労働条件明示

「労働条件の確認、キチンと書面で行っていますか?」

社会保険労務士の山地です。

3月になりました。そろそろ新規学卒者を迎え入れる準備を始めている企業もあれば、年度単位で契約している労働者の契約更新の時期に来ている企業もあるでしょう。

どちらにしても、大事なことは労働条件を書面にして労働者と使用者(会社)でお互いに確認するということです。

労働基準法上、使用者(会社)には労働者に対して雇い入れの際、賃金や労働時間などの労働条件を書面の交付により

もっとみる
この記事がお役に立てればうれしいです。\(^o^)/
8

メールで労働条件を明示したいのですが…|労働実務相談Q&A

〈相談内容〉
労働条件の明示は書面のみに限られていたところ、労働者が希望すれば、メール等が可能になるといいます。自宅のプリンターで印刷できる状態といった条件も必要でしょうか。

〈回答〉
 労基法15条は、使用者は、労働者に対して、賃金、労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項(労基則5条1項1号から4号)については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならないとしています。

もっとみる
労働新聞社です。スキありがとうございます!
1

Wantedlyは、求人媒体なのか? SNSなのか?

少し前にIPO申請したWantedly、サービス開始直後から注目してきたので、「おー遂にIPO」かと興味深く感じて、Ⅰの部やら目論見書など久々にちゃんと読んでしまいました。

インターネット界隈だと、多くの企業が利用しており注目度が高いサービスなのか、調達額が極小のスモールIPOながら注目を集めており、いろんな方がブログなどに本件コメントされています。

Wantedly(ウォンテッドリー)のIP

もっとみる