トリニータマーケティング

#番外編 大分トリニータ×Ascendersのピッチイベント前半を聞いてみた③

#番外編 大分トリニータ×Ascendersのピッチイベント前半を聞いてみた③

さて、最終パート③になりました! 今回は、クラブのデジタルリソース(SNSやHP、instagram、Youtubeなどなど…)を使った企業様へのマーケティング支援に関してです! デジタルマーケティングとは様々な方向から話を聞くようになりましたが、その重要性と即効性は今回の話を聞いて十分に理解できました。 では、早速いってみましょう! ③山﨑さんパート ‘‘クラブのデジタルリソースを利用したマーケティング支援‘‘ 山﨑さんのパートでは2つの軸で話が構成されていまし

スキ
9
コロナからの手紙、地球への想い

コロナからの手紙、地球への想い

「コロナウイルスから人類への手紙」という記事がインターネット上で話題になっています。 コロナウイルスから人類への手紙 地球は囁いたけれど、あなたには聞こえなかった。 地球は話したけれど、あなたは聞かなかった。 地球は叫んだけれど、あなたは聞くことを拒んだ。 それで、私は生まれた・・・ 私はあなたを罰するために生まれたのではない・・・ 私はあなたの目を覚ますために生まれた・・・ 地球は助けを求めて叫んだ・・・ 大規模な洪水。でもあなたは聞かなかった。 厳酷な火災。でもあなた

スキ
12
「暗闇」も人生の醍醐味

「暗闇」も人生の醍醐味

2019年12月、大分フットボールクラブの100%子会社としてトリニータマーケティング(通称TM)は誕生した。 約1年半積み上げてきたことが少しずつ形になってきたこともあり、設立後は概ね順調に進んだ。 3ヶ月が経過し、シーズン開幕にあわせて各事業にドライブをかけていく予定であった。 しかし、状況は一転。 目に見えない敵が僕らを襲った。 その敵は僕らだけではなく、多くの人を困難の渦へと巻き込んだ。 Jリーグは試合延期(再開未定)が確定。 サッカーをコンテンツとするクラブの

スキ
12
Jリーグクラブを活用したらTwitterでの露出が10倍になった話

Jリーグクラブを活用したらTwitterでの露出が10倍になった話

大分県に拠点を置く「新電力おおいた株式会社様(以下、新電力おおいた様)」は大分トリニータのスポンサーです。 新電力おおいた様では、トリニータを応援するための料金メニューとして「#ニータンのでんき」というサービスを展開しています。 また、2020年1月にデジタルマーケティングやオフラインイベントとの連携強化を狙いとし、トリニータマーケティングとパートナー契約を締結しました。 今回はそれに至った経緯、スポンサーアクティベーションの最大化、Jリーグクラブを活用したTwitter

スキ
45
サッカーのコーチがTwitterを運用してブランディングに成功した話

サッカーのコーチがTwitterを運用してブランディングに成功した話

※毎回ですが、個人の見解です。 本日は「大分トリニータサッカースクール」がTwitterをつかってブランディングに成功した話をします。 2019年5月、「大分トリニータサッカースクール(以下、「スクール」)」はTwitter上で産声をあげました。 『サッカーのコーチがTwitterを運用する』という新しいチャレンジがスタートしたのです。 当然のことながら、ITリテラシーもないコーチ陣ですが、数々の試行錯誤を繰り返し、見事Twitter上で1つのブランディングを確立させるこ

スキ
13
2020年開幕戦・東京観戦会 #TRINITATOKYO参戦

2020年開幕戦・東京観戦会 #TRINITATOKYO参戦

※日記です。 2020年2月22日、明治安田生命J1リーグの幕が開けた。 開幕戦は、アウェイでのセレッソ大阪戦。 多くの人は現地(大阪)へ応援に駆けつけるか、自宅にてDAZNで観戦をするか。この2つだろう。 しかし、大分トリニータにはもう1つの観戦方法がある。 それが、「東京観戦会」である。 2018年、当時J2リーグに所属している時にスタートをした東京観戦会は今年で3シーズン目。 年々、来場者数も増え、開催場所もグレードアップをしてきた。 そんな東京観戦会。 今シ

スキ
13
見えなかったものが見えるように

見えなかったものが見えるように

今年一発目?ですね。 今年も宜しくお願いします。 今月やっていることを軽くご紹介。 デジタルプロモーション戦略B「見えなかったものが見えるように」 これまでのトリニータは、テレビ(DAZN)とスタジアム観戦に依存し、それ以外の方法でアウトプットをする習慣がありませんでした。 でも実際には、テレビやスタジアムでサポーターが観る光景はほんの一部にしか過ぎません。 そこで、戦略Bと題して「見えなかったものが見えるように」しようと決め、これまで見せてこなかった裏側や、オープンになっ

スキ
19
サッカーのために、大分のために

サッカーのために、大分のために

もうすぐ2019年が終わります。 今年に関しては10月くらいまでは割と平凡というか、順調すぎるくらいの日々を過ごしていました。 ところが、11月に状況が一転しました。 約1年前から、経営改革室の神村さんとは今回の構想の話はしていましたが、ここにきて一気に話が進み「トリニータマーケティング」が誕生しました。 設立後はもう色々なことが大忙し。気がついたら今年の終わりを迎えています。 どんな想いでやっているのか? 事業セグメント、方向性はお伝えしている通りですが、個人の想いとし

スキ
20
TM始動、1週間を終えて

TM始動、1週間を終えて

TM(トリニータマーケティング)が12月16日に本格始動しました。 1週間を何をやっていたのか?を備忘録として残したいと思います。 伝わり方より、残すことにこだわるので、あまり体裁こだわらずに書きます。ご了承ください。 初日は日の出に出社をしました。6:30くらいです。※写真は日本橋駅から撮影 アドレナリン全開で全く睡眠できず笑 1時間くらい経つと神村さん登場!力強く握手をしてくれました。 改めて『覚悟』を持ちました。 早速、作成していた事業計画書と損益計算書について再度

スキ
15
株式会社トリニータマーケティング 設立

株式会社トリニータマーケティング 設立

先日リリースをさせて頂いた通り、株式会社トリニータマーケティング(以下、TM)を設立し、代表取締役に就任致しました。 有り難いことに各方面から多数の反応やお問い合わせを頂いております。 その中で私が皆さんに話すべきことは何か?皆さんが気になることはどういうことなのか?この数日間考えていました。 簡単に自己紹介 まずは私自身がどういった人物なのか? 簡単に自己紹介をさせていただきます。 静岡県浜松市生まれの29歳です。 大学卒業後、東京都に本社を構える株式会社VOYAG

スキ
26