溢れんばかりの… 呪いと祝福を…
+1

溢れんばかりの… 呪いと祝福を…

1
映画「メイドインアビス 深き魂の黎明」

映画「メイドインアビス 深き魂の黎明」

ロリキャラでないとダークで残酷な世界が成立しにくいアニメーション。 「まどマギ」「幼女戦記」以来、真剣に観たロリキャラで本格的な人間構造描写が真に迫る。詳しい案内はこちらで https://youtu.be/B5Tc763s5qo 死よりも進むべき好奇心が優先される人間とは何か、エグイ映像のメタファーが現実の私たちに何を突き付けるものなのか。なぜ悪は悪でなければならなくなったのか、、、色々と少し考えさせられる。 決して感情移入はしないものの、謎多きその世界、その構造、必

28
ワクワクする漫画

ワクワクする漫画

メイドインアビスはいい作品だよ。 舞台や設定、道具とかの一つ一つが少年心にぶっ刺さる作品だよ。 人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「探窟家」たちが暮らしていた。彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」、そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。(※Wikipediaからコピペ) あらすじの時点でちょっとワクワクする。アビスのデザインとか階層の名前もかっこよくて好き。

2021年上半期 印象に残ったマンガ5選

2021年上半期 印象に残ったマンガ5選

ぼんやりしていたら、いつの間にか2021年も折り返し地点。 以前2020年に読んだ中で印象に残ったマンガを5つ選びましたが、今回は2021年上半期(1月~6月)の間に読み終えたマンガの中で、特に印象に残っているマンガを5つ選びました。 ”2021年上半期に発売されたマンガ”ではなく、あくまで”2021年上半期の間に最新巻(完結巻)まで読み終えたマンガ”という条件でお送りします。(最新巻に到達していない、読み進めている最中のマンガは除外) 1位~5位のベスト5ではなく、あ

ボンドルドは悪役だったんだろうか?”度し難い”ほど惹きつけられる魅力について考えてみた

ボンドルドは悪役だったんだろうか?”度し難い”ほど惹きつけられる魅力について考えてみた

先日「メイドインアビス」の劇場版「深き魂の黎明(れいめい)」を観たのですが、まあどうしてこうもキャラクターが魅力的。 特にわたしが心を射抜かれたのが、今回のヴィランであるボンドルド・黎明卿です。 正直なところ、彼にあまり”ヴィラン”という言葉は使いたくはないのですが、深き魂の黎明の悪役としてはボンドルドしかいないので渋々使うことにしました。 そもそもボンドルドって本当に悪役なのだろうか?「新しきボンドルド」「黎明卿」という異名でも分かるように、彼はアビス(奈落)探窟

「旅の左手,最果ての右手」楽曲分析(書記が音楽やるだけ#22)

「旅の左手,最果ての右手」楽曲分析(書記が音楽やるだけ#22)

メイドインアビスの2期制作が決まったことなので,早いうちに1期のおさらいをしておきたい。 楽曲情報作詞作曲:橋本由香利 唄:リコ(富田美憂),レグ(伊瀬茉莉也),ナナチ(井澤詩織) アニメ「メイドインアビス」のエンディングテーマ。オープニングとは対の,ほっこりした曲調でありながらも,登場人物の心理に寄せたような楽曲となっている。 全体構成[E major]イントロ→ (1番)A→B→サビ→ (2番)A→B→サビ→ 間奏→サビ→アウトロ イントロ早速難しそうなの

2
2021年6月27日のアニメニュース

2021年6月27日のアニメニュース

こちらのライブ配信では、Anime Hot News5と題して 独断と偏見で選んだ最新アニメニュースを5つ紹介していきます。

メイドインアビス~勧めるには度し難いアニメ~

メイドインアビス~勧めるには度し難いアニメ~

『さぁ大穴へ――』 ずっと目には入っているけどなんとなく見るのは避けてる作品、ありますよね? 多分数えきれないぐらいたくさんあると思います その中の一つ、「メイドインアビス」 この作品を見るのを避けていたのは謎の恐怖があったからだ 主な原因は絵 ぱっと見、というかどう見ても可愛い 土曜の朝8時半ぐらいに放送してそうな絵のキャラクターたちが描かれているが、なぜかこのアニメ深夜帯に放送されているのだ いや怪しいやん どう考えても内容がやばいことが伺える そして実際に周

1
マッサンのブロール構築記 Season2 ㊲オリークの首領、エクスタス

マッサンのブロール構築記 Season2 ㊲オリークの首領、エクスタス

1.はじめに「共に夜明けを見届けましょう」 いやまあ何とも頼もしい、熱意に溢れたセリフである。まさしく、未開の荒野に旗を立てんとする、不退転の意志を感じられる。そういった言葉である。本来ならば。 …皆様は、「メイドインアビス」という作品をご存じだろうか。主人公たちが街に空いてある巨大な穴「アビス」を下って探索していく、そういう冒険ファンタジー漫画である。下にリンクを貼っておくので気が向いたら読んでほしい。 つくしあきひと先生が描く可愛らしいイラストを見ると、ほんわかした

5