ソロハラ

エクセルを使えない上司は、僕に結婚を勧める資格がない

「ソロハラ」すら知らなかった僕の低次元な怒り

 この度めでたく誕生日を迎え29歳になり、三十路との距離が短くなるにつれて、職場の飲み会で言われる頻度が確実に高くなった言葉があります。

上司「そういえば君いくつだっけ?」
僕 「この間、29歳になりました。」
上司「へぇ~、それじゃそろそろ結婚しないとね。彼女はいないの?」
僕 「いや~、なかなか縁がなくて・・・。誰か良い人がいたら紹介してく  

もっとみる

人との関係性は、「傷付き再生する」の繰り返し

僕は常々「ソロで生きる力とは、逆説的だが、人とつながる力である」と言っています。それは、決して友達を作るということではなく、「人との関係性という刺激の中で自分の内面を育てる」ということです。

今日は、そんな「人とのつながり」について書きます。

公園でベンチに座っている高齢者が微動だにしなかったら、あなたならどうしますか?声を掛けられますか?

高齢者じゃなくても、金曜の夜など繁華街の駅前とかで

もっとみる
ツイッターもやってます。ぜひ見に来てください!
54

40代目前にして再婚を決意した、その『世界一恥ずかしい』理由

離婚を経験した男子の平均寿命は5年短くなるという調査を発表したアメリカの学者がいたが(ちなみに女子の寿命は変わらないそうだ)、そりゃそうでしょう、女子よりぜーんぜんメンタル弱いから、男子は。自分もかなり凹みましたよ。

30代半ばで初婚→2年もたずに離婚。しかもその離婚がかなりの壮絶かつハードランディングなやつだったので、正直当時は引きこもりになり、もう生涯ソロで行くぞ!とさえ思った私だが、しかし

もっとみる

貴乃花引退会見を見て、まだ傍観者でいられるのか?

貴乃花親方の突然の引退の報。びっくりしました。

こちらに貴乃花親方会見の全文が載っていますのでご覧ください。

簡単に説明すると、例の貴ノ岩傷害事件の真実に関する告発状を貴乃花親方が提出。その後部屋の弟子の暴力問題があり3月28日付で取り下げた。親方は降格処分を受け、一兵卒としてゼロからスタートするとした。しかし、8月、協会が依頼した外部弁護士から「告発状は事実無根」という書面が届く。親方は書面

もっとみる
いつもありがとうございます! 励みになります!
11

悪意なき独身いじり"ソロハラ"の脅威【コラム15】

日大アメフト部や日本レスリング協会の件など、スポーツ界におけるパワハラが大きな話題となりました。表面上謝罪していても、本人たちの心の奥底には「こんなのどこが悪いんだ?」という意識が透けて見えたところが、世間の非難を浴びたと思っています。

今回は、同じハラスメントでも、結婚にまつわるハラスメントについて書きます。

結婚しない男女に対するハラスメントを僕は拙著「超ソロ社会」の中で、「ソロハラスメン

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
5

結婚をコスパで語る独身を許せない既婚者という生き物

「結婚はコスパが悪い。だから結婚しないのだ」

こういうことを言うと、大抵既婚者は眉をひそめる。そして、「結婚とはそういうもんじゃないんだ」と愛を語る。「結婚は金より愛だ」と力説する。

それはそれでいいです。その人の価値観だから。

個々人の価値観は否定しないけど、一方で現実もちゃんと知った上で考えてほしいと思うわけです。

婚活で「年収いくら以上の男じゃないとダメ」という女性を責めるんじゃなく

もっとみる
新刊「ソロエコノミーの襲来」もぜひよろしくお願いします!
33

みんなと同じじゃないと許されない「マジョリティの正義」の危険性

東洋経済コラム更新しました!

僕自身は、別に独身推進主義者ではないことは前々から何回も言っています。独身で生きようが結婚しようが個人が自由に選択すればいいし、決断するものだと思っています。にも関わらず、今回のような記事を書くと、結婚規範派の人たちから叩かれます。

まるで害虫を駆除するかのような勢いで。

今回もまさにそうです。

今回のテーマは、ソロで生きる人たちに対する精神的嫌がらせ「ソロハ

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
8

お見合い代替だった職場結婚の減少こそが婚姻数激減の直接的な原因だという明らかな証拠!

「会社の上司が婚活指導? 国の検討会、反発受け提言修正」というニュース。

要は、企業の婚活支援を強化して、非婚化に歯止めをかけたい狙いなんだが、最初の素案から違和感ありありだった。案の定批判を受けて大幅修正した模様。

当たり前です!

素案では、上司が婚活メンターなるものになって、部下の婚活の支援をするというもの。これね、セクハラやないか!パワハラやないか!これこそソロハラだよ!

つーか、結

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
9

そろそろ考えよう。独身であることに対するソロハラについて。

秋田・大館市議会で起きたこの話。

67歳女性市議による48歳未婚男性市長に対するセクハラ発言だという声があがってネットでは話題になった。広義の意味でセクハラには違いないが、独身男女で居続けるソロ生活者に対するハラスメントという意味で別に考えた方がいいと僕は思っている。

独身や未婚で居続ける人に対して、「結婚しないの?」「結婚できない奴は半人前だ」と責め立てることは、ソロ・ハラスメントだと僕は訴

もっとみる
何かのお役に立てれば幸いです!
8