マジェスティック

noteのホーム画面の配置が変わったみたいですね。これは使いやすいのだろうか。まあ慣れればいいものかもしれない。さて。時間があるので映画を観ますよ。『マジェスティック』をいってみる。十数年ぶりに観るもんで、名作だとはわかっていながらの楽しみよ。ジム・キャリーはいい映画に出るなぁ。

noteのホーム画面の配置が変わったみたいですね。これは使いやすいのだろうか。まあ慣れればいいものかもしれない。さて。時間があるので映画を観ますよ。『マジェスティック』をいってみる。十数年ぶりに観るもんで、名作だとはわかっていながらの楽しみよ。ジム・キャリーはいい映画に出るなぁ。

スキ
5
映画館に行こう

映画館に行こう

amazonプライムだか、Netflixだか、ディズニープラスだか、Apple TVだか知りませんが、そんなもので観る映画は、映画ではありません。  映画は、映画館で観るものです。  まず、映画館に行く、という行為そのものが能動的です。映画を観る心構えが違います。そして、「よし、この映画を観てみよう」というスタンスの人たち、言わば同じ嗜好の人が集まるその空間、暗闇の中で物語に集中できるその時間は、なんと幸せなひとときでしょう。単に画面が大きい、音が大きい、椅子がいいといっ

スキ
7
Vol.50 【🎥映画コレクション】記憶を失う系恋愛映画

Vol.50 【🎥映画コレクション】記憶を失う系恋愛映画

マジェスティック🇺🇸 2001年 監督: フランク・ダラボン この映画は『トゥルーマン・ショー』などと比べるとマイナーな方ですが、 ジミーキャリー自身が今までの映画で、一番気に入っている作品だそうです。 そんな彼は、この映画で記憶喪失の男を演じます。 当時のアメリカの背景も入っているお話ですが、 正義感とは何か、幸せとは何か、何を選択するか、どんな自分になるかと たくさんのヒントがこの作品には隠されています。 映画自体長いので、何か自分と向き合いたい時間を取りたい時なん

スキ
1
【映画】フランク・ダラボン『マジェスティック』(2001)【解説・あらすじ】

【映画】フランク・ダラボン『マジェスティック』(2001)【解説・あらすじ】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

B'z マジェスティック/ワンフレーズcover
再生

B'z マジェスティック/ワンフレーズcover

ポッキーは絶対トラックに置き去りにしちゃいけない。全部合体しちゃったw

スキ
4
今年買って良かったもの(ユニフォーム)

今年買って良かったもの(ユニフォーム)

今年ちゃんと諭吉さん出して買ったものってこれくらいしかないなぁと思った。 ・帰ってきた青木宣親のユニフォーム(燕プロver) 青木が帰ってきたということでユニが欲しいなあと思いどうせだからホームとかビジターじゃなくて燕プロのやつしようと思い確か2月末かそのくらいかに購入、届いたのはちょうど2ヶ月後の4月末だったか。実際これを球場に着ていくとめっちゃ勝率良かった気がする、1番よく着ていったのこれだったなと。あとマジェスティック製なので普通の日本のサイズよりも1~2サイズくら

スキ
1
映画からもらった夢に乗って、いま私は生きている(教来石小織)

映画からもらった夢に乗って、いま私は生きている(教来石小織)

6年間にわたり途上国の子どもたち向けに移動映画館を展開してきた著者。活動のなかで感じる葛藤や可能性と向き合っていく本連載ですが、そもそもなぜこの活動は始まったのでしょうか? 映画の力を信じる原点には、著者自身が映画に救われた体験がありました。 連載:映画で貧困は救えるか――「途上国×移動映画館」で感じた葛藤と可能性 心の貧困を知っている。 心がどんどん貧しくなるのはどんなときかということも。そしてそこから救われる方法も。 ここ数年で両方を、身をもって体験することができた

スキ
24