厚労省

アートメイクは芸術だと思います。(政治家)

「アートメイクは芸術だと思います。そして、人とそれぞれの夢をかなえる素晴らしい技術。法整備して行くことで、この文化を日本にぜひ根付かせて行ってもらいたいです。」

アートメイクは古事記にも記載のある日本文化です。古代日本人は目の周りにアイラインのように刺青を入れていました。アートメイクです。

日本以外では医療行為と見なさず、感染症の防止対策などのコースを受けて免許制になっています。こうしたコース

もっとみる
ありがとうございます。

ビューティー関連の支出が4.2%しか落ちていない

「家計消費支出に占める「アパレル」の比率は3.00%から1.86%まで低下し、この間に2.14%から2.69%に伸びた「ビューティ」(理美容用品・サービス)支出に追い抜かれている。2020年も「ビューティ」支出は4.2%しか落ちておらず比率は僅かに上昇したが、これは家計調査が日本国民を対象としたもので外国人世帯も来日観光客も含まれていないからだ。」

コロナ禍で消費が落ち込んだにも関わらず、ビュー

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
2

厚生労働省・ワクチン接種は「強制ではない」との通達・

藤原直哉・ツイッター記事から

厚生労働省が新型コロナ用ワクチンで異例の注意喚起 「接種は強制ではありません」「副反応のリスクを理解して自らの意思で」

https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1364340634996277248

もっとみる

アートメイクを含む美容エステの法整備をしてこの分野を活性化すれば雇用も広がる

「新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めは、19日時点で見込みを含めて累計8万8574人」
 
今後も増えていくだろうと思われる解雇や雇止め。コロナが緩和してもその人数がすぐ仕事に就ける状態になるわけではありません。全体的に景気が回復しないと雇用は増えません。そもそもうちなわれた20年30年と言われるくらい日本はずっと景気低迷が続いています。
 
国民一人当たりのGDPも下がる一方です

もっとみる
嬉しいです。

経済的権利の男女格差、日本は80位に低下

「世界銀行は23日、経済的な権利をめぐる男女格差を調査した年次報告書を公表した。(略)順位は190カ国・地域のうち80位タイに低下した。」「就職や待遇面、セクハラなどへの対応を測る「職場」や「支払い」の項目では、昨年も今年も評価は半分の50点ずつにとどまった。」
 
昨年は74位だったとのことで順位を下げています。
 
アートメイクや美容エステの仕事を、男性が多い厚労省が男性ばかりの医師や弁護士の

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。

転院からの復院

せん妄から戻った母は緊急入院した元凶の大動脈解離の手術をできる安定した容体に戻すべく 安静を続けた。

家族としてもそこを治療せん限り退院はまだな事もわかっていた。そして救急できたけれど、別件ではや2ヶ月。そもそもの方は大丈夫なのかも気になっていた。

2月の頭の金曜日 やーーーーーーっと主治医と連絡取れて説明するから来いという。いよいよ手術の時間となりますが 病院都合で一旦短期転院願いたいと。

もっとみる
センキュー

新型コロナウイルスワクチン接種、37.5度以上の発熱者は不適当

厚生労働省が新型コロナウイルスのワクチン接種にあたり、37.5度以上の発熱がある人を「接種不適当者」とし、自治体に通知したことがわかりました。

まず自分がワクチンを接種できる機銃んとして、厚労省が発表した内容は知ったおくべきではと思います。

不適当者は接種を受けることができませんし、ほかに重い急性疾患にかかっている人や、ワクチンの成分でアレルギー症状の「アナフィラキシー」などを発症した人も該当

もっとみる
🔥にあたってくれてありがとう💚
5

ケアコラボ社のCHASE対応方針の発表と裏側の苦悩

こんにちは。ケアコラボの岡部です。

先ほど会社として、厚労省が運用する科学的介護のデータベース、CHASE(LIFE)についての対応方針を発表しました。

結論から言うと、

・現状CHASEに必要なデータが未定なので判断できない
・CHASEに完全対応はむずかしいと思われる、またそのための開発はしない
・ケアコラボ上のデータが活用できそうならエクスポートする

ということなんですが、発表にあた

もっとみる
スキありがとうございます!
4