光のノスタルジア

チリのドキュメンタリー映画「夢のアンデス」公開!それに伴い日本で唯一のチリ料理専門店へ行ってきたよ@新中野 Casa de Eduardo(カーサ・デ・エドゥアルド)

みんなの心の中にある 優しさのエルドラド 本日!2021年10月9日より チリのドキュメンタリー映画 『夢のアンデス』が公開になります。 アジェンデ政権とその崩壊に関する ドキュメンタリー『チリの闘い』の パトリシオ・グスマン監督待望の最新作! 『光のノスタルジア』『真珠のボタン』に続く チリの歴史的記憶、政治的トラウマ、 地理の関係を探る三部作最終章です。 高い山がそびえ大自然が広がる独特な地理、 さまざまな政治的弾圧により 苦しめられた人々の歴史。 この三部作を

スキ
58

[2021.09]映画『夢のアンデス』公開 ⎯⎯ パトリシオ・グスマンは既に次の5年/次の3部作を見据えている

インタビュー・文●柳原孝敦 柳原孝敦(やなぎはら たかあつ) スペイン、ラテンアメリカ文学、文化研究。 著書に『テクストとしての都市 メキシコDF』(東京外国語大学出版会)『映画に学ぶスペイン語』(教育評論社から増補改訂版が近刊予定) 翻訳にベニート・ペレス=ガルドス『トリスターナ』(共和国から近刊予定) 『夢のアンデス』 ※2021年10月9日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開 ©︎ Atacama Productions - ARTE France Cinéma

スキ
7

el 17 de octubre : 映画『光のノスタルジア』

原題は『Nostalgia de la Luz』 監督・脚本・ナレーション:パトリシオ・グスマン(Patricio Guzmán) 2010年:製作、2015年:日本公開 フランス・ドイツ・チリ合作 字幕:原田りえ スペイン語の勉強、やる気になれず。でも何かやらねば。じゃあせめてスペイン語の映画を見よう。タイトルのフォントがかわいい。しかも、先日教えてもらったアタカマ砂漠について云々。これにしよう。 この静かに淡々と進む感じ、好きだなぁ。登場人物同士がまくしたてるような

スキ
8

虐殺された人々の遺骨と宇宙誕生の秘密との出会い(映画『光のノスタルジア』を観て)

解説文を鑑賞前に見た限りでは、 てっきり「宇宙の秘密に迫る天文学のハナシ」かと思っていた、 チリのドキュメンタリー作家、パトリシオ・グスマン監督の『光のノスタルジア』。 哲学的といってもよいような深いテーマを扱った力強いドキュメンタリー映画でした舞台は、チリのアタカマ砂漠。 この砂漠は天体観測に最適で、世界中から宇宙の謎に迫る天文学者が集まってくる、という話と、 この砂漠にはかつてチリ独裁政権が収容所を作り、たくさんの人々がそこで拷問を受けて虐殺され、その多くはいま

スキ
3

Movie review 光のノスタルジア

光のノスタルジア - サイトから引用 チリ・アタカマ砂漠。標高が高く空気も乾燥しているため天文観測拠点として世界中から天文学者たちが集まる一方、ピノチェト独裁政権下で政治犯として捕らわれた人々の遺体が埋まっている場所でもある。生命の起源を求めて天文学者たちが遠い銀河を探索するかたわらで、行方不明になった肉親の遺骨を捜して、砂漠を掘り返す女性たち……。永遠とも思われる天文学の時間と、独裁政権下で愛する者を失った遺族たちの止まってしまった時間。天の時間と地の時間が交差する。

スキ
2

光のノスタルジア

生きていることが苦しいなら 眠ってしまえばいい 眠れなくても 瞳を閉じればいつでも 微笑んでいる君に会えるから 川の流れに逆らわず この人生をゆっくり 歩んでいこう 私が生きることは 君が安らかに過ごせるということ 死ぬことを1度でも考えたら 君の涙は雨となって降り止まない みんなのために私は生きる 壮絶な時代を生き抜いた それだけでも奇跡 新しい星が生まれた日 新しい命に出会えた それも奇跡 星に願う 世の中のすべての命を 心から癒して 離ればなれになった

スキ
2