇ビギナーがDREAM BOYSをついに履修した話 第一夜

ジャニオタの永遠の憧れ、帝国劇場。
そもそも字面が強い。圧倒的に強い。帝国、帝国の劇場なのだ。そう、Imperial Theater。
「帝国劇場」と何度か言っただけだということにはどうか気付かないでくださいよろしくお願いします。

こんにちは。片桐です。
早速本題に入っていきますが、ジャニオタ歴=ほぼ年齢と言っても過言ではない私、地方出身ゆえに関東や関西のみで行われる舞台などの現場は何故か「そも

もっとみる

地獄から天国。奇跡の夜

>>チケット詐欺に遭った話

>>チケット詐欺師に勝利した話

〜前回までのあらすじ〜

チケット詐欺師との戦いの末、無事お金を返してもらえたものの、楽しみにしていたコンサートに行くことができず落ち込む友人と私。シャトルバスのチケットは確保していたので、グッズだけでも買いに行くか…と会場へ向かうことにしました。

前日にコンサートへ行っていた妹(岸担。この人も布教にまんまとハマった)に、「会場で『

もっとみる
ありがとうございます!
2

岸くんは存在した。

タイトルの通りです。

2019年9月26日 午後6時 舞台「DREAM BOYS」を観劇しました。

岸くんこと岸優太くんが存在し、輝いていたことを目の当たりにし、

思いが溢れて蒸発してしまわないうちに、書き留めておこうと思います。

めちゃくちゃ長い上に、本記事はアイドル個人やグループについての考察を趣味とする岸担によるものです。

内容には偏りや個人の考察が含まれます、お気をつけください。

もっとみる