多国間主義

国際法の在り方

法治国家に生まれ育った私にとって、法とは絶対的信頼の置けるものであり、一つの価値判断の手段、人格形成の一要素にもなりうるものとなっている。

しかし、法の在り方というのは実は非常に曖昧で、解釈の域なのだと拍子抜けすることが度々ある。

日本経済新聞に「国際法・ルールと日本」という特集が組まれており、考えさせられた。

それを参照して感じたことを高校生や大学生でもわかりやすいように書き留めておきたい

もっとみる
Sexy thank you!!
2