ベロッキオ

絵画の楽しみ方教えます。6-12

これを使い、見れば容易に脳内で合成できます。もし、あなたが疑うのであれば是非購入して試してほしいのです。アマゾンで1000円くらい払えば買えますよ。  では、何故レオナルド・ダ・ヴィンチはこの様なことをしたのかは、この絵に秘密があると思います。 フーホ・ファン・デル・グース  1476年 ポルティナーリ祭壇画   ウフィッツィ美術館所蔵 若いレオナルド・ダ・ヴィンチが影響受けた油彩画だそうです。私は疑問に思いました。レオナルド・ダ・ヴィンチが、この絵の何処に影響を受け

スキ
1

絵画の楽しみ方教えます。6-11

考察 私はこの瞬間、謎を解く鍵を手に入れたのでした。 名付けてFURIHATAメソッドです。 反転、貼り合わせ、50%透過の発見です。 さて、皆さんも当然疑問に思うでしょう。私も思いました。 「君はパソコンで画像を反転させ、重ね合わせ、50%透過は簡単にできるだろう。しかし、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代どうやって、その様なことができるのか?たまたま出来ただけ。偶然だ。」と。 私もそう思いました。しかし、この反転、貼り合わせ、50%透過の画像は偶然とは思えない感じがする

絵画の楽しみ方教えます。6-10

どうでしょうか?洗礼者ヨハネの手が優しく 天使の肩に置かれます。そして天使のプロポーションは完璧になるのです。あの紙細工の様な身体が人間のプロポーションになるのです。 キリストの手は完璧にセンターで合うのです。 そして、グラスの様なものが現れます。これは正しく聖杯ではないでしょうか。キリストの腰布は聖杯のテーブルクロスに変貌するではありませんか。奇跡を目の当たりにした瞬間でした。 続く・・

スキ
1

絵画の楽しみ方教えます。6-9

驚愕の謎解きの始まり これは右に飛ぶ鳥を切り取って反転させた図です。 形が一致するのです。重ねてみました。 何故こんなことをレオナルド・ダ・ヴィンチはしたのでしょうか? そもそも、この葉の中の鳥に気が付いた人はいるのでしょうか?  ここで終わったのでは話になりません。その前にこの絵画の謎解きはレオナルド・ダ・ヴィンチの他の作品と謎解きパターンが違います。思わせぶりな個所は多々あるのですが入り口ではなかった。ある意味王道の謎解き方法です。この鳥を見つけられれば扉が開くの

スキ
1

絵画の楽しみ方教えます。6-8

鳥 話を戻しましょう。背景に鳥が一羽飛んでいます。 別に、どうってことのない鳥が右に向かって飛んでいます。しかし、もう一羽飛んでいるのをあなたは見つけられるでしょうか?鳩ではないですよ。(笑) 私は、この鳥以外の一羽を見つけました。 さて何処にいるでしょうか?「ウォーリーを探せ。」ではないのだから・・(笑) この鳥です。分かりやすくして見ましょう。 分かっていただけましたか?見えましたか? 左に飛ぶ鳥  右に飛ぶ鳥 葉の蔭に透けている鳥。 読者皆様、ここまでの内

スキ
1

絵画の楽しみ方教えます。6-7

ご無沙汰してました。 農業の方が忙しくて、投稿できませんでした。 余談ですが受胎告知の大天使ガブリエルの翼は後年、他の画家により描き直されたらしいのです。カトリック的に何か不都合があったのかもしれませんね。これは私の想像画です。先ほどの象徴の翼に置き換えてみました。 この翼だと何か悪魔的なものを想像させてしまうのでしょうか?お遊びは終わりにします。 続く。

スキ
2

絵画の楽しみ方教えます。6-6

鳥の羽? 洗礼者ヨハネの背後の岩場の、この画像の部分ですが、あなたはどう思いますか?次の画像で、この部分を分かりやすくするためオレンジ色に変えました。 見逃してしまいそうですがこれは岩ではないと思うのです。私は鳥の羽の象徴のように見えるのです。ダ・ヴィンチ・コードのラングドン教授は象徴学の教授らしいですが象徴というものはこの様なものをいうのだと思うのです。彼は教授を辞めるべきではないでしょうか(笑)   樹木 背景の樹木ですが皆さんは何かお気づきですか? この樹木は受

スキ
2

絵画の楽しみ方教えます。6-5

洗礼者ヨハネ それに引き換え、洗礼者ヨハネは腕の血管まで丹念に描かれています。  それに比較するとキリストは血管など描かれていません。すべすべした肌に描かれています。 天使 これから私が指摘することは重要な内容だと思うのです。 特に手前の天使の姿勢が、何かおかしな感じに見えるのです。 中身がないというか。紙細工みたいに見えるのです。 レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた左端の天使を見て、師であるヴェロッキオは筆を折り、その後2度と絵を描くことはなかったと伝えられている有名

絵画の楽しみ方教えます。6-4

さて何処から見ていきましょうか? キリストの姿勢 キリストから見ていきましょう。はっきり言って私はキリストの姿勢がおかしいと思います。なぜ両足に重心を置いていないのでしょう。キリストは、なぜ左足を少し上げているのでしょうか?後で私は解明したのですが、この姿勢にも意味があったのです。 キリストの腰布 キリストの腰布は、なぜこんなに派手なのでしょうか? 美術史家に尋ねれば、偉そうにそれについて説明してくれるでしょう。しかし私は言いたいのです。このカラフルな腰巻にも相応の意味

スキ
1

絵画の楽しみ方教えます。6-3

さてさて、肩の凝りがほぐれましたでしょうか?誰ですか?逆に肩が凝ったなどと言っている人は。(笑)  いよいよレオナルド・ダ・ヴィンチさんの登場です。 キリストの洗礼 作者 ヴェロッキオ、ダ・ヴィンチ他 製作年 1472年 - 1475年頃 種類 板に油彩 寸法 177 cm × 151 cm (70 in × 59 in) 所蔵 ウフィツィ美術館、フィレンツェ  あなたが、もしもキリストの洗礼をネットで検索したならば、キリストの洗礼は必ずしもレオナルド・ダ・ヴィンチが描

スキ
2