『マッドハッターのティーパーティー』ズー・ネイション:『不思議の国のアリス』が原作の精神病棟を舞台にしたヒップホップダンス

英国ロイヤル・バレエ団から委託され、ロンドンのラウンドハウス(Roundhouse)という劇場で上演された、ズー・ネイション(ZooNation)の『マッドハッターのティーパーティー』(The Mad Hatter's Tea Party、「頭のおかしな帽子屋のお茶会」の意)。

ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』を翻案した、ヒップホップダンスの作品。せりふもあって、演劇の要素も多分

もっとみる
今日が良い日でありますように・・・
2

キホン71号 (season07-01)

season07-01

Skeeter Rabbit

<注意事項>
名称や踊り方は人によって全く違ったり、解釈も異なります。

もっとみる
「スキ]ありがとうございます!!

キホンseason7について

好評頂いてます「キホン」シリーズ。
定期購読販売「マガジン」としての販売開始して3作目。
今回は「LOCKIN' FOUNDATION」を配信していきます。

単品 ¥260
マガジン購入 ¥2,600 (12本)
¥520お得です。

最初は単品で…2つ目からマガジンで…
と、言う場合は返金されないのでご注意ください。

配信曜日
毎週、月曜日・水曜日・金曜日、18時に配信。

8/10(月)

もっとみる
「スキ]ありがとうございます!!
1

[記事]なんなんだ!?  2020年!!

本当にロクな事がない年…2020年。
楽しかったのは1月から2月の2ヶ月だけ(笑)

1月4日…「JUSTE DEBOUT日本予選」@東京
LOCK 2on2世界大会の日本予選。
挑戦してきました。
この歳でも挑戦できるありがたさ。
誘ってくれるTAKE-Cに感謝。
悔しかったがトータルして一日楽しめた!!

1月11日…「ロボットvision」@大阪
www
アニソンDJの案件。何気にこっちも頑

もっとみる
「スキ]ありがとうございます!!
4

ストリートダンスと文化盗用について考えたこと

自分自身、ストリートダンスを始めて(いや、ストリートダンスカルチャーのゲストとなることを選んで、と言った方がより適切かもしれない)、はや15年超になります。

東京で踊り始めて、ニューヨークで5年過ごして、それでもなお、今回のBlack Lives Matterの機運が上がり、ブラックカルチャーについて見直されるまで、自分がブラックカルチャーのゲストである、と明確に意識することはなかったように思い

もっとみる

名古屋&daft STREETDANCE HISTORY6 〜2008年:第四世代の成長と第一世代の再爆発〜

どうもです。UCです。

(これは名古屋&daft STREETDANCE HISTORY企画の目次6です。その他の目次はこちらからご確認ください。→名古屋&daft STREETDANCE HISTORY

また、名古屋STREETDANCE HISTORYの続編で.もあります。1990年〜2002年のヒストリー記事はこちらからご確認ください。→名古屋STREETDANCE HISTORY )

もっとみる
ありがとうございます😊
4

はじめまして🤝

石川県でダンスのインストラクターをしているさやかです✨ここ最近ではアイドルさんの振付、ダンス指導などもさせていただき、インストラクターとしての幅も広がっていてありがたい限りです‼︎

ずっとストリートダンスのコンテストシーンで、コンテストチームをプロデュースする事をメインに活動していました。もちろんプロデュースするだけでなく自分もコンテストに出て沢山の経験をさせて頂きました🙇🏻‍♀️🙇🏻‍

もっとみる
ありがとうございます🎀
9

ダンスの時代 〜世界に広がるダンスの新潮流〜

文●若杉 実 text by MINORU WAKASUGI

 〝目に見える魂〟、それがダンスの正体である。魂を見るため、人間は思い思いのダンスをする。知らない者同士が互いに敬意を払い、肩を寄せ合い、知らず知らずダンスはそのように国境を越える。肌の色に違いはあれど、魂の色に違いはない。だから世界はダンスにあふれ、互いに手と手を取り合えるのだろう。

 一例として、近年ラテン圏でヒットした楽曲を俎

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!

ダンスの時代 キューバダンス─ 伝統と本質 トレンドへのブレイクスルー ─

文●ダーリンSAEKO   text by DARLING SAEKO(写真は全て、筆者が「NATUR ARTE × SOMOS MUCHO MAS HIPHOP PROJECT 」参加の際に撮影したもの)

 キューバを代表するダンスと言えば、ダンソン、ソン、マンボ、チャチャチャ、モザンビーケ、ピローンなどのムシカポプラル(大衆音楽)と呼ばれる種類の音楽と共に発展したダンスとバイレ・フォルクロリ

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
3

80年代 非ジャニダンスの育成地

前回の記事で、少年隊はじめジャニーズがいかにダンスレッスン環境に恵まれていたかを書きました。少年隊は中学時代からレッスンを受けているし、トシちゃんも高校時代からレッスンに通っていたと。ニューヨークで一流のレッスンを受けるためにしばしば渡米したり。

その一方非ジャニ、このシリーズでは慎吾ちゃん、は、いつどうやってダンスを習得したのだろう。ブレイクダンスだけでなく、ダンスそのものを。デビュー後のアイ

もっとみる
素敵なイケメンですよね!
2