マフェトン

トレーニング効率を左右する 大切な要素とは

最近
マフェトン理論を用いて
トレーニングをしていることは
以前書いた

https://natural-criterion.amebaownd.com/posts/6890115

マフェトン理論の根幹は
・ウォームアップとクールダウン
・心拍数の把握と上限の厳守
になるが
それは自分でも
かなり徹底できるようになってきた

実は
マフェトン理論には
もう一つ重要な要素がある

それは
・ストレ

もっとみる

熊野古道トレイルランニングレース30kmを終えて/UTMBリベンジの道のり

レース終わりました。30kmなので短いですが結構走って4時間32分 200人強で70番ちょいでした!まぁ素晴らしい景色のオンパレードで、沢山の方々がいいよぉと言ってた意味を体感。絶景ご褒美の連続。

先週水口メソッド合宿で教わった様々な事を、距離走る中で色々試してみて、一通り分かった気がした。つもりだけかもですが!

ヒールストライク〜バウンディング。これが合宿で僕が一番苦労した、なかなかイメージ

もっとみる

箱根外輪山反時計回り1周

再び開眼?!セグウェイが正解だったんだ!

箱根外輪山半時計回り50km
前半登りパート、戸隠で体得した?疲れず速く走れる走法で、股関節から引き上げるイメージで走るも、先週の疲れが残ってるのか、体得出来てなかったのか、シンドイ感じの走り。今回は旅ランという事でレースでは無いのでそれほど飛ばすわけでは無いのでまぁヨシとしつつ足を進める。
箱根外輪山半時計回りは前半登りに登って後半は下り中心。気持ちい

もっとみる

信州戸隠トレイルレース60km

スタート〜第1エイド
マフェトンの効果を楽しみにしてのスタート!
体があまり動かない。ウォームアップしたのに筋肉がついてこない?やっぱマフェトンダメ?と早速心が揺れる。まぁ仕方なしとスキー場ゲレンデ登りを心拍上げないように走る→結構遅い。遅いがマフェトンを信じて進む。それにしてもジョギングくらいの遅さ。なんなんだ?心拍気にしすぎ?でもここはマフェトン信じて、とにかく心拍が上がりすぎないように走る。

もっとみる

マフェトン 理論は本当に強くなるか?!

UTMB渾身のリベンジに向けて、具体的に何をどうしようかという模索を始めた。取り敢えずシャモニー居る間に9、10、11、12月と30-100kmのレースにエントリーしましたが、もちろんトレーニングの方が大切。という事で鏑木さんのトレーニング本や様々なサイトや書籍を読み漁り、辿り着いたのがマフェトン 理論。表面的には日本語版では、有酸素運動繰り返し、食事改める事で、脂肪代謝の身体に。。。なのですが、

もっとみる